ケセラセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケセラセラ(Que sera sera/ケ・セラ・セラ)は、スペイン語に由来するフレーズ。文法的には不正確な、一種のブロークン成句である。

「なるようになる」の意。英語では「Whatever Will Be, Will Be」。

楽曲[編集]

作詞・作曲:ジェイ・リビングストン(Jay Livingston) & レイ・エバンズ(Ray Evans)

アルフレッド・ヒッチコック監督の映画『知りすぎていた男』(1956年)でアメリカ女優・歌手ドリス・デイが歌った曲。ペギー葉山による日本語詞(訳詞:音羽たかし)や、テレサ・テンによる中国語詞(タイトル 『世事多變化』 )もある。

アニメーション映画『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999年平成11年))では、挿入歌として出演声優が歌唱した(名義:山田家の人々 & 藤原先生とクラスメート、ジブリ混声合唱団)。

その他[編集]

  • Whatever Will Be, Will Be(なるようになるだろう)を スペイン語とその姉妹語に訳すと下記の通りになる。
  • 楽天的なラテン気質を表している。

関連項目[編集]