ペギー葉山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペギー葉山
基本情報
出生名 小鷹狩 繁子
(こたかり しげこ)
出生 1933年12月9日(80歳)
出身地 日本の旗 日本東京都新宿区
血液型 A型
学歴 青山学院女子高等部
(現・青山学院高等部
ジャンル ジャズ
歌謡曲
職業 歌手
タレント
担当楽器
活動期間 1952年 -
レーベル キングレコード
事務所 東和商会太田事務所
公式サイト ペギー葉山の公式サイト

ペギー葉山(ペギーはやま、本名:森 繁子(もり しげこ)、旧姓:小鷹狩(こたかり)、1933年12月9日 - )は、東京都新宿区出身の日本女性歌手タレント社団法人日本歌手協会7代目会長(後に名誉会長)。青山学院女子高等部(現:青山学院高等部卒業1952年キングレコードよりレコードデビュー

略歴[編集]

東京・四谷生まれ。幼少時から歌が好きだったことから、青山学院中学部(現青山学院中等部)在学中に内田るり子に師事し声楽を習い、音大進学を志す。しかし次第にFEN放送(現・AFN)から流れるアメリカのポピュラー音楽へ関心を深めていき、青山学院女子高等部(現青山学院高等部)2年の時に映画『我が道を往く』を観た際、劇中で主演のビング・クロスビーが歌う「アイルランドの子守唄」に感動、クラシックからポピュラー・ジャズへの転向を決意。

ほどなく友人の紹介から進駐軍のキャンプで歌い始め、その歌を見込んだティーブ・釜萢の口利きで、当時の一流ビッグバンドである渡辺弘とスター・ダスターズの三代目専属歌手として活躍する。

学校卒業後の翌1952年11月キングレコードから「ドミノ/火の接吻」を発売し、レコードデビュー。1954年には「第5回NHK紅白歌合戦」に紅白歌合戦初出場を果たす。渡辺弘とスター・ダスターズの専属解除後の1955年2月には初渡米。各地で歌い、盛況を博す。

1958年ミュージカル『あなたの為に歌うジョニー』で芸術祭個人奨励賞受賞。翌1959年には「南国土佐を後にして」の空前の大ヒットで、ジャズ/ポピュラー界だけではなく歌謡界においても、その地位を不動のものにする。

1960年オーストラリア/ゼネラルテレビの招きで、テレビ番組『今宵のメルボルン』に1か月間レギュラー出演する。

同年の8月にはロサンゼルスの日米修好百年祭に日本人代表として招かれる。この際にミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』を鑑賞。帰国後、自身の作詞で同ミュージカルの劇中歌「ドレミの歌」をペギー自身の訳詞で紹介した。ペギーの訳詞・歌唱による「ドレミの歌」はNHK「みんなのうた」でも使用され、音楽教科書にも掲載されるなど、広く知られている。

しかし、生来病弱であったことに加え、その人気による過密スケジュールから、1963年気胸を患い半年間の療養を余儀なくされたが、病気療養中に「ラ・ノビア」もヒットしたことも幸いし、ブランクをものともせず無事復帰した。また、復帰翌年の1964年には「学生時代」がロングセラーとなり、人気の健在ぶりを示した。

1965年に俳優の根上淳と結婚、1968年には長男を出産している。根上とは、芸能界きってのおしどり夫婦で知られ、1998年に根上が糖尿病合併症から来る脳梗塞で倒れてから2005年に亡くなるまで歌手業の傍ら在宅介護を続けた。

タレントとしての活動も多くこなし、知られているものではNHK紅白歌合戦の紅組司会(1966年の「第17回NHK紅白歌合戦」)や「歌はともだち」(NHK)の司会に、「ひらけ!ポンキッキ」(フジテレビ)のしつけコーナー、「ウルトラマンタロウ」のウルトラの母の人間体である緑のおばさんとしても知られる。

1974年には司馬遼太郎に続き、2人目となる高知県名誉県人の称号を贈られた。また、ペギーが歌手生活60周年を迎えた2012年には高知市はりまや橋公園に「南国土佐を後にして」の歌碑が設置され、ペギーも除幕式に出席した[1]

1991年、『It's Been A Long Long Time』(キングレコード)の録音でハンク・ジョーンズケン・ペプロウスキーと共演した。

1995年紫綬褒章2004年には旭日小綬章をそれぞれ受章。

2007年6月からは、青木光一の後を継ぎ、社団法人日本歌手協会7代目会長に就任し、2010年6月末日まで務めた。一般社団法人移行後は理事職。2014年6月には、田端義夫・青木光一に次ぎ3人目となる名誉会長に就任している。

2010年に発売した「夜明けのメロディー」(ラジオ深夜便のうた)は、『ラジオ深夜便』で初オンエアされて以来リスナーを中心に高く評価され、1971年発売の「雲よ風よ空よ」以来約40年ぶりのオリコンチャートインを果たす快挙を成し遂げた。また、登場回数も30回にせまりロングランも記録している。

その他、NHK「みんなのうた」等でも歌声を聴かせている。

歌手としての活動のほか、日本歌手協会役員としての業務、亡夫の介護体験をもとにした講演など多方面で活動中。デビューから60年を迎えてもなお、第一線で活躍し続けている。

エピソード[編集]

  • 生まれたのは1933年11月9日だが、当時同居していた祖父が出生届を引き出しに入れたまま出し忘れたことから戸籍上の出生日は1933年12月9日となった。このことから幼少時は誕生日プレゼントを2度貰っていた。
  • 父方・小鷹狩家の先祖は広島藩主浅野家の家老職を勤めたこともある由緒ある家系。また母方の祖父は白虎隊の生き残りである[2]。なお父方の叔母は能楽師・粟谷益二郎(粟谷家は元広島藩お抱え能楽師であった)と結婚し、粟谷菊生の母となったのでペギーと粟谷はいとこ同士になる[3]
  • 両親も広島の出身で[4]、戦争中、父方の実家がある広島に疎開する予定だったが、直前に父・明が「広島の近くはという軍港もあるし、海の近くより山奥の方が安全だろう」と急遽集団疎開に切り替え、福島県石城郡大野村(現在のいわき市)に疎開し原爆被災を免れた[4]。しかし父方の祖父は被爆死し原爆投下1か月後に白骨化した状態で発見された。
  • 作曲家の古賀政男とは家が隣同士であったことから家族ぐるみで交流があった。ペギーの長男誕生祝いに古賀は曲を書き下ろし贈ったが当時はレコード会社の違いなどの事情もあり、世に出すことは叶わず譜面も紛失し幻の曲となっていた。しかし古賀の生誕100年の年だった2003年にペギーが書棚を整理した際に発見、コンサートで披露。好評であったことに加え、当時クリアできなかった権利問題もクリアできたことからCD化されている。
  • 芸名の由来だが、"ペギー"は友人宅の混線電話がきっかけで親しくなったテレホン・フレンドのアメリカ人から「君の声はペギーという感じだ」と言われたことから、"葉山"は進駐軍廻りの際に一緒にアルバイトしていた学生に「長谷川一夫フランク・シナトラ…芸能人にとって、ハ行は縁起がいい。」と言われ、「確かにその通り。ペギーだけでは苗字が無いし、それなら何か…」ととっさに思いついたのが葉山であったことからである。ただ、芸名の由来となったペギーの愛称を付けたアメリカ人とは一度も会ったことが無いそうである。
  • 当時、巡業等で地方へ行くとペギー葉山ではなく、ペリー葉山ペンギン葉山ペジー葉山といった誤記が多数あった。
  • 代表曲「学生時代」(平岡精二作詞・作曲)はペギー自身の学生時代がモデルである。当初曲名は「大学時代」だったが「自分は大学へは行っていないから」と現在のタイトルへと改めてもらった。同歌の歌詞中に出てくる「蔦のからまるチャペル」とは、青山学院青山キャンパス内にある国の登録有形文化財のベリーホール内にあるチャールズ・オスカー・ミラー礼拝堂のことである。同建物の前には、「学生時代」の歌碑が2009年に建立され、ペギーも除幕式に出席している。
  • ペギーが自身で訳詞も手がけ、後に音楽の教科書にも掲載されるなど広く親しまれている「ドレミの歌」について、ペギーは後に「(『サウンド・オブ・ミュージック』の)第1幕終了後の休憩時間に、客が皆ロビーで「ドレミの歌」を口ずさんでおり、その光景を見ながら『この歌に日本語の詞を付け、お土産に持ち帰ろう』と思わずにはいられなかった」、「終演後、劇場の売店で購入したヴォーカルスコアとオリジナルのLP盤を大事に抱えて、ホテルにまっしぐらで帰り、辞書と原譜とにらめっこ。先ずドレミの『ド』はドーナツのド。幼い頃大好きだった母の手作りおやつが浮かんで、戦時中の集団疎開で空腹な時、一番食べたかった。最高のおやつでした。子供の好きな食べ物でまとめよう!そう思いますが、『ファ』で行き詰まりました。発想を転換し、易しく考えてみたら、浮かびました。そうだ、『ファ』ではファイト、『シ』は幸せ、出たア!『ドレミの歌』の誕生です。今も摩天楼に朝の光が差し込む風景を覚えていますよ。」と語っている[5]
  • 「ドレミの歌」の歌詞は当初、すべて食べ物にしようとしていたが(ミはミカンなど)、「ファ」で始まる食べ物がファンタ炭酸飲料)しか思いつかず、商品名(商標名)になるため断念した[6]というエピソードがある。また、2番の詞は、レコード化される際に新たに付け加えられたものであり、ペギーが東北地方へコンサートに出かけた際に、車窓から小学校で運動会の予行演習をしていた子供たちの姿を見て、歌詞にしたものである[6](英語原詞には2番は存在しない)。
  • ペギーは「ドレミの歌」の日本語詞を作詞したことが縁となり、1995年(平成7年)にNHKのテレビ番組「世界・わが心の旅」で、当時存命中であったトラップ家の人々との対面が実現した[7]
  • 1966年の「第17回NHK紅白歌合戦」で、ペギーは紅組司会を務めたものの、歌手として出場することはできなかった。これは、当時のNHKの「例え歌手であっても司会に専念してもらう」という方針のためである(九重佑三子も同様)。
  • 好角家であり、砂かぶり席で観戦している様子が、度々NHKの大相撲中継の際に確認されている。
  • 戦前からの宝塚歌劇の大ファンで特に葦原邦子とは葦原ママと慕い、親子のような親しい関係を築いていた。

代表曲[編集]

アルバム[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

1966年第17回NHK紅白歌合戦は紅組司会を務めたが、当時のNHKの意向により出場歌手には非選出。また、1967年第18回NHK紅白歌合戦も妊娠中だったため出演していない。

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1954年(昭和29年)/第5回 月光のチャペル 09/15 笈田敏夫(1)
1955年(昭和30年)/第6回 2 マンボ・イタリアーノ 07/16 笈田敏夫(2)
1956年(昭和31年)/第7回 3 ケ・セラ・セラ 13/25 山形英夫
1957年(昭和32年)/第8回 4 シャンテ・シャンテ 21/25 旗照夫(1)
1958年(昭和33年)/第9回 5 年頃ですもの 19/25 笈田敏夫(3)
1959年(昭和34年)/第10回 6 南国土佐を後にして 12/25 フランク永井(1)
1960年(昭和35年)/第11回 7 マンマ 25/27 フランキー堺
1961年(昭和36年)/第12回 8 ブリア 12/25 フランク永井(2)
1962年(昭和37年)/第13回 9 トゥナイト 20/25 アイ・ジョージ
1963年(昭和38年)/第14回 10 女に生れて幸せ 21/25 旗照夫(2)
1964年(昭和39年)/第15回 11 ラ・ノビア 15/25 フランク永井(3)
1965年(昭和40年)/第16回 12 学生時代 18/25 ボニー・ジャックス
1968年(昭和43年)/第19回 13 愛の花咲くとき 03/23 千昌夫
1989年(平成元年)/第40回 14 南国土佐を後にして(2回目) 第1部に出演 (対戦相手なし)

(注意点)

  • 1989年の紅白第1部は、「紅白40年特別企画」として行われたものである。従って、通常の紅白歌合戦とは異なる取り扱いがなされており、曲順も男女交互という形ではなかった。
  • 対戦相手の歌手名の()内の数字はその歌手との対戦回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。

出演作品[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

賞歴[編集]

著作[編集]

  • わが心に歌えば(主婦と生活社・1975年10月
  • 代々木上原めおと坂(夫/根上淳との共著・立風書房・1987年4月
  • 歌う看護婦 夫を在宅介護 愛とバトルの二千日(光文社2004年9月

その他[編集]

サウンドオブミュージックに出演[編集]

全国公演のブロードウェイミュージカルに修道院長役で昨年に引き続き出演する。

脚注[編集]

  1. ^ ペギー葉山感激 高知で「南国土佐を後にして」歌碑除幕式スポニチ、2012年11月4日
  2. ^ 福島県 北海道に足跡を残したふくしまの人々2012年8月8日閲覧
  3. ^ 父粟谷菊生から聞いたおもしろ楽屋裏話 3
  4. ^ a b 市田忠義ホームページ【人・であい】
  5. ^ 西日本新聞 『ドレミの歌』は人生の宝物 ペギー葉山西日本新聞、2012年9月18日
  6. ^ a b 『唱歌・童謡ものがたり』51頁。
  7. ^ 『唱歌・童謡ものがたり』53頁。
  8. ^ 読売新聞社文化部『この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120』社会思想社、1997年、61頁。ISBN 4390116010

外部リンク[編集]