シカゴ (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シカゴ
Chicago
監督 ロブ・マーシャル
脚本 ビル・コンドン
原作 ボブ・フォッシー
フレッド・エッブ
原作戯曲
モーリン・ダラス・ワトキンス
製作 マーティン・リチャーズ
製作総指揮 クレイグ・ザダン
ニール・メロン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 レニー・ゼルウィガー
リチャード・ギア
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
クイーン・ラティファ
ジョン・C・ライリー
音楽 ジョン・カンダー
ダニー・エルフマン
撮影 ディオン・ビーブ
編集 マーティン・ウォルシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年12月27日
日本の旗 2003年4月19日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 4500万$[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1億7000万$[1]
日本の旗 35億円[2]
北米外: 1億3600万ドル[1]
世界の旗 3億600万$[1]
テンプレートを表示

シカゴ』(Chicago)は、2002年公開のアメリカ映画ブロードウェイの伝説的振付師演出家ボブ・フォッシーによるトニー賞受賞作『シカゴ』を映像化した作品である。

概要[編集]

監督ロブ・マーシャル脚本ビル・コンドン。メインキャストはレニー・ゼルウィガーリチャード・ギアキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。製作はミラマックス第75回アカデミー賞並びに第60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞している。

1920年代シカゴを舞台に、スターを夢見ながらも刑務所に収容され、争いに巻き込まれる主人公の波乱と、スターダムへと上り詰める様子を描いている。近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒット作に恵まれない状況が続いていたが、そのジンクスを覆した作品とも評価されている。

なお、現在もブロードウェイでロングランを続けているミュージカルとは、振付や登場人物に違いがあり、ナンバーも少ない。

キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる。」

ストーリー[編集]

シカゴのナイトクラブ、一人の女にスポットライトが当てられていた。シカゴで人気のケリー姉妹の一人ヴェルマ・ケリーである。そんな彼女の ショーを憧れの眼差しで見詰めるもう一人の女ロキシー・ハート。彼女はヴェルマのように人気の踊り子になることをずっと夢見ていた。 然しその夜、二人の運命が大きく変わり始める。公演後に妹と自分の夫を殺した容疑で逮捕されるヴェルマ。そして、そのクラブで出会い、自分の夢に付け込んで来た不倫相手を射殺した罪で逮捕されるロキシー。 ハリソン検事から絞首刑を宣言されたロキシーは、負けなしと噂される敏腕弁護士ビリー・フリンに弁護を頼むが、膨大な弁護費用が払えず、断られてしまう。然し、酷いことをされたにもかからず何とか自分の妻を助けようとする夫のエイモスの情に絆されてか、ビリーはある妙案を思い付く。 そしてビリー の思惑通りに、この事件は悲劇的な物としてマスコミに扱われるようになり、ロキシーの人気はシカゴにセンセーショナルを巻き起こすことになるのだった。 夢を叶えたロキシー、人気がなくなって焦るヴェルマ、裁判を勝ち取りたいビリー。ロキシーの判決が下された時、3人はそれぞれの結末を迎えることとなる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ロキシー・ハート レネー・ゼルウィガー 松本梨香
ヴェルマ・ケリー キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 深見梨加
ビリー・フリン リチャード・ギア 津嘉山正種
メイトロン・“ママ”・モートン クイーン・ラティファ 高乃麗
エイモス・ハート ジョン・C・ライリー 相沢正輝
バンドリーダー テイ・ディグス 楠大典
キティー・バクスター ルーシー・リュー 阿部桐子
メアリー・サンシャイン クリスティーン・バランスキー 弥永和子
マーティン・ハリソン コルム・フィオール 金尾哲夫
フレッド・ケイスリー ドミニク・ウェスト 小山力也
ハニャク エカテリーナ・シェチェルカノワ 幸田夏穂
ジューン デイドレ・グッドウィン 本田貴子
アニー デニーズ・フェイ 湯屋敦子
リズ スーザン・マイズナー 山像かおり
ニッキー チタ・リヴェラ
陪審長 ロッド・キャンベル 納谷六朗
  • 日本語吹替:DVD・Blu-ray収録。台詞のみを吹き替えており、歌は原語版の流用となっている。

主な賞歴[編集]

シカゴ Premium Box[編集]

2003年10月31日ハピネット・ピクチャーズよりDVDシカゴ Special Edition』が発売された。劇中で演奏される楽曲全ての歌詞を記したカードが封入されている他、特典ディスクにはメイキング映像やスタッフ並びにキャストへのインタビュー、劇場予告編などが収録されている。更に『シカゴ Premium Box』も同時に発売された。先述の『Special Edition』に加えてブックレットやシステム手帳、パフューム・ボトル(香水入れ)、シガレットケース、網タイツが封入されている。

サウンドトラック[編集]

  1. All That Jazz
  2. Funny Honey
  3. When You're Good to Mama
  4. Cell Block Tango
  5. All I Care About
  6. We Both Reached for the Gun
  7. Roxie
  8. I Can't Do It Alone
  9. Mister Cellophane
  10. Razzle Dazzle
  11. Class
  12. Nowadays
  13. Nowadays/Hot Honey Rag
  14. I Move On

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Chicago (2002)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2003年(1月-12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]