バート・バカラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バート・バカラック
Burt Bacharach in concert, 2008
Burt Bacharach in concert, 2008
基本情報
出生 1928年5月12日(85歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミズーリ州 カンザスシティ
ジャンル ポピュラージャズ
職業 作曲家
編曲家
ピアニスト
音楽プロデューサー
歌手
担当楽器 ピアノ
共同作業者 ハル・デヴィッド
ディオンヌ・ワーウィック

バート・バカラックBurt Bacharach, 1928年5月12日 - )は、アメリカ合衆国音楽家作曲家編曲家ピアニスト音楽プロデューサー歌手シンガーソングライター)。

ミズーリ州カンザスシティに生まれ、ニューヨーク市クイーンズ区のフォレストヒル地域で育った。ドイツ系ユダヤ人の血をひく。カナダのモントリオールにあるマギル大学Shulich School of Music、ニューヨークのMannes School of Music、サンタバーバラのMusic Academy of the Westで学び、1962年から70年代にかけて、作詞家のハル・デヴィッド(Hal David)とのコンビで多くのヒット曲を作曲した。 2006年の時点において、米国で70曲のトップ40(Top 40)、英国で52曲のトップ40の実績がある。[1] また、アカデミックな作曲技法をダリウス・ミヨーヘンリー・カウエルといった、いわゆる西洋芸術音楽クラシック音楽)の作曲家に師事している。バカラックの作曲のイディオムにあるアカデミックな要素はこのとき培われたものである。

父親は著名なコラムニストであったMark Bertram Bacharach。

概要[編集]

マレーネ・ディートリッヒのステージに同行し、バックのオーケストラの指揮、アレンジ及びピアノを担当したころから注目を集めるようになり、作詞家 ハル・デヴィッドとのコンビにより最盛期を迎えた。 自身でも歌を歌うが、他のアーティストへの楽曲の提供、編曲、プロデュースにおいて、むしろ著名。特に、ディオンヌ・ワーウィックB・J・トーマスダスティ・スプリングフィールドカーペンターズトム・ジョーンズジャック・ジョーンズなどへの楽曲提供が有名。映画音楽でも数々の楽曲を提供し、特にジョージ・ロイ・ヒル (George Roy Hill) 監督の映画明日に向って撃て! (Butch Cassidy and the Sundance Kid) 』の主題歌『雨にぬれても (Raindrops Keep fallin' On My Head) 』はアカデミー主題歌賞を受賞した。

近年はエルヴィス・コステロら他のミュージシャンとのコラボレーションが多かったが、2005年には28年ぶりにソロアルバム「アット・ディス・タイム」をリリースした。

稀代のメロディーメーカーであるとともに、編曲においては、ジャズを出発点としながらもボサノヴァの世界的流行の波に洗われた時代にその影響が作風に反映されモダンな和声と複雑なリズムパターンが独自のバカラックスタイルとして確立、またその楽曲がラテン系アーティストに逆にカバーされる現象ともなった。

しかし'70年代に入るとそういった革新的な作風は影を潜め、寡作ではあるが"Arthur's Theme"(クリストファー・クロス)、"That's What Friends Are For"(ディオンヌ・ワーウィック)、"On My Own"(パティ・ラベル& マイケル・マクドナルド)といった簡素かつ親しみやすい楽曲で時々大ヒットを飛ばした。

惜しむらくは'80年代に入る頃からかつてのブラスストリングスを含むフルオーケストレーションの編曲が求められない時代となり、彼のみならず才能あるアレンジャーの活躍の場が激減した。

1997年の映画「オースティン・パワーズ」ではエルヴィス・コステロとともにカメオ出演をしている(バカラックは1967年の映画「カジノロワイヤル」の音楽を担当している)。

私生活では4回の結婚歴があり、2人目の妻は女優アンジー・ディキンソン、3人目の妻はシンガーソングライターキャロル・ベイヤー・セイガーである。

サラブレッドのオーナーブリーダーでもある。 第1回ドバイワールドカップを勝ったシガー (競走馬)の2着のソウルオブザマターを所有していた。

主な受賞[編集]

アカデミー賞

グラミー賞

日本への関わり・影響[編集]

日本のアーティストへの影響も大きく、山下達郎渋谷系ミュージシャンにおいて、その影響が特に顕著であるとの見方がある(渋谷系#影響源を参照)。

また、アメリカ音楽(1950~70年代のバンド、ジャズ、クラシック等)を作中に頻繁に出すことで知られる村上春樹の初期の短編集『カンガルー日和』(講談社文庫)に、「バート・バカラックはお好き?」という短編が収録された(但し、同作品は『村上春樹全作品1979~1989 5』(講談社)へ収録される際に加筆修正され、「窓」という題名に変更された)。

山下久美子の2003年発売アルバム「歌う女 歌わない女(原題:L'UNE CHANTE L'AUTRE PAS)」に収録された「Paint It Blue」という楽曲が日本人アーティストへの初めての提供曲である。

椎名林檎に「You」という楽曲を提供しており、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 IN EZOにおいて、カバーである「Alfie」と共に初披露された。その後長らく音源化されなかったが、2013年にリリースされた椎名のデビュー15周年記念のコラボレーションベストアルバム「浮き名」に「IT WAS YOU」のタイトルで収録されている。

外部リンク[編集]