マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
セリーヌ・ディオンシングル
収録アルバム レッツ・トーク・アバウト・ラヴタイタニック:ミュージック・フロム・ザ・モーション・ピクチャー
リリース 1997年12月08日 (1997-12-08)
規格 CDシングルレコードミニCDシングルカセットシングル
録音 1997年5月 ウォリーワールド、ザ・ヒット・ファクトリー
ジャンル ポップ
時間 4:40(アルバムバージョン)
5:11 (サウンドトラックバージョン)
レーベル コロムビアエピック
作詞・作曲 ジェームズ・ホーナーウィル・ジェニングス[1]
プロデュース サイモン・フラングレン、ジェームズ・ホーナーウォルター・アファナシエフ
ゴールド等認定

ダイアモンド(フランス)
4xプラチナ(ドイツ)
3xプラチナ(ベルギー)
2xプラチナ(オーストラリア、日本、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、イギリス)
プラチナ(ギリシャ)
ゴールド(オーストリア、アメリカ)

  • プラチナ(着うたフル、日本レコード協会)
セリーヌ・ディオン シングル 年表
ザ・リーズン
(1997年)
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
(1997年)
イモータリティ
(1998年)
テンプレートを表示

マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(: My Heart Will Go On=私の心は生き続ける)は1997年の超大作映画『タイタニック』の主題歌アカデミー歌曲賞を受賞した。作詞はウィル・ジェニングス、作曲はジェームズ・ホーナー、プロデュースはサイモン・フラングレン、ジェームズ・ホーナー、ウォルター・アファナシエフ[2]。そして、歌はセリーヌ・ディオンである[1]。元々は1997年のセリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』でリリースされ、アメリカイギリスオーストラリアなど世界各地でナンバーワンを記録した。1997年12月8日にオーストラリアとドイツ、その他の国では1998年1月2月にそれぞれリリースされた[3]

2007年3月ユナイティッド・ワールド・チャートはこの歌を14番目の「音楽史上最も成功した歌」に認定した。同じく認定された曲に、6番目に認定されたホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー[4]があり、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」はそれ以降ソロの女性の歌手によってリリースされた曲の中で最も成功した歌である。

概要[編集]

ホーナーは、『タイタニック』の挿入歌としてこの曲のモチーフになった曲を数曲作曲/構成した。その後彼は、映画のエンドクレジットで使うフルヴォーカルの曲を作ろうとしていた。ジェームズ・キャメロン監督はそのような歌に消極的であったが、ホーナーは積極的に推進し、ジェニングスが作詞をするにこぎつけた。ホーナーにとってそれを歌う最初の候補がディオンであったが、彼女は最初にこの曲を聞いたときレコーディングしたがらなかった。それは彼女が何年もの歌手活動の間経験したことの無い曲であったためであるが、彼女のマネージャ兼夫であるレネ・アンジェリルがデモ版をレコーディングするよう説得した。ホーナーは、キャメロンに歌を提供できるまで待った。キャメロンは何度かそれを聞いた後、「映画の終わりの宣伝」と批判されることを心配したがそれを使うことを認めた。

ラジオやディオンのアルバムで聞かれる歌は、伴奏無しで一発レコーディングされた。ホーナー、ディオン、ソニーミュージックは「ディオンの声は完璧」と、最初のレコーディングを使用すると決めた。ミュージック・ビデオは、bille Woodruffによって製作され、1997年の終わりにリリースされた。DVDザ・ベリー・ベスト~ビデオ・コレクション~』に収録されている。

ディオンのレッツ・トーク・アバウト・ラヴやタイタニックサウンドトラックに加え、『オ・クール・デュ・スタード〜スタジアム・ライヴ〜』、『ザ・ベリー・ベスト』、『ア・ニュー・デイ…ライヴ・イン・ラス・ヴェガス』など、数枚のアルバムにこの曲「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」が収録されている。

歌の人気の高さにおいては、アメリカとイギリスのいくつかの放送局でこの歌の編集されたバージョンが放送され、映画『タイタニック』でのクライマックスのジャックとローズのやり取りがディオンの歌声の間に挿入された。 後に、2枚目のサウンドトラックアルバム『Back to Titanic』に収録された。

フランスでは、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は「ザ・リーズン」との両面A面シングルとしてリリースされた。

チャート推移[編集]

この「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」はセリーヌ・ディオンの最もヒットした曲となり、また歴史上最も売り上げたシングルの一つでもある。ユナイティッド・ワールド・チャートで世界中でチャートトップに達した他、アメリカのビルボード・ホット100で初登場2週間連続1位を記録したにもかかわらず、ビルボード・ホット100エアプレイでも10週間連続1位を記録した。また、ホット100シングル・セールス部門でも2週間連続1位であった。また68万7000枚の限定版がリリースされるも数週間で完売。アメリカではゴールドに認定された。

ドイツでは、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は、200万枚以上を売り上げ、4xプラチナに認定された。また、イギリス(1,312,551枚)とフランス(1,197,000枚)では100万枚以上を売り、それぞれ2xダイヤモンドとプラチナに認定された。その他の認定は、3xプラチナ:ベルギー(150,000枚)、2xプラチナ:オーストラリア(140,000枚)、オランダ(150,000枚)、ノルウェー(40,000枚)、スイス(100,000枚)、プラチナ:ギリシア(40,000枚)、ゴールド:オーストリア(25,000枚)。日本では「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は2度リリースされた。1998年1月の通常版は20万5300枚を売り上げ、2xプラチナ(20万枚以上)に認定、1998年6月のリミックス版は11万1920枚を売り上げた。それぞれシングルとマキシシングルで発売したためリミックス版はアルバム扱いになり、通常版とは別にゴールド(10万枚)に認定された。

カナダでは輸入版のみでリリースされたにもかかわらず14位に達し、それまでで最も上位に達した輸入版シングルの一つになった。ニュージーランドではプロモーションシングル無しのラジオシングルとしてリリースされたため、第34位より上昇することはなかった。また日本のオリコンチャートでも第34位に達し、洋楽部門では最高1位となった。

[編集]

「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は1997年のアカデミー歌曲賞を受賞、グラミー賞では最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀女性ポップ歌手、Best Song Written Specifically for a Motion Picture or Televisionを総なめにし、1998年のゴールデングローブ賞も受賞した。その他の賞では、ビルボード・ミュージック・アワード ザ・サウンドトラック・シングル・オブ・ザ・イヤー、超大作エンターテイメント賞 for the Favourite Song from a Movie、ビルボード・ラテン・アワード for the First English-language Song to Top Billboard's Hot Latin Tracks Chart、第40回日本レコード大賞特別賞、日本ゴールドディスク大賞ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞、2006年にはThe Hits' 50 Greatest Love Songs 第3位になった。

2006年にFiveの「Britain's Favourite Break-up Songs」という番組で行われた投票では、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」は第10位にランクし、Songs of the Centuryに認定された。1998年に世界中でベストセラーになったシングルとしてイギリスで「best-selling singles ever in the UK」になった。またAFI's 100 Years... 100 Songsの第14位にもランクし、アメリカ映画史上最も偉大な100曲として紹介された。

この曲がリリースされたときの人気の高さ故、この曲はセリーヌ・ディオンの代表曲であるといえる。また、他の2つの映画サウンドトラック、『ボディガード』よりホイットニー・ヒューストンの「オールウェイズ・ラヴ・ユー」と、『ロビン・フッド』よりブライアン・アダムスの「アイ・ドゥ・イット・フォー・ユー」の3曲は1990年代を代表するラヴ・バラードであるといわれている。

影響[編集]

この曲の世界的な大ヒット以降、多くの映画スタジオやレコード・レーベルがこの曲のインパクトを真似ようとした。「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」以前にも多くのサンド・トラックシングルがヒットしていたが、その後『アルマゲドン』よりエアロスミスの「ミス・ア・シング」、『パール・ハーバー』よりフェイス・ヒルの「永遠に愛されて〜パール・ハーバー愛のテーマ〜」などがその後を追った。それぞれ『タイタニック』のテーマと同様、悲劇のラヴバラードをベースに作られ、それなりにヒットしたが、「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」ほどの成功ではなかった。

作曲者のホーナー自身はその後『ビューティフル・マインド』、『アンドリューNDR114』、『パーフェクト・ストーム』などで映画のテーマから作曲する彼の手法を繰り広げた。

収録曲[編集]

ヨーロッパ版CDシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 – 4:33

ヨーロッパ版CDシングル#2

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21

フランス版CDシングル

  1. ザ・リーズン」 – 5:01
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40

フランス版CDシングル#2

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「サウサンプトン」 – 4:02

フランス版CDシングル#3

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21

日本版CDシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04

イギリス版カセットシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「アイ・ラヴ・ユー」 – 5:30

アメリカ版CDシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「ローズ」(インストロメンタル) – 2:52

オーストラリア/ブラジル/ヨーロッパ/イギリス/韓国版CDマキシシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 – 4:33
  3. めぐり逢えたら・愛のテーマ」 – 4:19
  4. 「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」 – 4:04

オーストラリア版CDマキシシングル#2

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
  3. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18
  4. ミスレッド」(シリアス・ミックス) – 4:59
  5. ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ」(アンダーグラウンド・ヴォーカル・ミックス) – 7:10

ブラジル版CDマキシシングル#2

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(クカズ・ラジオ・エディット) – 4:22
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・エディット) – 4:21
  3. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・エディット) – 4:15
  4. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・ボーカル) – 9:41

ヨーロッパ版CDマキシシングル#2/イギリス版12"レコードシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 – 4:40
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
  3. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
  4. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18

日本/韓国版CDマキシシングル

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ミックス) – 4:21
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ミックス) – 4:15
  3. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション) – 4:18
  4. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・クラブ・ミックス) – 10:04
  5. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・アンシンカブル・エピック・ミックス) – 9:53

イギリス版CDマキシシングル#2

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(サウンドトラック・バージョン) – 5:11
  2. ハヴ・ア・ハート」 – 4:12
  3. ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート」 – 5:55
  4. 哀しみのハートビート」 – 4:32

公式編曲版[編集]

  1. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ラジオ・ミックス) – 4:15
  2. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ラヴ・ゴー・オン・ミックス) – 4:58
  3. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・ゴー・オン・ビート) – 5:10
  4. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(リッチー・ジョーンズ・アンシンカブル・クラブ・ミックス) – 10:04
  5. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モラン・ラジオ・ミックス) – 4:21
  6. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(トニー・モランズ・アンセム・ボーカル) – 9:41
  7. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ボーナス・ビート) – 3:31
  8. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ラジオ・ミックス) – 4:18
  9. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ラジオ・ミックス・パーキャッペラ) – 4:16
  10. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ソウル・ソリューション・ドラマ・アット・ザ・シー) – 8:54
  11. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・ペニー・ホイッスル・ダブ) – 3:23
  12. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(マット・アンド・ヴィトーズ・アンシンカブル・エピック・ミックス) – 9:53
  13. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(クカズ・ラジオ・エディット) – 4:22
  14. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(ムービー・ダイアログ) – 4:41
  15. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(サウンドトラック・バージョン) – 5:11
  16. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(オールタネート・オーケストラ・バージョン) – 5:51
  17. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(TVトラック) – 3:12
  18. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(オフボーカル) – 4:41
  19. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(アルバム・バージョン) – 4:40

チャート[編集]

チャート (1997年) 最高位
オーストラリア・シングル・チャート 1 (4週)
ドイツ・シングル・チャート 1 (13週)
チャート (1998年) 最高位
アルゼンチン・シングル・チャート 1 (2週)
オーストリア・シングル・チャート 1 (4週)
ベルギーワロン地域・シングル・チャート 1 (10週)
ベルギーワロン地域・有線チャート 1
ベルギーフランドル地域・シングル・チャート 1 (7週)
ベルギーフランドル地域・有線チャート 1
ブラジル・シングル・チャート 1
カナダ・シングル・チャート 14
カナダ・アダルト・コンテンポラリー・チャート 1
カナダ・コンテンポラリー・ヒット・ラジオ・チャート 1
チリ・シングル・チャート 1
コロンビア・シングル・チャート 1
デンマーク・シングル・チャート 1 (10週)
オランダ・メガ・シングル・トップ100チャート 1 (11週)
オランダ・トップ40チャート 1 (10週)
オランダ・メガ・トップ50チャート 1 (10週)
ヨーロッパ・シングル・チャート 1 (17週)
フィンランド・シングル・チャート 1 (1週)
フランス・シングル・チャート 1 (13週)
ギリシャ・シングル・チャート 1
アイルランド・シングル・チャート 1 (6週)
チャート (1998年) 最高位
イタリア・シングル・チャート 1 (10週)
日本オリコンシングルチャート 34
日本Tokio Hot 100ラジオチャート 1
ラトビア・シングル・チャート 1 (6週)
メキシコ・シングル・チャート 1
ニュージーランド・シングル・チャート 34
ノルウェー・シングル・チャート 1 (10週)
ペルー・シングル・チャート 1
ポーランド30トン・チャート 1
ポーランド・ラジオ3チャート 2
スペイン・シングル・チャート 1 (2週)
スウェーデン・シングル・チャート 1 (11週)
スイス・シングル・チャート 1 (15週)
イギリス・シングル・チャート 1 (2週)
アメリカ・ビルボード・ホット100 1 (2週)
アメリカ・ビルボード・ホット・アダルト・コンテンポラリー
・トラック
1 (10週)
アメリカ・ビルボード・トップ40メインストリーム 1 (10週)
アメリカ・ビルボード・ホット・ラテン・トラック 1 (1週)
アメリカ・ビルボード・ホット・ラテン・トップ・エアプレイ 1 (4週)
アメリカ・ビルボード・ラテン・トロピカル・エアプレイ 2
アメリカ・ビルボード・ホット・アダルト・トップ40トラック 3
アメリカ・ビルボード・リズミック・トップ40 3
アメリカ・ARCウィークリー・トップ40 1 (6週)
ワールド・シングル・チャート 1 (16週)
ベネズエラ・シングル・チャート 1

カヴァー[編集]

  • 後に映画アルバム用にニール・ダイアモンドによってレコーディングされた。
  • サラ・ブライトマンは「Il Mio Cuore Va.」という名でこの曲のイタリア語バージョンを彼女のアルバム『エデン』に収録。同曲はセガ競馬メダルゲームSTARHORSE3』で使用されている。
  • 1998年に、サンディー&ジュニアのサンディーはこの曲のカヴァーとポルトガル語バージョンを編成した。
  • ニュー・ファウンド・グローリーはカヴァーをEP「From the Screen to Your Stereo」に収録した。
  • ケニー・Gはインストゥメンタル・カヴァー・バージョンをレコーディングした。
  • ドイツのポップソウル歌手、サラ・コナーはシングル「Living to Love You」で「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」を取り入れた。
  • エリックD.スナイダーは一度、タイタニックのパロディーの監督をした際に「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のパロディーを披露した。
  • アル・ヤンコビックはコンサートに限り「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」のパロディーを「フリー・デリバリー」する宣言をした。
  • ビッグ・ダディー・バンドは2000年、アップビートなカバー/パロディーを「The Best of Big Daddy」というアルバムに収録した。
  • 葉蒨文(サリー・イップ)はこの曲を中国語広東語)でカヴァーした。
  • ギタリストのニール・ショーンはこの歌のカヴァーを彼のアルバム『Voice』に収録した。
  • ジェームズ・ゴールウェイはインストゥメンタル・カヴァー・バージョンを彼のアルバム『Love Song』に収録した。
  • ティナ・アリーナは彼女のコンサートで多くの持ち歌の1つとしてこの曲を披露した。
  • マイケル・ボールはこの歌のカヴァー・バージョンを彼のアルバム『Movies』に収録した。
  • ヒットショー『アメリカン・アイドル』のシーズン2でキンバーリー・ロックが、シーズン3でダイアナ・デガーモがこの曲を歌った。
  • パキスタン人のポップ・ロック女性歌手ハディカ・キヤニ(حدیقہ کیانی)は彼女の楽曲「Aao Phir Eik Baar」でこの曲のビデオを使用した。
  • 2007年9月、日本でリリースされたトリビュートアルバム『セリーヌ・ディオン・トリビュート』の中で伊藤由奈がこの曲をカヴァーしている。
  • ラウンジ歌手「Bobby Bittman」として名を馳せるユージン・レヴィは、ライブショーのために「My Act Will Go On」と名付けられ皮肉ったパロディーをレコーディングした。
  • 1999年、英ロンドンのオーケストラに所属するホルン奏者たちによって「Titanic Fantasy」と題され、他の劇中音楽とともに112本のフレンチホルン、および打楽器のためにインストゥルメンタル・カヴァーされた。
  • alanはコンサート「alan 2nd concert - alan symphony 2010」東京公演(2010年7月24日)および「alan JAPAN PREMIUM BEST & MORE LIVE 2011」にてこの曲のカヴァー(英語歌詞)を披露した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 137. ISBN 1-904994-10-5. 
  2. ^ http://www.grammy.com/videos/41st-annual-grammy-awards-record-of-the-year
  3. ^ Glatzer, Jenna (2005). Céline Dion: For Keeps. Andrews McMeel Publishing. ISBN 0-7407-5559-5. 
  4. ^ 14th most successful song in history

外部リンク[編集]

先代:
アクア
ドクター・ジョーンズ
イギリスシングルチャート第1位 (第1期)
1998年2月15日
次代:
コーナーショップ
ブリンフル・オブ・アシャ
アイルランドシングルチャート第1位
1998年2月14日 - 1998年3月21日
次代:
Run-D.M.C. vs ジェイソン・ネビンス
イッツ・ライク・ザット
オーストラリアARIAシングルチャート第1位
1998年2月15日 - 1998年3月8日
先代:
ジャネット・ジャクソン
トゥギャザー・アゲイン
United World Chart第1位
1998年2月28日 - 1998年6月13日
次代:
ブランディ&モニカ
ザ・ボーイ・イズ・マイン
先代:
アッシャー
ナイス・アンド・スロウ
ビルボードホット100第1位
1998年2月28日 - 1998年3月7日
次代:
ウィル・スミス
ゲッティン・ジギー・ウィット・イット
先代:
ナタリー・インブルーリア
トーン
ベルギーシングルチャート第1位 (第1期)
1998年3月7日 - 1998年3月14日
次代:
DJ Visage
「フォーミュラ」
先代:
マドンナ
フローズン
イギリスシングルチャート第1位 (第2期)
1998年3月8日
次代:
Run-D.M.C. vs ジェイソン・ネビンス
イッツ・ライク・ザット
先代:
セリーヌ・ディオン
ザ・リーズン
フランスシングルチャート第1位
1998年3月28日 - 1998年5月2日
次代:
リッキー・マーティン
La Copa De La Vida
先代:
DJ Visage
「Formula」
ベルギーシングルチャート第1位 (第2期)
1998年4月18日 - 1998年5月16日
次代:
ステップス
ラスト・シング・オン・マイ・マインド
受賞
先代:
エビータ
ユー・モスト・ラヴ・ミー
アカデミー歌曲賞
1997年
次代:
プリンス・オブ・エジプト
ホエン・ユー・ビリーヴ
先代:
エビータ
ユー・モスト・ラヴ・ミー
ゴールデングローブ賞 主題歌賞
1997年
次代:
クエスト・フォー・キャメロット
ザ・プレイヤー
先代:
アクア
ドクター・ジョーンズ
イギリスメインストリーム
2月15日 - 3月8日 - 3週
次代:
デスティニーズ・チャイルド
ノー・ノー・ノー