アルフレッド・ニューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・ニューマン
Alfred Newman
基本情報
出生 1900年3月17日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コネティカット州ニューヘイブン
死没 1970年2月17日(満69歳没)
ジャンル 映画
職業 作曲家

アルフレッド・ニューマンAlfred Newman, 1900年3月17日 - 1970年2月17日)は、アメリカ合衆国映画音楽作曲家コネティカット州ニューヘイブン出身。

経歴[編集]

10人兄弟の長子として生まれる。5歳のときからピアノを弾き始め、家族を支えるためにレストランや劇場で演奏するようになる。20歳の時にニューヨークに移り、ブロードウェイで音楽監督として活躍するようになる。1930年にアーヴィング・バーリンと共にハリウッドに移り、映画音楽を手がけるようになる。

1937年から1970年まで、実に45回もアカデミー賞にノミネートされ、そのうち9回受賞した。特に1940年には4本の異なる映画でノミネートされている。若き日からその才能を見出され、チャールズ・チャップリンから『街の灯』の作曲の依頼を受ける。さらに彼は大プロデューサーダリル・F・ザナックの依頼で20世紀フォックスのスタジオ・ロゴのためのファンファーレを作曲したことで知られ、その出来に大変満足され現在でも使われている。その後一時MGMに所属し、そこでも大プロデューサーデヴィッド・O・セルズニックの依頼で彼のプロデューステーマを作曲し期待に応える。これは、MGMの不朽の名作『風と共に去りぬ』のオープニングでタラのテーマの前に聞くことができる。(20世紀フォックスが誇るSF大作『スター・ウォーズ・シリーズ』のサントラにおいて、のちにメインテーマの前に劇場さながらフォックスのファンファーレが収録される。)

また、20世紀フォックスで音楽部長として活躍し、晩年に『大空港』の音楽を作曲するなど、死の直前まで活動的であった。作品は第二次世界大戦時のニュース映画を含め、200本以上にのぼる映画音楽界の伝説の巨匠である。

弟のライオネルエミール、息子のデヴィッドトーマス、また甥のランディらも映画音楽の作曲家として活躍しており、「ニューマン・ファミリー」と総称されている。

主な作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1939年 アカデミー音楽賞:『世紀の楽団
1941年 アカデミー音楽賞:『Tin Pan Alley
1944年 アカデミードラマ音楽賞:『聖処女
1948年 アカデミーミュージカル音楽賞:『Mother Wore Tights
1953年 アカデミーミュージカル音楽賞:『わが心に歌えば
1954年 アカデミーミュージカル音楽賞:『Call Me Madam
1956年 アカデミー劇・喜劇映画音楽賞:『慕情
1957年 アカデミーミュージカル映画音楽賞:『王様と私
1968年 アカデミー音楽賞:『キャメロット
ノミネート
1938年 アカデミー作曲賞 『ハリケーン』、『ゼンダ城の虜
1939年 アカデミー音楽賞:『華麗なるミュージカル
1939年 アカデミーオリジナル音楽賞:『牧童と貴婦人
1940年 アカデミー音楽賞:『ノートルダムの傴僂男』、『かれらに音楽を
1940年 アカデミー作曲賞:『雨ぞ降る』、『嵐が丘
1941年 アカデミー作曲賞:『快傑ゾロ
1942年 アカデミードラマ音楽賞:『教授と美女』、『わが谷は緑なりき
1943年 アカデミードラマ音楽賞:『海の征服者
1943年 アカデミーミュージカル音楽賞:『My Gal Sal
1944年 アカデミーミュージカル音楽賞:『Coney Island
1945年 アカデミードラマ音楽賞:『ウィルソン
1945年 アカデミーミュージカル音楽賞『Irish Eyes Are Smiling
1946年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『王国の鍵
1946年 アカデミーミュージカル音楽賞:『ステート・フェア
1947年 アカデミーミュージカル音楽賞:『Centennial Summer
1948年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『征服への道
1949年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『蛇の穴
1949年 アカデミーミュージカル音楽賞:『When My Baby Smiles at Me
1950年 アカデミー歌曲賞:『星は輝く』(『Through a Long and Sleepless Night』) ※作曲
1951年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『イヴの総て
1952年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『愛欲の十字路
1952年 アカデミーミュージカル音楽賞:『南仏夜話・夫は僞者
1955年 アカデミーミュージカル音楽賞:『ショウほど素敵な商売はない
1956年 アカデミーミュージカル映画音楽賞:『足ながおじさん
1957年 アカデミー劇・喜劇映画音楽賞:『追想
1959年 アカデミーミュージカル映画音楽賞:『南太平洋
1960年 アカデミー劇・喜劇映画音楽賞:『アンネの日記
1960年 アカデミー歌曲賞:『大都会の女たち』(『The Best of Everything』) ※作曲
1962年 アカデミーミュージカル映画音楽賞:『フラワー・ドラム・ソング
1964年 アカデミー作曲賞:『西部開拓史
1966年 アカデミー作曲賞:『偉大な生涯の物語
1971年 アカデミー作曲賞:『大空港

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1971年 作曲賞:『大空港』

外部リンク[編集]