アメリカ合衆国の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国の映画とは、主にアメリカ合衆国の人々や映画会社によって製作された映画のこと。専らハリウッド映画という意味で使われる場合が多いが、正確にはアメリカ映画の中にはハリウッドの映画会社によるメジャーな映画以外にもインデペンデント映画などの小規模な会社が製作した映画も数多く存在する。アメリカ映画は年間製作本数の面でも1本の製作費の面でも世界で最も大きな規模を誇る。また、国際性の豊かさも大きな特徴である。アメリカ映画に関わるフィルムメーカー、俳優はアメリカ国籍とは限らず、世界各国から渡米した人々が多い。

近年では製作費や役者のギャラが高騰し、一時期のような超大作は作りづらくなっている。収益の見込めるスタッフによる大作、過去作のリメイクや続編、他国の映画のリメイクに加え、比較的経費が少ないドキュメンタリー映画などに頼らざるを得ないのが現状である。またコスト削減を目的に、カナダオーストラリアヨーロッパなどアメリカ国外で撮影される場合が少なくない。

歴史[編集]

1890年代[編集]

1893年、アメリカでトーマス・エジソンが「キネトスコープ」という映写機を発明した。これは箱を覗くとそこに動く映像が見えるという覗き穴式だったため、現在の映画の直接的な起源とは考えられていない。直接の起源は1895年フランスリュミエール兄弟が発明した「シネマトグラフ」である。

上は1894年のマイク・レオナード対ジャック・クッシング戦[1]、下は同年のジェームス・J・コーベット対ピーター・コートニー戦を記録した活動写真。いずれも全6ラウンドの一部で[2]実際の公式試合ではない。

1894年6月15日にはエジソン製作所のウィリアム・K・L・ディクソンとウィリアム・ハイセがブラックマリアというスタジオで[3]スポーツ初の商業映画として[4]、マイク・レオナードとジャック・クッシングが対戦するボクシングの6回戦を撮影した『レオナード対クッシング戦フランス語版』を製作している[5]。同社は続けてこの年、ジェームス・J・コーベットがピーター・コートニーを6回にノックアウトする『キネトグラフの前のコーベットとコートニー英語版』を撮影し[5][4]、この作品は全国的なヒットとなった[3]。1895年5月に行われたボクシングの試合の撮影では、レイサム兄弟が開発したアイドロスコープというプロジェクターが初めて使われ、レイサムループという投影装置を利用してより尺の長い映画が撮れるようになっていた[4]。これらの映像はボクシングの実際の公式試合を映したものではなく、脚色や演出があったとされている[6]

1900年代[編集]

1903年エドウィン・S・ポーターが『大列車強盗』を製作した。物語を持った初期の映画で、西部劇の元祖ともいえる作品である。この頃の映画はまだ紙芝居のような見世物の段階であった。1905年に、アメリカでは初めての映画館ピッツバーグに設立された。

1910年代-1920年代[編集]

エジソンシネマトグラフをアメリカで使用する特許を独占し、MPPCというトラストを組んでトラスト外の業者を排除しようとしたために、アメリカでの映画製作は難しいものとなっていた。困った映画人たちは西海岸ロサンゼルスハリウッドへ逃げた。そこは降雨も少なく様々な風景があったため映画製作にも適していた。また、第一次世界大戦1914年1918年)の後、多くの映画製作者がヨーロッパから渡米してきた。最も有名な人物はイギリス出身のアルフレッド・ヒッチコックである。

米国の映画産業を作り上げたのは主にユダヤ人移民だった。ユダヤ人は他の仕事には迫害を受けており、映画という新しい娯楽ビジネスに注目したのである。1912年にはユニヴァーサル映画パラマウント映画1915年には20世紀フォックスの元となるフォックス・フィルム、1919年ユナイテッド・アーティスツ1923年ワーナー・ブラザーズ1924年メトロ・ゴールドウィン・メイヤーコロムビア映画1928年RKOが設立されるなど、現在のメジャースタジオが次々と設立された。

これらの会社を設立したのは皆ユダヤ人で、また、キャスト、スタッフ、等にもユダヤ人が多い他、アイルランド系も多い。この時期には「アメリカ映画の父」とも呼ばれるD・W・グリフィス監督の『國民の創生』(1915年)が公開された。

1927年、アメリカで初めてのトーキー映画ジャズ・シンガー』が公開され、これ以降トーキー全盛期となる。1929年には第1回アカデミー賞が開催された。見世物として始まった映画が、本格的に文化として認められ始めたといえる。

1930年代-1940年代[編集]

1930年代1940年代は「ハリウッド黄金期」と呼ばれている。大きな映画会社が大規模で良質な映画を次々と生み出した。これはスタジオ・システムと呼ばれる。『或る夜の出来事』、『風と共に去りぬ』、『駅馬車』、『市民ケーン』などが代表的である。

スクリューボール・コメディと呼ばれるロマンティック・コメディ映画や、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作作品を代表とした大掛かりなミュージカル映画が流行した。また、フィルム・ノワールと呼ばれる、ハードボイルドファム・ファタールが絡む映画も多く作られた。

1941年から参戦した第二次世界大戦中には、『カサブランカ』などの戦争プロパガンダ作品も多く製作された。なお、1940年代の終わりにスタジオ・システムは独占禁止法と、テレビの登場によって崩壊した。

1950年代[編集]

テレビが新しい娯楽として広まったものの、『巴里のアメリカ人』や『雨に唄えば』などのミュージカル映画を中心とした大掛かりなセットを駆使し大量のスターを起用した娯楽大作の全盛期が続いた。

なお、1940年代後半から1950年代前半にかけて、冷戦開始に伴う赤狩りの影響で、チャールズ・チャップリンなど多くの「左翼的」、「容共的」とみなされた映画人がアメリカの映画産業を追われることとなった他、作品の内容にも大きな影響を与えた。また、アメリカ国内ではなく、ヨーロッパアフリカで撮影する場合も多かった。『ローマの休日』、『アフリカの女王』、『パリの恋人』などが代表的である。

1960年代[編集]

ミュージカル映画を中心とした娯楽大作の全盛期は完全に過ぎ去り、1967年の『俺たちに明日はない』を発端として、アメリカでは「アメリカン・ニューシネマ」と呼ばれる反体制的な若者を描く作品群が1970年代半ばまでいくつか製作された。これは1960年代にアメリカで巻き起こった公民権運動ヒッピーベトナム戦争などの影響を受け、旧来のWASP的な価値観が崩壊してきたことに影響されたと考えられている。

ユナイテッド・アーティスツが製作した「007 ドクター・ノオ」が、低予算ながらもヒット。現在に至るまで続編が製作され続けている。

また、公民権運動の広がりに合わせて、ようやくアフリカ系アメリカ人俳優が主役級の立場で正当な評価を受けるようになり、1963年シドニー・ポワチエが社会派作品『野のユリ』でアカデミー主演男優賞を受賞し、1970年の『小さな巨人』と『ソルジャー・ブルー』によって西部劇の転換点を迎えることとなった。

この頃新たな収益源を模索したスタジオは、テレビシリーズの製作に活路を求めるようになり、『ペイトンプレイス物語』、『0011ナポレオン・ソロ』、『スパイ大作戦』、『ヒッチコック劇場』、『刑事コロンボ』等のテレビシリーズを成功させた。

1970年代[編集]

1970年代には再びアメリカ映画に大きな変化があった。スティーヴン・スピルバーグジョージ・ルーカスフランシス・フォード・コッポラらの登場である。彼らは映画学校で学び、1960年代ヨーロッパで生まれた技術を身につけた新しいタイプの監督だった。大きな興行成績を上げるうえに批評家たちからも高く支持された。なお、文芸派コメディが日本やヨーロッパで高い評価を得ているウディ・アレンが注目されたのも1970年代に入ってからである。また、この頃より『ロッキー』等「アメリカン・ニューシネマ」に代ってサクセスストーリーを描く映画が増えた。

又、巨額を投じたパニック映画の製作も流行した年代である。

1980年代[編集]

1980年代に入り、アメリカや日本西ドイツなどの先進国を中心に爆発的に普及したビデオというメディアは、スタジオにとって新たな収益源となり、ハリウッドビジネスにも大きな影響を与えた。

1989年ソニーが『スパイダーマン』や『チャーリーズ・エンジェル』シリーズを持つコロンビア映画を、翌年にパナソニックが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズなどを持つユニバーサル・ピクチャーズを買収するなど、新たな収益源である映像ソフト(ビデオ)権利の入手を目的の1つにした日本企業による大手スタジオの買収が相次いだ。

1990年代[編集]

コンピュータグラフィックスCG)技術の発展により、従来の技術的・費用的限界からの解放が進んだ。また、社会派監督のスパイク・リーの出現や、クエンティン・タランティーノポール・トーマス・アンダーソンのようなビデオ世代の映画監督が出現したことも特筆すべき事である。

2000年代[編集]

コンピュータグラフィックス(CG)技術の更なる発展により『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、『PLANET OF THE APES/猿の惑星』、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『トランスフォーマー』など大作が幾つも作られた。

しかし、近年では出演者に対する出演料や製作費の高騰などコストの問題や、日本映画などの外国映画や過去のヒット作の続編・リメイク作品の増加などが顕著となっている。

また、デジタルメディアインターネットの普及に伴い、中華人民共和国タイ王国などの、著作権関連の法律の取り締まりが比較的緩い開発途上国におけるブートレグ(海賊版)の横行という新たな問題にも直面している。

2010年代[編集]

著作権の保護期間[編集]

著作権の保護期間は、他の国では公開後70年となる場合が多いが、米国の場合は少々複雑である。

以下の場合に著作権が消滅し、パブリックドメインとなる(但し、※は製作者が米国以外で著作権を主張)。

上記以外は保護期間が公開後95年となる。

リニュー[編集]

1963年以前の作品は著作権標記が入っていても公開から28年以内にリニューを行わないと著作権が失効し、パブリックドメインとなる。リニューを行った場合は保護期間が95年に延長される。リニューが行われた作品のパッケージの著作権標記は、例えば、以下の様になる。

Copyright (C) 1963 Renewed (C) 1991 Wikipetan Films Corp. All Rights Reserved.

1963年以前の作品でパッケージの著作権標記にRenewの文字が見当たらないものはパブリックドメインの可能性が高い(但し、パッケージにRenewの標記があっても実際はリニューされずにパブリックドメインとなったものも多い)。

会社によって姿勢に差があり、20世紀フォックスユニバーサルコロンビア、等は、まめにリニューを行っているのに対し、ワーナーパラマウントMGMユナイテッド・アーティスツ、等はリニューを行わなかったためにパブリックドメインとなった作品が多い。

政治色[編集]

アメリカで作られる著名な映画の多くは西海岸や東海岸といった伝統的にリベラルかつ多民族が住む地域で作られることが多く、政治的にもリベラル気風が強い。第二次世界大戦以降はマッカーシズムによるハリウッド映画界の大規模な魔女狩りを経てもやや愛国的、ノスタルジックな映画が人気を博していたが公民権運動ベトナム戦争といったアメリカそのものに対する不信感が蔓延してからはアメリカ映画界のリベラル気風は強まっていった。一方で愛国的な映画も国内では受けが良いためコンスタントに製作し続けられており、アメリカ映画の多様性を保持しているのも現実である。

また、アメリカでは芸能人の社会的地位が高いこともあって、政治的見解を隠さずにチャリティーや支持政党を公表することでも有名で、大統領選挙などの節目には俳優たちがそれぞれ自分が支持する政党や候補を応援しに行くことはアメリカ社会において当然の光景となっている。

一般的に民主党支持者は、

を初めとする演技派、有色人種や女優が多い。

一方共和党支持者は、

などアクション娯楽大作の雄や、熱心なキリスト教徒であることが多い。しかし、シュワルツェネッガーはリベラルの強いカリフォルニア州選出の知事を務めたこともあって同性婚妊娠中絶、移民に寛容であり、イーストウッドもカリフォルニアのカーメル市市長を努めイラク戦争に公然と反対するなど政治的には共和党左派(ロックフェラー・リパブリカン)とリベラルなハリウッド映画界の影響が顕著に見られる。

出典[編集]

  1. ^ Leonard-Cushing fight” (英語). アメリカ議会図書館. 2014年1月日閲覧。
  2. ^ Corbett and Courtney before the Kinetograph” (英語). アメリカ議会図書館. 2014年1月日閲覧。
  3. ^ a b Eagan, Daniel (2009-11). “Jeffries-Johnson World's Championship Boxing Contest” (英語). America's Film Legacy: The Authoritative Guide to the Landmark Movies in the National Film Registry. University of Oklahoma Press. p. 22. ISBN 978-0826429773. http://books.google.co.jp/books?id=deq3xI8OmCkC&pg=PA22. 
  4. ^ a b c Abel, Richard (2004-8). “sports films” (英語). Encyclopedia of Early Cinema. テイラー&フランシス. p. 875. ISBN 978-0415778565. http://books.google.co.jp/books?id=9cc71Uekc_EC&pg=PA875. 
  5. ^ a b Rogers, Will (2000-11). “The Training Ground” (英語). The Papers of Will Rogers: Wild West and Vaudeville, April 1904-September 1908. University of Oklahoma Press. p. 204. ISBN 9780806132679. http://books.google.co.jp/books?id=fV83-1F8-bkC&pg=PA204. 
  6. ^ Streible, Dan (2008-4). “Bootlegging” (英語). Fight Pictures: A History of Boxing and Early Cinema. University of California Press. pp. 291–292. ISBN 978-0520250758. http://books.google.co.jp/books?id=Bpc1fk5T5dYC&pg=PA276. 

文献[編集]

  • ミドリ モール『ハリウッド・ビジネス』 文春新書 文藝春秋 ISBN 4166602101
  • 加藤幹郎『映画 視線のポリティクス』古典的ハリウッド映画の戦い 筑摩書房 ISBN 4480872833
  • 副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈上〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568438
  • 副島隆彦『ハリウッド映画で読む世界覇権国アメリカ〈下〉』(講談社 +α文庫)ISBN 4062568446

関連項目[編集]

外部リンク[編集]