アメリカ上陸作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ上陸作戦
The Russians Are Coming, the Russians Are Coming
監督 ノーマン・ジュイソン
脚本 ウィリアム・ローズ
原作 ナサニエル・ベンチリー
製作 ノーマン・ジュイソン
出演者 カール・ライナー
エヴァ・マリー・セイント
アラン・アーキン
音楽 ジョニー・マンデル
撮影 ジョセフ・バイロック
編集 ハル・アシュビー
J・テリー・ウィリアムス
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年5月25日
日本の旗 1966年11月26日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
テンプレートを表示

アメリカ上陸作戦』(アメリカじょうりくさくせん、原題: The Russians Are Coming, the Russians Are Coming)は、ナサニエル・ベンチリージュブナイル『The Off-Islanders』を原作とし、1966年に公開されたアメリカコメディ映画である。

あらすじ[編集]

米ソ冷戦中のアメリカの小さな島・グロスター島に、座礁したソ連潜水艦の乗組員9名が上陸した。彼らは潜水艦を沖に引き出すためのボートを手に入れたいだけだったのだが、ロシア人が攻めて来たとの噂があっという間に広まり、島中が大パニックになってしまう。

島の警察署長マトックスや島に滞在していた作家夫妻は人々を落ち着かせようとするが効果はなく、ついに乗組員たちは半ば暴徒と化した島民に追い詰められて港の建物に立てこもる。しかもそこへ自力で浮揚に成功した潜水艦が到着、事態は一触即発となってしまう。だが、騒ぎを木の上から見物してしていた子供が転落しかけたのを乗組員が助けようとして一緒に転落しかけ、それを島民が総出で助けたことで、すべてはうやむやとなった。島民も乗組員も潜水艦も、内心では戦う気がなく、振り上げた拳を降ろす口実を探していたのだった。

だが、そこに島民たちが署長に無断で連絡した空軍が接近中との報が入る。潜水艦と空軍が交戦したら、もはや小島のパニックではすまなくなる。事態の成り行きやいかに。

キャスト[編集]

受賞[編集]

備考[編集]

外部リンク[編集]