ジョルジュ・ドルリュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルジュ・ドルリュー
Georges Delerue
}
基本情報
出生 1925年3月12日
フランスの旗 フランスルーベ
死没 1992年3月10日(満66歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
ジャンル 映画音楽
職業 作曲家

ジョルジュ・ドルリューGeorges Delerue1925年3月12日 - 1992年3月10日)は、フランス作曲家フランソワ・トリュフォーの主要な映画作品で音楽を担当した他に、様々な巨匠、名匠の映画に作曲した。「ジョルジュ・ドリュリュー」のカタカナ転写は誤り。

略歴[編集]

パリ音楽院ダリウス・ミヨーに師事。1949年音楽院卒、ローマ大賞受賞。1957年ボリス・ヴィアンとの合作で初のオペラ「Le chevalier de neige」を作曲する。短編ドキュメンタリーの仕事の後、1959年アラン・レネの映画『二十四時間の情事』で初めて映画音楽の作曲をする。その後、主な活動の場を映画及びテレビ映画用向けの音楽に置く。フランソワ・トリュフォーとは『ピアニストを撃て』以降、『終電車』、『隣の女』等の作品でコンビを組み、トリュフォーの映画にはなくてはならない存在となった。

また、1970年代以降にはハリウッドにも招かれ、5回アカデミー賞にもノミネートされた。1979年の『リトル・ロマンス』ではヴィヴァルディリュート協奏曲をモチーフとし、フランス人では初のオスカー第52回アカデミー賞オリジナル作曲賞で手にしている。生前作曲した映画数は優に250本を超える。

大の日本びいきで、日本でも仕事があれば喜んで受けると生前述べていたが、飛行機嫌いのため叶わなかった。

作品[編集]

コロンの後の人名は監督

外部リンク[編集]