大木民夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおき たみお
大木 民夫
プロフィール
本名 大木 多美男
(読み同じ)[1]
出生地 日本の旗 日本東京府
生年月日 1928年1月2日(86歳)
血液型 O型
身長 160 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 マウスプロモーション
活動
活動期間 1946年 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

大木 民夫(おおき たみお、1928年1月2日[1] - )は、日本男性声優俳優ナレーターマウスプロモーション所属。

東京府出身。本名:大木 多美男(読み同じ)[1]

来歴[編集]

アテレコ草創期から活動。1946年NHK放送劇団第2期研究生を皮切りに演劇界へ入り、TBS放送劇団、東京俳優生活協同組合を経て、1972年に江崎プロダクション(現・マウスプロモーション)へ移籍する。1950年代から『不二家の時間』で放送された『ラマー・オブ・ジャングル』や『西部の男パラディン』の主役リチャード・ブーン、『シャイアン』などの海外ドラマの吹き替えに勤しむ。現在もアニメと吹き替えの双方で活動中である。

敵味方および役柄を問わず、権力者役を担当することが多い。シリアスな役柄が大半である一方で、コミカルな役柄も演じる。洋画ではランドルフ・スコットの西部劇、ロバート・デュヴァルマックス・フォン・シドージョージ・C・スコット等の渋い個性派やピーター・カッシングクリストファー・リーヴィンセント・プライス等の怪奇スターの吹き替えまで数多くの作品で担当している。

仕事に対してはプロ意識が高く、日曜洋画劇場の『ゲット スマート』に出演した時のインタビューで、「声優としてどのジャンルの(吹き替えの)仕事が好きですか?」という質問に、「全て。プロですから。」と答えている[2]

また歳をとった現在でも『ボードウォーク・エンパイア』で共演した多田野曜平曰く、「大勢いる声優陣の中でも一番声量がある。」とコメントしている[3]千葉耕市とはラジオ東京放送劇団以来の友人である。千葉の死後、『勇者王ガオガイガー』のカイン役を引き継いでいる。

趣味書道

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

年度不詳

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

1985年

1987年

1988年

1989年

  • 銀河英雄伝説(ラザール・ロボス)
  • プロジェクトA子 完結篇(防衛軍司令)

1990年

1991年

1992年

1993年

1995年

1996年

1997年

  • 神秘の世界エルハザード2(ストレルバウ)

1998年

2000年

2002年

2004年

2012年

劇場アニメ[編集]

1980年

1981年

1982年

1986年

1987年

1988年

1991年

1992年

  • アルスラーン戦記II(ナレーション)

1993年

1995年

1996年

1999年

2000年

2003年

2004年

2006年

2009年

2011年

2012年

2013年

ゲーム[編集]

1993年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2013年

2014年

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

年度不詳

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

海外ドラマ[編集]

年度不詳

未放映

1958年

1960年

1961年

1962年

1964年

1965年

  • 0011ナポレオン・ソロ(ナレーション、#27ヴィクター・マートン【ヴィンセント・プライス】、#39、#45ハーヴェイ・グラム【ホイット・ビッセル】、#48ラッシュ、#52アナウンサー、#65ブーン、 #71マンダー【ジャック・ロード】、#73バーナビー・パートリッジ【マイケル・レニー】、#79艦長)

1966年

1967年

1968年

1969年

1972年

1973年

1975年

1976年

1977年

1982年

  • アメリカン・ヒーロー
    • #2「もう大変!!消えたジェット戦闘機とボク自身」
    • #7「泣くなよ!FBI!!君は無冠の英雄」
    • #21「美女に迫る密林の斬首刑」(フィリップ・オジェロー)
    • #25「少女誘拐25万ドル事件」
    • #35「ラルフ結婚す!!(後編)」
  • 特捜班CI-5 #16「スパイ引き渡しに裏の裏があって当然なんだ」

1984年

1985年

1986年

1987年

  • ナイトライダー
    • #2「刑務所脱獄!復讐の時限爆弾を探せ!」(特別捜査班部長フィリップ・ハント【ティム・オーコナー】)
    • #20「荒野の大戦争!地獄の暴走族スコーピオン対ナイト2000」(シェリフ)
    • #36「死の空中ブランコ!疑惑のサーカス団」(バーンズ)

1988年

  • ジェシカおばさんの事件簿 #25「勝利の美酒は苦い味」
  • ナイトライダー #41「謀略!デトロイト・マフィア!死の19番ホール」(ミスターC)

1989年

1990年

  • 名探偵ポワロ #6「砂に書かれた三角形」(バーンズ大佐)※NHK版
  • 名探偵ポワロ2 #14「コーンワルの毒殺事件」(ベンゲリー歯科医)※NHK版

1991年

  • 名探偵ポワロ2 #18「誘拐された総理大臣」※NHK版
  • 名探偵ポワロ3 #22「100万ドル債券盗難事件」※NHK版

1992年

1994年

1995年

1996年

  • アボンリーへの道5 #53「フェリックスの夢」(ボティン)
  • ER緊急救命室 #21「試練のとき」(マンチ)
  • 新アウターリミッツ #22「そのすべてへの警鐘」(ソーンウェル【ダニエル・J・トラバンティ】)
  • 名探偵ポワロ6 #43「ヒッコリー・ロードの殺人」※NHK版
  • ヤングライダーズ #57「つらすぎる記憶」(スタンディング・ベア)

1997年

1998年

1999年

2000年

  • 15の不思議な物語 #23「父と息子(前編)」・#24「父と息子(後編)」(トレント)
  • 捜査官クリーガン(ロナルド・ヒンクス教授【イアン・マクダーミド】)
  • となりのサインフェルド5 #26「大迷惑のメガネ騒動」・#40「奥サマはディスカウントに夢中」(レオ)※WOWOW版
  • 名探偵ポワロ7 #47「エッジウェア卿の死」※NHK版

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

  • 春のワルツ #18「悲しい誕生日」(フィリップの祖父)

2008年

2010年

2011年

2012年

アニメ・人形劇[編集]

年度不詳

1968年

1969年

  • 白雪姫(魔法の鏡)※1969年再公開版=ソフト収録

1977年

1981年

1983年

1987年

1990年

1991年

1992年

1993年

1995年

1996年

1998年

1999年

2000年

2002年

2003年

2004年

2005年

2007年

2011年

2014年

特撮[編集]

1976年

1998年

2008年

ラジオドラマ[編集]

  • 青空のはてに -KR放送劇団のためにー(1954年、ラジオ東京
  • 少年探偵団(1954年)
  • 連続放送劇 あなたの胸に(1956年、ラジオ東京)
  • スリラー劇場(ラジオ東京)
    • 知らなかった目撃者(1959年10月14日)
    • 沼垂の女(1959年11月11日)
    • 石榴(1959年11月25日)
    • さらばいとわしきものよ(1959年12月2日)
    • 押絵と旅する男(1960年4月20日)
    • 運命を運ぶ者(1960年5月18日)
    • 女人焚死(1960年5月25日)
    • ほくろのある男(1960年6月1日)
    • ある門出(1960年9月28日)
  • 影を売った浪人(1959年10月29日、ラジオ東京)
  • 戦国忍法帖(1963年、TBSラジオ
  • KRラジオ劇場 怪談宋公館(1964年8月2日、TBSラジオ)
  • LFラジオ劇場 赤いメイフラワー(1969年10月5日)
  • アシモフ・ミステリーサロン 黒後家蜘蛛の会 第14話「明白な要素」(1981年、NHK-FM) - ヴォス・エルドリッジ
  • KRラジオ図書館・劇画特集1 ザ・シェフ(1987年4月5日、TBSラジオ)
  • ミッド☆ナイト あすかチャンネル X キャラクターファイル4 NATAKU & ARASHI(1996年、TBSラジオ) - 塔城
  • FMサウンドシネマ ダーティペア91(2007年、fm-osaka) - 羽柴秀闇
  • 武装中学生 サトシ編 第一話「なくしたチャンス」(2012年10月11日) - 園部理人

カセットブック[編集]

ドラマCD[編集]

1992年

1993年

1997年

1997年

  • FAKE ~A Change of Partner~(エド)

1998年

2000年

2001年

2002年

2003年

  • 影の新撰組・紫苑 「千両箱はどこだ」(ナレーション)

2004年

2006年

2007年

  • ふしぎ工房症候群〜ドラマCD版 第5弾 「君はダレ?」(老人

2012年

  • ふしぎ工房症候群〜ドラマCD版 第6弾 「あの日の約束」(老人
  • ふしぎ工房症候群〜ドラマCD版 第7弾 「風の軌跡」(老人

2013年

2014年

  • ニンジャスレイヤーキョート・ヘル・オン・アース【上】【ドラマCD付特装版】(タオシ・ワンツェイ)

ナレーション[編集]

ボイスオーバー[編集]

  • BS世界のドキュメンタリー
    • 2007年「ドキュメンタリードラマ ニュルンベルグ裁判」
    • 2009年「テヘランにザクロはもう実らない」(ナレーション)

CM[編集]

その他[編集]

  • ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン(魔法の鏡)
  • トップをねらえ!「トップをねらえ!~Fly High~<艦長&副長バージョン>」※副長(西村知道)とデュエット
  • 体育王国「ゴールドマッスル」(2002年 - 2003年、ボーキン博士)
  • パチスロ 2027(2007年7月17日 - 、東郷正次郎、おやっさん〈大屋竜男〉)
  • ファンタズミック!(2011年4月23日 - 、魔法の鏡)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『声優名鑑』 成美堂出版、1999年、377頁。ISBN 978-4415008783
  2. ^ 日曜洋画劇場|テレビ朝日|アフレコ現場から(2011/12/11放送 『ゲット スマート』)
  3. ^ 声優さん"ほぼ"リレー・インタビュー!<第2回:『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』多田野曜平さん・てらそままさきさん>【後編】. 2011年9月14日閲覧。
  4. ^ EPISODE05”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年1月31日閲覧。
  5. ^ STAFF & CAST”. TVアニメ「ブラック・ブレット」公式サイト. 2014年4月14日閲覧。
  6. ^ キャラクター”. 劇場中編アニメーション『ハル』. 2013年4月5日閲覧。
  7. ^ CHARACTER”. 「エクステトラ」公式サイト. 2013年11月6日閲覧。
  8. ^ Leo's Fortune”. 「レオズ・フォーチュン」公式サイト. 2014年閲覧。...
  9. ^ “シリーズ完結編「ホビット 決戦のゆくえ」本ポスター公開!”. http://eiga.com/news/20141118/8/ 2014年11月18日閲覧。 

外部リンク[編集]