クリストファー・クロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストファー・クロス
}
基本情報
出生名 Christopher Charles Geppert
出生 1951年5月3日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州サンアントニオ
ジャンル AOR
職業 シンガーソングライター
活動期間 1979年 - 現在
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
公式サイト christophercross.com/

クリストファー・クロスChristopher Geppert Cross1951年5月3日 - )は、アメリカ合衆国 テキサス州 サンアントニオ生まれのシンガーソングライター。 トレードマークはフラミンゴ

経歴[編集]

1979年アルバム『Christopher Cross』(邦題『南から来た男』)でデビュー。デビュー時はコンサートもせず、素顔を公開していなかった。これはクリストファー自身の意向によるものであった。 天使のようなハイトーンボイスで一躍AORを代表する歌手となる。 同アルバムとシングルSailing(セイリング)』は1980年グラミー賞の五部門を独占。とくに主要四部門(最優秀アルバム賞:Album of the Year、最優秀レコード賞:Record of the Year、最優秀楽曲賞:Song of the Year、最優秀新人賞:Best New Artist)の同時受賞はグラミー賞史上初の出来事だった(最後の最優秀新人賞を同時に受賞することが難しい。後に2002年のグラミー賞でノラ・ジョーンズが達成したが、最優秀楽曲賞は作曲者であるジェシー・ハリスに送られたため、同一人物での同時受賞は2013年現在もクリストファー・クロス一人である)。この曲は、ビルボード(Billboard)誌で1980年8月30日に週間ランキング第1位を獲得。1980年ビルボード誌年間ランキングでは、第32位。翌年にはスティーブ・ゴードン(Steve Gordn)監督・脚本の映画ミスター・アーサー(Arthur)」の主題歌「ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur's Theme (Best That You Can Do))」でアカデミー歌曲賞バート・バカラックキャロル・ベイヤー・セイガーピーター・アレンとともに受賞。「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」は、ビルボード(Billboard)誌で1981年10月17日に週間ランキング第1位を獲得。1981年ビルボード誌年間ランキングでは、第12位。この曲は日本でも馴染みの深いナンバーである。

5歳~9歳の幼少期に、軍医だった父親の仕事の関係で日本(東京代々木)に住んでいたことがある。

ディスコグラフィ[編集]

アルバムと主なコンピレーション[編集]

※ は日本盤未発売。

  • 1979年 『Christopher Cross』(邦題『南から来た男』)
  • 1983年 『Another Page』
  • 1985年 『Every Turn Of The World』
  • 1988年 『Back Of My Mind』
  • 1993年 『The Best of Christopher Cross』
  • 1992年 『Rendezvous』
  • 1994年 『Window』
  • 1998年 『Walking in Avalon』
    • オリジナルアルバムとライブレコーディングの2枚組。日本では同年に『ウォーキング・イン・アヴァロン』、『A Night with Christopher Cross -Best Hits Live-』のタイトルで分売。1999年には本国アメリカでも『Greatest Hits Live』、2000年に『Red Room』と改題して分売された。
  • 2002年 『The Very Best of Christopher Cross』※
  • 2002年 『Definitive Christopher Cross』
    • 同じタイトルで選曲の違う2種類のベストアルバムが存在する。
  • 2007年 『A Christopher Cross Christmas』※
    • 2010年に『Christmas Time Is Here』※と改題して再発。
  • 2008年 『The Café Carlyle Sessions』※
  • 2011年 『Doctor Faith』 ※
  • 2013年 『A Night in Paris』 ※
    • ライブアルバム。

シングル[編集]

日本で発売された主な作品を掲載。

  • 1980年『風立ちぬ(Ride Like The Wind)』
  • 1980年『セイリング』
  • 1980年『セイ・ユール・ビー・マイン』
  • 1980年『マリー・アン』
    • 「世界歌謡祭」エントリー曲。日本盤のみ発売。
  • 1981年『ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur's Theme (Best That You Can Do))』
  • 1983年『オール・ライト』
    • オリコン最高24位。
  • 1983年『悲しきメモリー(No Time for Talk)』
  • 1983年『忘れじのローラ(Think of Laura)』
  • 1984年『チャンス・フォー・ヘヴン』
  • 1985年『チャーム・ザ・スネイク』
  • 1985年『ターン・オブ・ザ・ワールド(Every Turn of the World)』
  • 1985年『ラヴ・イズ・ラヴ』
  • 1986年『ラヴィング・ストレンジャーズ』
  • 1988年『流されて(Swept Away)』
  • 1988年『アイ・ウィル』
  • 1991年『瞳のきらめき(In The Blink Of An Eye)』
  • 1992年『イズ・ゼア・サムシング』
  • 1994年『ウィッシング・ウェル』
  • 1994年『オープン・アップ・マイ・ウインドウ』

サウンドトラック、コンピレーションへの参加[編集]

  • 1981年 映画『ミスター・アーサー』オリジナル・サウンドトラック
    • 「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」収録。
  • 1984年 ドラマ『The A-Team』サウンドトラック ※出典:SoundtrackCollector
    • 忘れじのローラ」収録。
  • 1984年 「1984年第23回オリンピック・オフィシャル・ミュージック・アルバム L.A.オリンピック公式アルバム」
    • 「チャンス・フォー・ヘヴン」収録。
  • 1986年 映画『ナッシング・イン・コモン』オリジナル・サウンドトラック
    • 「ラヴィング・ストレンジャーズ」収録。
  • 1993年 『Mid-Summer Blossoms 3』
    • 「ワン・デイ」「クリスマス・タイム・フォーエヴァー」収録。
  • 1997年 『アプローズ~トリビュート・トゥ・バート・バカラック~』
    • 「ウォーク・オン・バイ」収録。
  • 2003年 『ラブ・ストーリー~小田和正ソングブック~』
    • 「さよなら」収録。
  • 2003年 『シンシアリー2~竹内まりやソングブック~』
    • 「ノスタルジア」収録。

日本公演[編集]

外部リンク[編集]