暁の出撃 (1970年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暁の出撃
Darling Lili
監督 ブレイク・エドワーズ
脚本 ウィリアム・ピーター・ブラッティ
ブレイク・エドワーズ
製作 ブレイク・エドワーズ
出演者 ジュリー・アンドリュース
ロック・ハドソン
音楽 ヘンリー・マンシーニ
ジョニー・マーサー(作詞)
主題歌 "Whistling Away the Dark"
(暗闇にさようなら)
撮影 ラッセル・ハーラン
編集 ピーター・ツィンナー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗1970年6月24日
日本の旗1970年7月18日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $3,250,000 (US/ Canada レンタル)[1]
テンプレートを表示

暁の出撃』(あかつきのしゅつげき、原題:Darling Lili )は、1970年公開のアメリカ映画。第一次世界大戦中が舞台のミュージカル恋愛映画

あらすじ[編集]

舞台は第一次世界大戦中、ファム・ファタールといわれ、大人気のミュージックホールのイギリス人役者、リリー・スミス(ジュリー・アンドリュース)にスポットライトを当てる。彼女は実はドイツ人スパイ、リリー・シュミットで、そのおじのクルト・フォン・ルガー大佐(ジェレミー・ケンプ)は実は仲間のスパイで、彼女とドイツ軍の連絡役であった。

リリーは貴重な情報を得られることを期待し、アメリカのトップ・パイロットであるウィリアム・ララビー少佐(ロック・ハドソン)に色目を使い、彼を夢中にさせてしまう。しかし、すぐにリリーも彼と恋におちてしまう。だがリリーには彼を裏切る勇気がなかった。ララビーがリリーの秘密を知ってしまい……。

キャスト[編集]

役名 俳優
リリー・スミス/シュミット ジュリー・アンドリュース
ウィリアム・ララビー大佐 ロック・ハドソン
クルト・フォン・ルガー大佐 ジェレミー・ケンプ
カースティアーズ中尉 ランス・パーシバル
デュバル少佐 ジャック・マラン
リゲット中尉 アンドレ・マランヌ

備考[編集]

  • この映画を製作中に監督であるブレイク・エドワーズと、主演女優のジュリー・アンドリュースが結婚した。映画は大失敗し、大赤字となったが、この2人は2010年にエドワーズが亡くなるまでハリウッドきってのベストカップルといわれた。
  • この映画の製作経験をもとに『S.O.B.』(1981年)が製作された。

受賞とノミネート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "Big Rental Films of 1970". Variety, January 6, 1971, p. 11.

外部リンク[編集]