ユナイテッド・アーティスツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユナイテッド・アーティスツ英語:United Artists Entertainment LLC、略称:UA)は、かつてはアメリカ合衆国映画配給会社映画スタジオのひとつであったが、現在は映画会社「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー」に属している。

日本では本来の社名の他「ユナイト映画」の名称でも知られる。

沿革[編集]

UA創立メンバー(左から)フェアバンクス、ピックフォード、チャップリン、D・W・グリフィス

主な映画[編集]

1920年代[編集]

1930年代[編集]

1940年代[編集]

1950年代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

音楽事業[編集]

かつては音楽事業を持ち、サウンドトラックの他ブルーノートリバティ・レコードといったレーベルを傘下に持っていた。後にEMIに売却した。

日本での活動[編集]

日本では現地法人として日本ユナイト映画1959年に設立し、日本国内における映画配給業務を行っていた。1960年代には、後に映画評論家として有名になる水野晴郎が宣伝総支配人として在籍していたことで有名。同社は米国本社のMGMによる買収に伴い、MGM作品の日本での配給を担当していたユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)日本支社に吸収される形で1980年代前半に消滅している。

なお日本での映画配給権は、その後2000年にUIPから20世紀フォックスに移行し現在に至っている。

オープニングロゴ[編集]

  • 暗闇からUAのロゴが浮かび上がる。音声はきわめて古い(1967年 - 1968年)。
  • 水色の線が左右から3本ずつ伸びて「T」の形になるもの(1968年 - 1975年)。
  • 真っ暗な画面から左右のスポットライトが当てられ、「UNITED」「ARTISTS」の文字がそれぞれ現れるもの(1975年 - 1977年)
  • 「U」と「A」がつながったロゴが、真横からゆっくりと正面に向くもの(1982年 - 1987年)。
  • MGMのライオンのロゴの上にMGM/UA ENTERTAINMENT CO.と書かれたもの(1983年 - 1987年)。
  • 「MGM/UA」の字に枠が付いて、下に「MGM/UA COMMUNICATIONS CO.」とあるもの(1987年 - 1990年)。
  • つながった「UA」の文字に左から右へ線が走るもの(1987年 - 1994年)
  • 岩盤に「UNITED ARTISTS」、下に「PICTURES INC.」及び「AN MGM COMPANY」の文字が光とともに現れるもの(1994年 - 2000年)。
  • MGMと合併後である現在のロゴには、United Artistsの下にAn MGM Companyの文字が付いてくる。英語版を参照(2000年 - 2001年/2001年 - )
  • DVDには当時のものが採用されている場合とそうでない場合がある。そうでない場合は岩盤にロゴが現れるものであることが多い。

外部リンク[編集]