ジャスティス (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティス
...And Justice for All
監督 ノーマン・ジュイソン
脚本 バリー・レヴィンソン
ヴァレリー・カーティン
製作 ノーマン・ジュイソン
パトリック・J・パーマー
製作総指揮 ジョー・ワイザン
出演者 アル・パチーノ
ジャック・ウォーデン
ジョン・フォーサイス
リー・ストラスバーグ
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ジョン・F・バーネット
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年10月19日
日本の旗 1980年3月15日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $33,300,000[1]
テンプレートを表示

ジャスティス』(...And Justice for All)は1979年アメリカ映画

若き弁護士が、腐敗した法曹界の真実を問おうとする法廷ドラマの佳作。監督はノーマン・ジュイソン。主演はアル・パチーノ。バリー・レヴィンソンと当時の妻であったヴァレリー・カーティンの共同脚本。第52回アカデミー賞では主演男優賞脚本賞の候補となった。

ストーリー[編集]

舞台はボルチモア、弁護士アーサー(アル・パチーノ)はお為ごかしを嫌い、血の通った法を信条とする熱血漢であった。そのため、厳格なる法の遵守を旨とする裁判官フレミング判事(ジョン・フォーサイス)と何度となく対立していた。

アーサーは投獄中の若者ジェフ(トーマス・G・ウェイツ)の冤罪を信じるゆえ、その行き過ぎた行動から査問会に呼ばれる。また新たにラルフ(ロバート・クリスチャン)という黒人青年の量刑を軽くしようと動き出した矢先、フレミング判事が強姦罪告訴される。相棒の弁護士ジェイ(ジェフリー・タンバー)や同僚たちはここぞとばかり、彼を有罪だと揶揄する。しかも、フレミング判事が弁護人として指名してきたのは誰からぬアーサーであり、そこには周到に計算された政治力学があった。一度は依頼を断ったアーサーであったが、奇人として有名な友人レイフォード判事(ジャック・ウォーデン)や、査問会のメンバーであり、恋仲になりつつあった女性弁護士ゲイル(クリスティン・ラーチ)の忠告もあり、ジェフの保釈を条件にフレミング判事の弁護を引き受ける。それは祖父サム(リー・ストラスバーグ)の切望した通りの弁護士となったアーサーに、法の矛盾やあるべき正義を見極めんとする倫理観との戦いを強いることになる。

キャスト[編集]


バンドによる影響[編集]

アメリカ出身のスラッシュメタル及びヘヴィメタルバンドメタリカがこの映画のタイトルにインスパイアされている。アルバム「メタル・ジャスティス」の タイトル及びタイトル・ナンバーに使用された。


脚注[編集]

  1. ^ ...And Justice for All (1979)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]