ゴールドディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴールドディスクは、各国別に設けられた基準に基づき国内のレコード(CDことコンパクトディスクが登場して以後はCD)売上枚数もしくは出荷枚数に応じて、当該楽曲に対し与えられる賞である。以降は基本的に「ダブル―」(2倍)、「トリプル―」(3倍)、「クワドラプル―」(4倍)…と増えていく。各国毎に下位にシルバーディスク、上位にプラチナディスクダイヤモンドディスクなどが用意されている場合もあるほか、シングルやアルバム、ビデオなどで別の基準を定めている場合もある。受賞曲には記念品として、額に収められ銘板が添えられた銀・金・プラチナの色のレコードが贈られる。

ゴールドディスクの起源は売り上げに貢献した作品を生んだアーティストに対して各レコード会社が与えるもので、120万枚を売り上げた映画『銀嶺セレナーデ』(20世紀FOX1941年)で使用されたグレン・ミラーチャタヌーガ・チュー・チュー」に対してRCAレコード1942年2月に授与したのが始まりである。

各国別の基準[編集]

日本[編集]

日本では日本レコード協会(RIAJ)が出荷枚数に応じて認定し、日本ゴールドディスク大賞にて賞を授与している。1989年1月21日以降発売の作品が対象。2003年7月度認定分から、邦楽・洋楽アルバム・洋楽シングルで異なっていた認定基準が以下のように統一された。

  • ゴールド:10万枚
  • プラチナ:25万枚(以後25万枚単位でダブル・トリプル認定 クワドラプルはそのままミリオンセラーになる)
  • ミリオンセラー:100万枚(以後2(ツー)ミリオンから上限の5(ファイブ)ミリオンまで、100万枚毎の認定)

※2003年7月以降のCD及び音楽配信のミリオン作品については日本レコード協会#ゴールド / ミリオン等認定参照

2003年6月度認定分までの認定基準は以下のとおりであった。

ジャンル ゴールド プラチナ ミリオン
邦楽[1] 20万枚 40万枚 100万枚
洋楽アルバム 10万枚 20万枚 100万枚
洋楽シングル 5万枚 10万枚 100万枚

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国では、アメリカレコード協会(RIAA)が認定する。1988年までは100万枚以上をゴールドディスクと認定していた。

  • ゴールド : 50万枚
  • プラチナ : 100万枚
  • ダイヤモンド : 1000万枚

イギリス[編集]

イギリスでは英国レコード産業協会(BPI)が認定する。

ジャンル シルバー ゴールド プラチナ
アルバム 6万枚 10万枚 30万枚
シングル[2] 20万枚 40万枚 60万枚

カナダ[編集]

カナダでは、カナダレコード協会(Canadian Recording Industry Association, CRIA)が認定する。

  • ゴールド : 4万枚
  • プラチナ : 8万枚
  • ダイヤモンド : 80万枚

2008年5月1日より前のアルバムのしきい値は次のとおりだった。

  • ゴールド : 5万枚
  • プラチナ : 10万枚
  • ダイヤモンド : 100万枚

ドイツ[編集]

ドイツでは、国際レコード工業連盟(International Federation of the Phonographic Industry, IFPI)が認定する。

ジャンル ゴールド プラチナ
アルバム[3] 10万枚 20万枚
シングル[4] 15万枚 30万枚

その他[編集]

認定の取消[編集]

ゴールドディスク認定は通常取消となることはないが、レコード会社から認定辞退の申し入れがあった場合など、稀に認定が取り消されることがある。

日本では2014年2月に、佐村河内守名義のCD『交響曲第1番 HIROSHIMA』について、レコード会社の日本コロムビアから認定辞退の申し入れがあったとしてゴールドディスク認定を取り消した例がある。なお日本でゴールドディスク認定が取り消された例は、2014年現在本件が唯一である[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミリオンを超えた後もトリプルプラチナ(120万枚)、クワドラプルプラチナ(160万枚)など「プラチナ」の名のつく基準もあった。
  2. ^ 1989年1月1日より前のしきい値は、シルバーが25万枚、ゴールドが50万枚、プラチナが100万枚だった。
  3. ^ 2003年1月1日より前のアルバムのしきい値は、現在のシングルに対するしきい値と同じであった。
  4. ^ 1989年9月24日より前のしきい値は、ゴールドが25万枚、プラチナが50万枚だった。
  5. ^ 「HIROSHIMA」前代未聞のゴールドディスク認定取り消し - スポーツニッポン・2014年2月8日