チャンス (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンス
Being There
監督 ハル・アシュビー
脚本 ジャージ・コジンスキー
原作 ジャージ・コジンスキー
製作 アンドリュー・ブラウンズバーグ
製作総指揮 ジャック・シュワルツマン
出演者 ピーター・セラーズ
シャーリー・マクレーン
メルヴィン・ダグラス
音楽 ジョニー・マンデル
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 ドン・ジマーマン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年12月19日
日本の旗 1981年1月31日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $30,177,511[1]
テンプレートを表示

チャンス』(Being There)は、ニーチェの『ツァラトゥストラはかく語りき』を下敷きにしたジャージ・コジンスキー原作・脚色のコメディー映画。

愚者が山から下り教師となって、エンディングではツァラトゥストラに則り超人となってしまう。そんな主人公を取り巻く人々の姿を20世紀後半のワシントンD.C.を舞台に活写した。

ストーリー[編集]

知的障害がある庭師のチャンスは、子供の頃から住み込みで働いていた家を当主の死により出ることとなった。

チャンスは町を出てさ迷い歩いているところ高級車に接触し、乗っていたエヴァから治療を家ですることを勧められる。そこでエヴァの夫であり経済界の立役者であるベンジャミンとも知り合うことになる。名前を問われて「庭師のチャンスです」と応えるが、「チョンシー・ガーディナー」という姓名であると勘違いされる。

ベンジャミンはチャンスを事業に失敗して家財を失った実業家であると早合点し、チャンスの単なる庭の手入れや植物の生長の話を「経済畑」の話と曲解し、不況下にある米国を立て直す暗喩であると考えて大統領・経済人に彼を紹介する。経歴不詳のチャンスは周囲の注目を集めテレビ出演までするようになり、国民的な人気を得る。医師ロバートはチャンスの純朴さに奇妙な不整合さを感じつつも、エヴァとともにその人間的魅力に惹かれる。また再生不良性貧血により自宅で長患いをしていたベンジャミンは二人が近しくなるのを好ましくも感じていた。

時まもなくベンジャミンが死去したとき、チャンスは次期大統領候補となっていた。一方、そんな話に無頓着なチャンスは湖水の上を歩いて(水上を歩く奇跡を行ったというイエス・キリストパロディ)去っていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS テレビ朝日
庭師のチャンス(チョンシー・ガーディナー) ピーター・セラーズ 納谷六朗 佐野浅夫
エヴァ・ランド シャーリー・マクレーン 宗形智子 小原乃梨子
ベンジャミン・ターンブル・ランド メルヴィン・ダグラス 大木民夫
ボビー大統領 ジャック・ウォーデン 神山卓三
ロバート・アレンビー リチャード・ダイサート
ウラディミール リチャード・ベースハート
ルイーズ ルース・アタウェイ
トマス・フランクリン デイヴィッド・クレノン
サリー・ヘイズ フラン・ブリル

エンディング[編集]

  • 通常、映画の最後の場面では音楽を流しながらスタッフや出演者の名前を流し画面がやがて暗くなる方式をとる。しかし、本作では冒頭で背景を意図的に乱した画像に「A HAL ASHBY FILM」という表示を入れ、それに続く形で病人の格好をしたセラーズが本人でさえ笑ってしまうようなせりふ(白人に対する差別語であるhonkyという言葉も使われている)を途中で笑い声を入れないで話せるようになるまでの様子を入れている。時間は約3分半。
  • 2009年『チャンス 30周年記念版』(DVD及びブルーレイ)が発売された。ブルーレイ版の映像特典には劇場公開版とは異なる「もう一つのエンディング」が含まれ、一種ハッピーエンドになっている。同映像特典中の「イレーナ・ダグラス“チャンス”を語る」(DVDと共通)で、メルヴィン・ダグラスの孫娘であり、当時の撮影現場を見学したイレーナ・ダグラスが劇場公開版エンディングになった経緯などについても触れている。


関連情報[編集]

  • ソ連大使との会話で出てくる「クルィロフの寓話」は、イヴァン・クルィロフ(Иван Андреевич Крылов)の「寓話」を指している。クルイロフは反体制の思想を「イソップの言葉」で表現し、真実を屈折させ自分の感情を隠しながら、真実を語る手法を編み出したと言われている。
  • ワシントン・ポスト社のシーンで、編集長の後ろで書類をチェックしている白髪の男がハル・アシュビー監督である。
  • 英語タイトルの「Being There」は、ドイツの哲学者マルティン・ハイデッガーの未完の主著『存在と時間』から採られている。
  • チャンスが家を出てワシントンに向かうシーンでは、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはこう語った』(1896年)をアレンジした曲が流れる。
  • アニメ『妖怪ウォッチ』のエピソードの一つである『田舎者はバラ色に』について、本作のストーリーと類似性が見られる(メインキャラクターである「コマさん」のさり気ない呟きが、ヒット商品開発の上で大きなヒントとなるが、当のコマさんは出世競争等には無関心という設定)。

参考文献[編集]

  1. ^ Being There”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]