暗闇でドッキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暗闇でドッキリ
A Shot in the Dark
監督 ブレイク・エドワーズ
脚本 ブレイク・エドワーズ
ウィリアム・ピーター・ブラッティ
原作 ハリー・カーニッツ
マルセル・アシャール
製作 ブレイク・エドワーズ
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 クリストファー・チャリス
編集 ラルフ・E・ウィンタース
バート・ベイツ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1964年6月23日
日本の旗 1965年2月13日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $12,368,234[1]
前作 ピンクの豹
次作 ピンク・パンサー2
テンプレートを表示

暗闇でドッキリ』(原題:A Shot In The Dark)は1964年製作のアメリカコメディ映画ハリー・カーニッツマルセル・アシャールによる戯曲の映画化。ピーター・セラーズがクルーゾー警部を演じるピンク・パンサーシリーズの第2作にあたる。前年製作の『ピンクの豹』に準主役として登場したクルーゾーを主役に格上げしたスピンオフ作品である。監督ブレイク・エドワーズ。音楽ヘンリー・マンシーニ

ストーリー[編集]

パリの大富豪バロン邸で使用人の射殺事件が起こる。部下のエルキュール刑事を伴い捜査に向かったパリ警察のクルーゾー警部は、バロン邸のメイドで重要容疑者のマリア・ガンブレリに一目惚れしてしまう。クルーゾーの上司であるドレフュス本部長はクルーゾーの派遣後に殺人現場が大富豪のバロン邸と知らされ、自ら屋敷に乗り込みクルーゾーを事件担当から外す。しかし、何故かクルーゾーを気に入ったバロンの要望により、クルーゾーは捜査に復帰する。

殺人事件の容疑者は邸内で唯一アリバイのないマリアであった。しかしクルーゾーは美しいマリアの無実を確信、彼女が誰かをかばっていると推理する。独自の調査に邁進するクルーゾーはマリアを泳がせて真犯人を探ろうとするが様々な失態を繰り返す。遂にはマリアと共にヌーディスト・キャンプから裸で逃走するという騒動を引き起こしてしまう。このクルーゾーの行動に悩まされるドレフュスは神経衰弱に陥っていく。そうする内にも次々とバロン邸関係者が殺害され、いずれの事件も容疑の眼はアリバイのないマリアに向けられた。クルーゾーは犯人はマリアに横恋慕する者だと推理し、自らマリアとデートし、嫉妬に狂う犯人を誘き出そうとする。しかし謎の殺人者が彼らを狙い、その場に居合わせた無関係の人々が巻き添えで殺されてしまう。

半狂乱のドレフュスに叱責されたクルーゾーだが、事件に決着を付けるべく、エルキュールを伴い、真犯人に罠を仕掛ける為ある計略を持ってバロン邸に乗り込む。

概要[編集]

1963年製作の『ピンクの豹』で準主役格だったクルーゾー警部のキャラクターが好評であった為、その翌年にクルーゾーを主役として製作されたスピンオフ作品である。ハリー・カーニッツマルセル・アシャールによる戯曲が原作で、本来クルーゾーとは無関係の企画であったが、エドワーズらによりクルーゾーをフィーチャーした脚本に修正を受け製作された。

クルーゾーがパリ警察の警部である事以外は、内容・登場人物等に前作との繋がりはなく、続編とは呼び難い。元々「ピンク・パンサー」とは『ピンクの豹』に登場するダイヤモンドの名称であり、本作でこのダイヤはまったく登場しない為、タイトルにもなっていない。主題曲も同じヘンリー・マンシーニ作曲ではあるが、有名な『ピンク・パンサーのテーマ』とは別の曲。オープニングは前作同様アニメーションだが、ピンクの豹のアニメキャラクター は登場せず、クルーゾーを模したアニメキャラクターが謎の犯人を追跡する内容になっている。

一方で、この後のシリーズ全作品に登場してシリーズの名物キャラクターとなる、クルーゾーの上司ドレフュス(ハーバート・ロム)や使用人のケイトー(バート・クウォーク)らが初登場してドタバタ劇を繰り広げており、シリーズのスタイルを確立させた作品である。その為、タイトルに「ピンク・パンサー」とは付かないが、一般にシリーズ第2作と認識されている。

ストーリーは富豪邸で起きる連続殺人の捜査をテーマとした本格ミステリーの筋立てが基調で、ラストに事件の意外な真相が明かされる展開となっている。また、このシリーズの他の作品は国際色豊かにストーリーが展開するが、本作はフランス国内(おそらくパリ市内)だけを舞台にしている。

『ピンクの豹』に続き本作もヒットしたが、監督のエドワーズとセラーズの関係は良好でなく、シリーズは長い休眠期間を迎える事になる。第3作『ピンク・パンサー2』が製作されたのは11年後の1975年であった。

備考[編集]

  • クルーゾーの言動に悩まされ、精神に異常をきたすドレフュスの行動パターンは初登場の本作で確立されている。冒頭ではやり手で色悪のイメージもある二枚目として登場したドレフュスが、序々に崩れていく様子が丹念に描かれている。尚、後のシリーズ作品でのドレフュスの役職はChief Inspectorで、一般に主任警部と訳される。しかし本作での役職はパリ警察のトップであるCommissionerで、日本語版では総監、署長などとも訳されるが、DVDでは本部長となっている
  • ケイトー(バート・クウォーク)はクルーゾー宅の使用人。クルーゾーの空手の弟子でもあり、修練の為にいつでもクルーゾーを奇襲していい約束になっている。このケイトーのモデルがアメリカのテレビシリーズ『グリーン・ホーネット』(1966-67)でブルース・リーが演じた日本人カトーだとの説がある。しかし、本作におけるケイトーの初登場はこのテレビシリーズより先なので、「リーが演じたカトーがケイトーのモデル」との説は明らかな誤り。ただし、『グリーン・ホーネット』自体は1930年代からラジオドラマやコミックス、映画で知られており、そこでのカトーがケイトーのモデルである可能性は否定出来ない。また、役名も本作では"Kato"と綴られ日本人「カトー」とも読めるが、11年後の次作『ピンク・パンサー2』以降は「カトー」から離れ"Cato Fong"と中国人風の名前に変更されている。
  • 本作でクルーゾーの実直な部下エルキュール刑事を演じたグレアム・スタークは、私生活でもセラーズの親友であり、共演作の多い事でも知られる。スタークはこの後のシリーズで毎回のように役柄を変えながら全作品に出演している。セラーズの追悼作『ピンク・パンサーX』(1982年)のみ退職したエルキュールとして再登場し、元部下としてクルーゾーの思い出を語る事となる。
  • ドレフュスの部下フランソワ刑事を演じたアンドレ・マランヌは以降も同じ役で出演を続ける。フランソワはクルーゾーが主任刑事に昇格した作品ではクルーゾーの部下になる。
  • 本作のヒロイン、マリア・ガンブレリと同名のキャラクターが29年後のシリーズ最終第8作『ピンク・パンサーの息子』(1993年)で、クルーゾーの隠し子の母親として再登場を果たす。演じたのは本作のエルケ・ソマーではなく、『ピンクの豹』に出演したクラウディア・カルディナーレであった。しかし、『ピンク・パンサーの息子』でマリアが語ったクルーゾーとの関係は本作の内容とは合致せず、両作のマリアが同一人物とは見なし難い。
  • アニメ『はなかっぱ』にて「暗闇でドッキリ」というタイトルの作品が存在する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日版 テレビ東京版
ジャック・クルーゾー警部 ピーター・セラーズ 大塚周夫  羽佐間道夫
マリア・ガンブレリ エルケ・ソマー 小原乃梨子 増山江威子
ベンジャミン・バロン ジョージ・サンダース 中村正  家弓家正
シャルル・ドレフュス本部長 ハーバート・ロム 西田昭市  内海賢二
ケイトー・フォン バート・クウォーク 加藤修  肝付兼太
エルキュール・ラジョイ刑事 グレアム・スターク 細井重之  安原義人
ドミニク・バロン夫人 トレイシー・リード 来宮良子  北浜晴子
フランソワ・シュヴァリエ巡査部長 アンドレ・マランヌ 勝田久  古川登志夫
アンリ・ラファルジュ執事長 ダグラス・ウィルマー

参考文献[編集]

  1. ^ A Shot in the Dark”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]