ジャック・ウォーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jack Warden
ジャック・ウォーデン
ジャック・ウォーデン
ジャック・ウォーデン(左)、1968年
本名 Jack Warden Lebzelter
生年月日 1920年9月18日
没年月日 2006年7月19日(満85歳没)
出生地 ニュージャージー州ニューアーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
配偶者 Vanda Dupre

ジャック・ウォーデンJack Warden, 1920年9月18日 - 2006年7月19日)は、米国俳優

来歴[編集]

ニュージャージー州ニューアーク生まれ。ジャック・ウォーデン・レブツェルターの息子として、誕生名はジョン・H・レブツェルターである[1]

ケンタッキー州ルイビルで育つ。17歳の時、喧嘩沙汰で高校を放校になる。彼は喧嘩が強く、ジョニー・コステロ名義で、ウェルター級のプロボクシングに転向する。生活に困っている時は、ナイトクラブの用心棒としても働いたという。彼は1938年米国海軍に入隊し、揚子江沿岸のパトロールに3年間従事した。海軍より貨物船の仕事の方が支払いが良かったが、長い国外での航海は退屈だろうと思い、1942年米国陸軍に入隊し直した。配属された第101空挺師団では、1944年6月のノルマンディー上陸作戦に加わる直前、夜間降下訓練で脚を負傷してしまう。

療養中、元役者だった同僚が劇の台本を読んでいたことから、演劇に目覚める。傷が癒えた後、ナチス・ドイツの逆襲であるバルジの戦いに復帰し、最後は軍曹になるが、終戦後、復員兵援護法を基に役者の道を歩み出す。

彼はニューヨーク市の演劇学校に通い、プロの俳優として1947年ダラス・アレイ・シアターに加わる。芸名のジャック・ウォーデンは、父親のミドルネームを拝借したのである。この劇団は、1940年代から1950年代のテネシー・ウィリアムズの舞台劇を上演していたという。ニューヨークからテキサスまでの5年間におよぶ上演は、彼に古典劇から現代劇までの素地を与えた。そして、1948年にはテレビデビューを果たす。

しかしウォーデンは、あくまでアーサー・ミラーの『セールスマンの死』の上演にこだわり続けた。彼は1952年にクリフォード・オデッツの『ゴールデン・ボーイ』の再公演とアーサー・ミラーの『橋からの眺め』の3年越しのオリジナル公演で、ブロードウェイ・デビューを果たす。映画でも1951年に端役デビューする。この作品での共演は、第二次世界大戦でのベテラン(海軍出身で南太平洋戦線で戦っていた)リー・マーヴィンとまだチャールズ・ブチンスキーと名乗っていたチャールズ・ブロンソンである。

スポーツマンらしい体型のため、彼には兵士の役が多くまわってきた。フランク・シナトラモンゴメリー・クリフトが共演した『地上より永遠に』(1953年)も、その中の1本である。

その作品以外でも、『十二人の怒れる男』(1957年)での、まるでやる気のないヤンキース・ファンの陪審員7番を演じて、大いに注目を受けるようになる。また、『暴力波止場』(1957年)での頑固な親方役や、クラーク・ゲーブルバート・ランカスターと共演した『深く静かに潜行せよ』(1958年)でも注目を浴びる。また、テレビの人気シリーズ『トワイライト・ゾーン』の1挿話では、それまで演じてきた役とはうって変わり、繊細な役どころに挑んだ。

1960年から1970年代初めまでは、『アスファルト・ジャングル』(1961年)のような、テレビ映画の刑事役がはまり役であった。また1970年代には、『ブライアンズ・ソング』での感動的なフットボールのコーチ役でエミー賞を獲得する。『がんばれ!ベアーズ』(テレビシリーズ、1979年 - 1980年)でもコーチ役を演じた。

ウォーレン・ビーティとの共演作である『シャンプー』(1975年)と『天国から来たチャンピオン』(1978年)では、コメディの資質を見せつけた。ウォーデンはこの2本の作品でアカデミー賞助演男優賞にノミネートを受ける。また『大統領の陰謀』(1976年)の編集者役や、『ナイル殺人事件』(1978年)のドイツ人医師役、『ジャスティス』(1979年)での銃を持った裁判官役、『チャンス』(1979年)での米国大統領役、『ユーズド・カー』(1980年)での双子のセールスマン役、ポール・ニューマンと組む弁護士役の『評決』(1982年)にも出演。

その後、1985年に半ば引退し、ニューヨークに住んでいた。俳優活動は、テレビ作品に数本出演した後、ウディ・アレンの『ブロードウェイと銃弾』(1994年)や、ウォーレン・ベイティ(ビーティ)と再び組んだ『ブルワース』(1998年)などに出演する。そして『リプレスメント』(2000年)が彼の最後の作品となった。

主な出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1951 フロッグメン
The Frogmen
クレジットなし
1953 地上より永遠に
From Here to Eternity
バックリー
1957 暴力波止場
Edge of the City
チャールズ
独身者のパーティ
The Bachelor Party
エディ
十二人の怒れる男
12 Angry Men
陪審員7番
1958 特攻決死隊
Darby's Rangers
サウル・ローゼン
深く静かに潜航せよ
Run Silent Run Deep
ミュラー
1959 悶え
The Sound and the Fury
ベン
1961 ゆすり
The Lawbreakers
警察官
ザーレンからの脱出
Escape from Zahrain
ヒューストン
1963 ドノバン珊瑚礁
Donovan's Reef
ウィリアム・デダム
1964 大突撃
The Thin Red Line
ウェルシュ
1965 目かくし
Blindfold
ブラット
1968 グッバイ・ヒーロー
Bye Bye Braverman
バーネット
1971 スポーツクラブ
The Sporting Club
アール・オリーヴ
ケラーマン
Who Is Harry Kellerman and Why Is He Saying Those Terrible Things About Me?
サロモン・F・モーゼズ博士
刑事オルテガ・影なき殺人鬼
The Face of Fear
ジョージ・コイ テレビ映画
ブライアンズ・ソング
Brian's Song
ジョージ・ハラス テレビ映画
1973 キャット・ダンシング
The Man Who Loved Cat Dancing
Dawes
1974 荒野のガンマン無宿
Billy Two Hats
ヘンリー・ギフォード保安官
1975 シャンプー
Shampoo
レスター
1976 大統領の陰謀
All the President's Men
ハリー・ローゼンフェルド
1977 特攻サンダーボルト作戦
Raid on Entebbe
モルデカイ・グル参謀長 テレビ映画
ホワイト・バッファロー
The White Buffalo
チャーリー・ゼイン
1978 天国から来たチャンピオン
Heaven Can Wait
マックス
ナイル殺人事件
Death on the Nile
ベスナー医師
1979 チャンプ
The Champ
ジャッキー
チャンス
Being There
大統領
ポセイドン・アドベンチャー2
Beyond the Poseidon Adventure
ハロルド・メレディス
ジャスティス
...And Justice for All
フランシス・レイフォード
1980 ユーズド・カー
Used Cars
ロイ
1981 マペットの大冒険/宝石泥棒をつかまえろ!
The Great Muppet Caper
マイク
ハロー、ダディ!
Carbon Copy
ネルソン・ロングハースト
恋のジーンズ大作戦/巨人の女に手を出すな
So Fine
ジャック
1982 評決
The Verdict
ミッキー・モリッシー
1984 クラッカーズ/警報システムを突破せよ!
Crackers
Garvey
ヘレン・ケラー
Helen Keller: The Miracle Continues
マーク・トウェイン テレビ映画
1985 アビエーター
The Aviator
モラヴィア
不思議の国のアリス
Alice in Wonderland
フクロウ テレビ映画
1987 ケネディ家vsFBI長官フーパー/第2次南北戦争・スキャンダルと陰謀の日々
Hoover vs. the Kennedys: The Second Civil War
J・エドガー・フーヴァー
セプテンバー
September
ロイド
1988 プレシディオの男たち
The Presidio
ロス・マクルーア元曹長
パーフェクト・ショット
Dead Solid Perfect
Hubert 'Bad Hair' Wimberly テレビ映画
1990 もうひとつのラブストーリー
Everybody Wins
ハリー・マードック
プロブレム・チャイルド/うわさの問題児
Problem Child
ビッグ・ベン
1991 プロブレム・チャイルド2
Problem Child 2
ビッグ・ベン
1992 お葬式だよ全員集合!
Passed Away
ジャック
ナイト・アンド・ザ・シティ
Night and the City
アル・グロスマン
トイズ
Toys
ゼボ大将軍
1993 ギルティ/罪深き罪
Guilty as Sin
1994 ブロードウェイと銃弾
Bullets Over Broadway
ジュリアン
プロブレム・チャイルド3
Problem Child 3: Junior in Love
ビッグ・ベン テレビ映画
1995 あなたが寝てる間に…
While You Were Sleeping
ソウル
デンバーに死す時
Things to Do in Denver When You're Dead
ジョー・ヘフ
誘惑のアフロディーテ
Mighty Aphrodite
1996 モンキー・リーグ/史上最強のルーキー登場
Ed
1997 マイ・リトル・ガーデン
The Island on Bird Street
1998 ブルワース
Bulworth
エディ
ダーティ・ワーク
Dirty Work
ポップス
1999 フランダースの犬
A Dog of Flanders
ジェハン(祖父)
2000 リプレイスメント
The Replacements
エドワード・オニール

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1965-1966 The Wackiest Ship in the Army サイモン・ブッチャー 29エピソードに出演
1967-1969 ニューヨーク警察
N.Y.P.D.
マイク・ヘインズ 49エピソードに出演
1976 Jigsaw John ジョン・セント・ジョン 15エピソードに出演
1979-1980 がんばれ!ベアーズ
The Bad News Bears
モリス・バターメイカー 26エピソードに出演
1984-1986 熱血探偵ハリー
Crazy Like a Fox
ハリー・フォックス 24エピソードに出演

参照[編集]

外部リンク[編集]