ヘンリー・マンシーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・マンシーニ
Henry Mancini
基本情報
出生名 Enrico Nicola Mancini
出生 1924年4月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド
死没 1994年6月14日(満70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家指揮者
公式サイト http://www.henrymancini.com/

ヘンリー・マンシーニHenry Mancini1924年4月16日 - 1994年6月14日)は、アメリカ合衆国作曲家編曲家。映画音楽家としてグラミー賞アカデミー作曲賞に何度も輝いた。血液型 は O型。

生涯[編集]

1924年オハイオ州クリーブランド市にイタリア系アメリカ人として生まれ、ペンシルベニア州で育った。出生時の名前はエンリコ・ニコラ・マンチーニEnrico Nicola Mancini)。

幼い頃より、フルート奏者の父親からフルートとピッコロの英才教育を受けた。ハイスクールを卒業後、ベニー・グッドマンの勧めでニューヨークへ移住する。名門ジュリアード音楽院に進学し、作曲家マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコエルンスト・クシェネックに師事した。第二次世界大戦では空軍に所属し、マーチングバンドでも活躍した。その後テックス・ベネキーに作品を認められ、グレン・ミラー楽団にアレンジャーピアニストとして採用される。

1952年ユニバーサル映画に入社する。音楽監督のジョセフ・ガーシェンソンのアシスタントとして修行しながら、アボット・コステロの喜劇や『大アマゾンの半魚人』等のB級ホラーの劇伴を手がけた。そして『グレン・ミラー物語』、『黒い罠』といったヒット作で頭角を現わす。

1960年代からは主に、『ティファニーで朝食を』『シャレード』などオードリー・ヘップバーン作品で注目を集めた。特に『ティファニーで朝食を』でヘップバーンが歌った『ムーン・リバー』はスタンダードとなった。

他に『刑事コロンボ』のテーマ(もとはNBCのウィール、NBCミステリー・ムービー のテーマ)や『ピーター・ガン』のテーマ、『ピンク・パンサー』のテーマ、『ひまわり』のテーマなどがよく知られている。

温厚な人柄で知られ、ヘップバーンやクインシー・ジョーンズジェリー・ゴールドスミスら数多くの友人に慕われた。またモーリス・ジャールミシェル・ルグランラロ・シフリンといった外国人作曲家にも親身に関わった。人望も厚く、いくつかの大学で名誉博士号を受け、後進の育成にもあたった。

1994年6月14日、膵臓および肝臓癌のためビバリーヒルズの自宅にて死去。70歳。

主な作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

  • 1961年「ティファニーで朝食を」歌曲賞、劇・喜劇映画音楽賞
  • 1962年「酒とバラの日々」歌曲賞
  • 1982年「ビクター/ビクトリア」音楽(編曲・歌曲)賞

ゴールデン・グローブ賞[編集]

外部リンク[編集]