ボビー・ハケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハケット

ロバート·レオ"ボビー"ハケットBobby Hackett, 1915年1月31日- 1976年6月7日)はアイルランド系アメリカ人のジャズ・トランペット、コルネット、ギター奏者。

グレン・ミラーベニー・グッドマンのバンドで1930代後半から1940代前半に演奏した。

ジャッキー・グリーソンの1950年代のムード音楽のアルバムでの演奏が最も知られる。[1]

幼い頃のマイルス・デイビスアイドルの一人だった[2]

伝記[編集]

ハケットはロードアイランド州プロビデンスアイルランド移民の家に生まれた。

彼はビックス・バイダーベックのフォロワーだった。ベニー・グッドマンは1938年のカーネギー・ホール・コンサートで、「アイム・カミング・バージニア」でのビックスの演奏をハケットに再現させた。

1930年代後半にヴィックシェーン・バックアップ・オーケストラ&アンドリュース・シスターズと共演した。 1940年のフレッド・アステアの映画『セカンド・コーラス』のサントラで演奏。

1939年に芸能プロダクションMCAは、ビッグバンドをつくるようハケットに頼んだ。バンドは失敗し、ハケットにはMCAへの借金が残った。この借金を返済するためにホレス・ハイトやグレン・ミラーのバンドに参加した。

さらに悪いことに彼のは歯科手術後に悪い形になった。グレン·ミラーは彼にミラー·バンドのギタリストの仕事を提供した。「私がバンドに参加し大金をかせいでいたとき、ジャズ批評家たちは"セルアウトした"と私を非難した。批評家は、あなたが成功すると叩きたがる・・」と発言している。

唇の問題にもかかわらず、まだ時折短いソロを演奏することができ、グレン・ミラー・オーケストラの「真珠のネックレス」が有名。

ルイ・アームストロングの1947年タウンホール・ジャズ・コンサートへ参加した。

1954年にABCのバラエティ番組『マーサ·ライトショー』、通称『パッカードショールーム』に出た。

ジャッキー·グリーソンの初期のムード音楽のアルバムにコルネットソリストとして参加。1952年からグリーソンのキャピトル・レコードでのアルバムに参加。グリーソンの10枚のアルバムはすべてゴールド(50万枚以上)になった。ハケットの名前はグリーソンのLPジャケットに表示されるようになった。このことは、ハケットのキャピトルとの契約につながった。

1965年、歌手トニー・ベネットとツアー。1966・1967年、ハケットは欧州ツアーでベネットに同行した。

1970年代初頭ディジー・ガレスピーテレサ・ブリューワーと共演。

2012年に「ロードアイランド・ミュージック殿堂」に入った。[3]

私生活[編集]

1930年代に、ボビー・ハケットはエドナ・ハケットと結婚した。二人の子供バーバラとアーニーがいた。アーニーはドラムを演奏するミュージシャンになった。

ハケットは1976年61歳で心臓発作により亡くなった。。

夫婦の住んでいたのはグリニッジ・ビレッジ(マンハッタン)とロサンゼルス(カリフォルニア州)で、夏を過ごしたのはチャタム(マサチューセッツ州)。2人の孫、4人のひ孫がいた。.[4]

ディスコグラフィー[編集]

  • ジャズ·セッション(1950年、キャピトル)
  • メロウ気分で(1953年、キャピトル)
  • 柔らかい照明とボビー·ハケット(1954、キャピトル)
  • コースト·コンサート(1955年、キャピトル)
  • ランデブー(1956、キャピトル)
  • ゴッサム·ジャズ·シーン(1957年、キャピトル)
  • 私からあなたの愛を服用しないでください(1958年、キャピトル)
  • ジャズ·アルティメット(1958、キャピトル) -ジャック・ティーガーデンとの共演
  • 燃えさし(1958年、キャピトル)
  • キックでブルース(1959年、キャピトル)
  • ボビー·ハケットカルテット(1959年、キャピトル)
  • ハワイスイング(1959、キャピトル)
  • 簡単にビート(1960、キャピトル)
  • アホワイルドリーム(1960年、コロンビア)
  • 世界で最も美しいホーン(1961、コロンビア)
  • ナイト·ラヴ(1962、コロンビア)
  • ライオネル・バートの「オリバー」のジャズ(1963、エピック)
  • ヘンリー·マンシーニの音楽を演奏する(1963、エピック)
  • バート·ケンプフェルトの音楽を演奏する(1964、エピック)
  • こんにちは、ルイ!(1964年、エピック)
  • トランペット・グレイテスト·ヒッツ(1965、エピック)
  • グレン·ミラー時間- 1965(1965年、エピック) -グレン·ミラー ·オーケストラと
  • 真珠のネックレス(1966、エピック)
  • 街のスイング・ギャルズ(1966、エピック)
  • トニー·ベネットのグレイテスト·ヒッツ(1966、エピック)
  • そのミッドナイト·タッチ(1967年、プロジェクト3)
  • クレオール・クッキン(1967、ヴァーヴ)
  • 愛のための時間(1968年、プロジェクト3)
  • ボビー/ビリー/ブラジル(1968年、ヴァーヴ) -ビリー・バターフィールドと
  • これは私のバッグです(1968年、プロジェクト3) -ヴィック・ディキンソンと
  • ルーズベルト・グリルでのライブ(1970年、明暗法)

ジャッキー·グリーソンとのアルバム[編集]

  • 恋人だけのための音楽(1952)キャピトルレコード
  • あなたをミスティーにする音楽(1953)キャピトルレコード
  • 音楽、マティーニと記憶(1954)キャピトルレコード
  • 彼女を覚えている曲(1955)キャピトルレコード
  • 彼女の心を変更する音楽(1956)キャピトルレコード
  • 愛の時間のための音楽(1957)キャピトルレコード
  • その瞬間(1959)キャピトルレコード

参照[編集]

外部リンク[編集]