グレン・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレン・ミラー
アメリカ陸軍航空隊にて
基本情報
出生名 Alton Glenn Miller
出生 1904年3月1日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州クラリンダ
死没 1944年12月15日(満40歳没)?
イギリス海峡上空
ジャンル スウィングジャズ
職業 作曲家編曲家バンドリーダー
担当楽器 トロンボーン
活動期間 1923年 - 1944年
レーベル ブルーバードビクターコロンビアブランズウィック

アルトン・グレン・ミラー(Alton Glenn Miller、1904年3月1日 - 1944年12月15日?)はアメリカジャズミュージシャン(トロンボーン奏者、作曲家アレンジャーバンドリーダー)。グレン・ミラー・オーケストラGlenn Miller Orchestra)を結成。

カウント・ベイシーベニー・グッドマンデューク・エリントン等と共にスウィングジャズビッグ・バンドの代表奏者に挙げられる。

プロフィール[編集]

アイオワ州クラリンダ生まれのドイツ系アメリカ人1915年に家族と移住したミズーリ州グラントシティでトロンボーンを始め、地元のオーケストラで演奏を始める。やがて1923年コロラド大学ボルダー校に進学するもほとんど行かずに中退、ニューヨークにてプロのトロンボーン奏者として音楽の道に進むが、売れずに目立たない時代が続いた。やがてトミー・ドーシーベニー・グッドマンレッド・ニコルスなどの音楽家と親交を結び、1937年に自己の楽団「グレン・ミラー・オーケストラ」を結成後、1938年にRCA傘下のブルーバード・レコードと契約、翌1939年から「ムーンライト・セレナーデ」「茶色の小瓶」「イン・ザ・ムード」「チャタヌーガ・チュー・チュー」など次々とヒット曲を発表し、バンドリーダー、作曲家、編曲家として絶大なる人気を博した。

第二次世界大戦の勃発にともない1942年陸軍航空隊に入隊、慰問楽団を率いて演奏にまわった。国内外ツアー他、アメリカ合衆国軍慰問団United Service Organizations)で演奏した[1]。ミラーは精力的に慰問演奏を続けていたが、1944年12月15日にイギリスからフランスへ慰問演奏に飛び立った後、乗っていた専用機(UC-64)がイギリス海峡上で消息を絶った(最終階級は少佐)。原因として、ドイツへの爆撃から帰還する途中のイギリス空軍爆撃機が上空で投棄した爆弾が乗機に当たり墜落したとする説の他、イギリス軍機の誤射で撃墜されたとする説、14日に無事にパリに着いたものの、翌日娼婦と事に及んでいる最中に心臓発作で亡くなったのを隠蔽するために行方不明にしたとの説まであり、明らかになっていない。行方不明後も残された楽団員がリーダーとなり、ニュー・グレン・ミラー・オーケストラとして、現在まで世界各地で活動している。

記録[編集]

ビルボードのジュークボックス・チャートにおいて「イン・ザ・ムード」(12週連続1位、通算13週1位)「タキシード・ジャンクション」(9週連続1位)「ウッドペッカー・ソング」(5週連続1位)の3曲で26週連続1位(1940年2月10日付〜8月3日付)を達成した。その後、2009年ブラック・アイド・ピーズが後継チャートであるBillboard Hot 100において、タイ記録となる26週連続1位を達成している。

主な演奏曲[編集]

関連する映画[編集]

  • 銀嶺セレナーデ』- Sun Valley Serenade1941年) - グレン・ミラー&グレン・ミラー楽団が出演したミュージカル映画。
  • グレン・ミラー物語』- The Glenn Miller Story1953年) - グレン・ミラーの生涯を描いたアメリカ映画
  • 5つの銅貨』 - The Five Pennies1959年) - 若き日のグレン・ミラーが登場するアメリカ映画。

参考文献[編集]

  1. ^ Glenn Miller”. The Official USO Blog (2009年12月15日). 2013年10月28日閲覧。


  • 秦郁彦 『第二次大戦航空史話・上』 ISBN 4122026946
  • 『ジャズ管楽器:バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、231頁。ISBN 4-915557-12-X
  • Frank Tirro 『ジャズの歴史 その誕生からフリー・ジャズまで』 音楽之友社、1993年、275-278頁。ISBN 4276232511

外部リンク[編集]