ジョン・バリー (作曲家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・バリー
John Barry
(2006年)
(2006年)
基本情報
出生名 John Barry Prendergast
出生 1933年11月3日
イングランドの旗 イングランドヨークシャー
死没 2011年1月30日(満77歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家指揮者
活動期間 1959 - 2004

{{{Influences}}}

ジョン・バリー(John Barry, ジョン・バリー・プレンダーガスト OBE、John Barry Prendergast OBE, 1933年11月3日 - 2011年1月30日[1])は、イギリスヨーク出身の作曲家。多くの映画音楽の作曲を手がけた。中でも「007/ジェームズ・ボンド」シリーズの曲は広く知られている。ゴールデングローブ賞アカデミー賞を5回受賞している。

プロフィール[編集]

ジャック・バリーが父親の元、1933年にイギリスで生まれる。父親は映画館や劇場を経営していたため、ジョンも幼い頃から映画に親しんでいた。母親はピアニストであった。なおその影響もあり1941年9歳からピアノを弾き始め、後にトランペットも習い始めた。また10歳の時からヨーク寺院フランシス・ジャクソン博士に音楽教育を受け、その後ロンドンの音楽学校で作曲と楽器法を学んだが、1年経たずして中途退学となった。その後3年程、地方のジャズ・バンドで演奏していたが、兵役に応じ軍隊のバンドで演奏活動を続け、その間も作曲、編曲、ハーモニーをスタン・ケントンに通信教育で学ぶ。除隊後は軍の友人達とR&Bのバンド「ジョン・バリー・セブン」を結成。

ジョン・バリーとポール・ベイトマン (Paul Bateman)
2006年、ロイヤル・アルバート・ホールにて

1957年EMIレコードと契約を結ぶ。その後、クリフ・リチャードや多くのアーティストのプロデュースやアレンジを手がけ、テレビの音楽を担当した後、アダム・フェイス、ピーター・セラースの映画のスコアを書き、1959年に『狂っちゃいねえぜ (Beat Girl)』で本格的に映画音楽に進出し、007ジェームズ・ボンド・テーマで名声を博した。

1953年、バーバラ・ピカードと結婚、一児をもうけたが1963年離婚。 1965年女優のジェーン・バーキンと結婚(映画『ナック』が縁?[独自研究?])、一女ケイト・バリー(写真家)が生まれたが、1968年に離婚。1969年ジェーン・シドニーと結婚、1971年離婚。1978年1月、現在の妻ローリー・バリーと結婚。

1970年代途中まで英国で過ごす。その後少しの間スペインで過ごし(税金問題のため)、その後、映画の仕事のため渡米、ニューヨーク近郊のオイスターベイで暮らす。

1988年、肺炎による食道破裂を患う。

2011年1月30日、心臓発作のため[1]ニューヨークで死去。77歳没[2]

映画作品[編集]

その他の活動[編集]

  • The Americans
  • The Beyondness of Things
  • Eternal Echoes

John Barry was inducted into the Songwriters Hall of Fame in 1998

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

  • 1966年『野生のエルザ』( Born Free )
  • 1968年『冬のライオン』( The Lion in Winter )
  • 1985年『愛と哀しみの果て』( Out of Africa )
  • 1990年『ダンス・ウィズ・ウルブズ』( Dances with Wolves )

グラミー賞[編集]

  • 1970年『真夜中のカーボーイ』( Midnight Cowboy )

ゴールデングローブ賞[編集]

  • 1985年『愛と哀しみの果て』( Out of Africa )

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジョン・バリー氏死去 英の映画音楽作曲家 - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ ジョン・バリー氏=英作曲家 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

外部リンク[編集]