文化放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
文化放送
Nippon Cultural Broadcasting inc.
放送対象地域 関東広域圏
東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県
系列 NRN
略称 QR
愛称 文化放送
コールサイン JOQR
開局日 1952年3月31日
本社 〒105-8002
東京都港区浜松町一丁目31番
文化放送メディアプラス
北緯35度39分24.94秒
東経139度45分25.78秒
座標: 北緯35度39分24.94秒 東経139度45分25.78秒
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 東京(川口) 1134kHz / 100kW
主な中継局 -
公式サイト http://www.joqr.co.jp/
特記事項:1956年2月13日までは財団法人日本文化放送協会が運営。
テンプレートを表示
株式会社文化放送
Nippon Cultural Broadcasting inc.
JOQR Media Plus.jpg
局舎(文化放送メディアプラス)
種類 株式会社
略称 QR
本社所在地 日本の旗 日本
105-8002
東京都港区浜松町一丁目31番
文化放送メディアプラス
設立 1956年昭和31年)2月14日
業種 情報・通信業
事業内容 一般放送事業など
代表者 代表取締役社長 三木明博
資本金 1億9223万円
売上高 78億9924万円
営業利益 △9億5254万円
純利益 △8億8348万円
純資産 216億2418万円
総資産 299億8306万円
従業員数 136人(2011年4月1日時点)
決算期 3月
主要株主 聖パウロ修道会30.0%
小学館17.1%
講談社9.0%
大日本印刷8.5%
光文社
東映
家の光協会
など
主要子会社 セントラルミュージック
文化放送開発センター
文化放送メディアブリッジ
文化放送キャリアパートナーズ
文化放送iCraft
文化放送エクステンド
関係する人物 渋沢敬三
水野成夫
赤尾好夫
外部リンク http://www.joqr.co.jp/
特記事項:1956年2月14日財団法人日本文化放送協会から、ラジオ放送事業を継承。
資本金および資産額は2011年3月31日時点、財務諸表は2011年3月期。
テンプレートを表示

株式会社文化放送(ぶんかほうそう、Nippon Cultural Broadcasting inc.)は、関東広域圏放送対象地域として中波放送AM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 略称は、英称の頭文字「NCB」が用いられたが現在は使用されず、1954年以降は専らコールサインの一部「QR」を使用している。

2014年度 年間コンセプトは『再発見 文化放送』。

概説[編集]

ニッポン放送と共にフジサンケイグループのラジオ部門を構成し、ラジオネットワークNRN」のキー局を務めている。
文化放送のロゴマークはいわゆる目玉マークを用いず、『文化放送』および『JOQR』を図案化[1]したものを使用している。

ステーションソングは『QRソング』(1961年発表。作詞: 野坂昭如、作曲: いずみたく、原曲歌唱: ザ・ピーナッツ)。

歴史[編集]

カトリック布教を目的に、聖パウロ修道会が1951年に設立した「財団法人日本文化放送協会」(NCB)が前身。

開局時には「日本文化の向上を図るとともに、真善美の理想と正義、人道を基調とした健全な民主主義思想の普及、国家の興隆と民族の反映に資する」という理念を掲げていた。しかし、開局の際にNHKからレッドパージされた職員を大量採用した事で、労働争議が頻発。更に、宗教色に対する周囲からの警戒感や、娯楽番組の少なさによる聴取率の低迷。小出力による放送地域の狭さ、営利を重視しなかった事などから、経営状態が悪化した挙句、代表者が頻繁に入れ替わったり、「共産圏の日本向け放送ではないか」と言われるほどに放送内容に偏向を来していた。左傾、反米化していた、日本労働組合総評議会(総評)に乗っ取られるという噂まで出ていた[2]

これに危機感を抱いた財界の呼びかけで、財界と旺文社講談社等の出版社が協力。聖パウロ修道会と聖パウロ女子修道会は局運営からの撤退を余儀なくされ、財団法人日本文化放送協会は解散。

東京急行電鉄、旺文社、大日本印刷小学館講談社東映等、財界・出版界の出資による「株式会社文化放送」が1956年2月13日、設立。同年2月14日、放送免許が引き継がれた。初代社長に水野成夫(国策パルプ工業(現 日本製紙)副社長)。会長に渋沢敬三(元日本銀行総裁、大蔵大臣)を送り込んで、再建に乗り出した。聖パウロ修道会は、2014年現在も、文化放送の筆頭株主であり、役員を送り込んでいる。

株式会社設立時から旺文社が主要株主となり、民間放送教育協会に加盟。夜間帯、深夜帯は教育、教養番組の比重が高かったが、1995年を境に、番組編成を転換。A&G番組が占める割合が多くなり、関連ビジネスを展開している。

ニッポン放送との共同出資で、フジテレビジョンの設立に参加してフジサンケイグループの一員であり、現在は「フジ・メディア・ホールディングス」の主要株主である。

一方で、旺文社を通じ、テレビ朝日と交流していた期間が長きに渡って続いた。埼玉西武ライオンズ戦や東京国際女子マラソン横浜国際女子マラソン中継などのスポーツ中継番組を始め、文化放送とテレビ朝日が連携しているケースが少なくないため、現在も交流は続いている[3]

その他、テレビ東京グループのアニメ専門チャンネル「AT-X」に出資。AT-Xの新作紹介特番を放送したり、『聖剣の刀鍛冶』などのUHFアニメ製作委員会に参加している。箱根駅伝中継では日本テレビの制作協力を受け、同社のイベントに後援する事も多い。埼玉西武ライオンズの試合中継などを通じて、NACK5との繋がりがある。
これらの事から、同じフジサンケイグループでありながら、フジ・メディア・ホールディングス直系のニッポン放送に比べ、グループからの独自色が強くなっている[4]

2003年に株式公開を目指していたが、見送られた。その後、2005年2月ライブドア時間外取引により、ニッポン放送の筆頭株主になった事で、一連の混乱があり、現時点では株式公開への表立った動きはない。

四谷(東京都新宿区若葉1丁目5番地)の局舎・演奏所は、非常用の予備送信所を兼ねていた。竣工時は修道院兼用で、パイプオルガン聖歌隊用の雛壇を備え、本格的な聖堂もあったが、度重なる増改築で、建物は次第に宗教色を薄めていった。四谷局舎は2006年7月24日をもって、業務を停止。浜松町に建設した自社ビル内の新局舎・演奏所に移転した。四谷局舎の跡地に建てられたマンションには、非常用の予備送信所を設置している。

東京放送(現・東京放送ホールディングス)が、テレビラジオを経営してるように文化放送も財団法人時代から数回ほどテレビ放送の免許を申請しているが、周波数が足りないという理由で却下されている。

放送局概要[編集]

演奏所[編集]

  • 本社演奏所: 〒105-8002 東京都港区浜松町1丁目31番 文化放送メディアプラス
  • 5:00基点の24時間放送(※一部の月曜日で4:00から放送する場合がある。)
    日曜深夜2:00(2007年10月から2008年9月までは深夜1:30) - 月曜早朝5:00は放送休止。ただし、スペシャルウィーク聴取率調査期間)中は、日曜も24時間放送を行う場合がある。どの放送局でも24時間放送を行う場合、毎日基点の午前5時前には区切りとして、オープニングがあるが(コールサインや周波数、出力を告げる)、同局のオープニングは月曜早朝5時の休止明けの放送開始時のみ。
    第1週の日曜深夜の放送終了後、緊急警報放送の試験信号放送を実施。ただし、第1週の日曜深夜が24時間放送を行う場合、第2週の日曜深夜に振り替えて実施する。

送信所[編集]

川口送信所[編集]

文化放送川口送信所(旧: 社団法人日本放送協会新郷ラジオ放送所 → 女子パウロ会修道院、2010年撮影)
  • 送信所: 埼玉県川口市赤井3丁目9番16号
  • 周波数: 1134kHz
  • 出力: 100kW
    赤井台古墳(前方後円墳)跡に置局。
    1937年まで東京中央放送局(コールサイン: JOAK)の新郷放送所であった。[5]
    NHKの旧局舎は収蔵庫として隣接する敷地内に併存していたが、2010年取り壊し予定。
    敷地内にはが多数植えられており、春には花見客に開放される。新入局員研修にも利用される。
    TBSラジオ、ニッポン放送と共に、民放AMラジオ局で最大級の出力を持ち、カバーエリアの関東以外でもスピルオーバーによって福島県南部、山梨県峡東地域、長野県東信地方、新潟県静岡県東部・伊豆地域などで、終日受信可能。ただし、新潟県の一部では日中は地元局の新潟放送(1116kHz)の干渉を受けやすい。横浜市川崎市を始めとした神奈川県では都心の高層ビル群の影響で、受信感度が他局より劣り、カバーエリア内であっても、夜間は同一周波数である韓国KBS第3ラジオ「愛の声放送」(コールサイン: HLKC、出力500kW)の強い混信を受けている。
    西日本などでは、KBS京都と隣接周波数のため、受信機によっては混信の可能性がある。東京都島嶼部では、送信所から遠くなる南方へ行くほど聴取困難となる。帯広市室蘭市名寄市釧路市高山市鳥取市萩市新見市津山市高知市那覇市ではNHKラジオ第2放送との隣接周波数のため、非常に困難である[6]
    • 送信空中線: 136.69m支線式円管柱(施工: 電機資材)
    • 送信機: 1993年更新時 RM-2000シリーズ50kW×2(東芝)3kWユニット 3kW変調増幅器(MO) 終段MOSFET 2SK1745×13本、3KW電力増幅器(PA)同2SK1745×4本、使用FET総数1320本
    • STL: 出力100mW、2m鏡面(プレート)パラボラ、LINEはNTTデジタル回線(192kbps、コーデックはAPT
    • 電源: 6600V2系統を受配電盤、一部を高圧受電盤にて200Vに変換(200V用は主に冷却用空調機向け)
    • 非常用電源: 自家発電装置500KVA(クボタ
    • 送信局舎: 鉄筋コンクリート2階 1階は送信機、ダミー盤室、自家発電室、受電室、整合器室etc、2階はフィルター室、冷却用送風機etc
    • 備考 1993年まで管球式送信機4台(うち送信管9F45(東芝製)1本(150kW)使用を1台)。1993年に完全個体化に更新。3月29日に火入れ式を行い、正式運営。この更新に合わせて、送信局舎も1階約212m²、2階約94m²戸田建設施工で増築した。アースも240本新たに張り巡らした。
文化放送旧局舎演奏所兼旧非常用予備送信所(2006年撮影)。竣工時の名称は『セントポール・ラジオ・センター』

非常用予備送信所[編集]

  • 所在地 新宿区若葉1丁目5番地(旧局舎跡地)
  • 空中線電力: 1kW (モノラル)
  • 送信空中線: 短縮変形モノポール

四谷の旧局舎には出力1kWの非常用送信所が設けられ、日曜深夜に頻繁に試験放送を実施していたが、移転先の浜松町新局舎(メディアプラス)に送信設備はなく、総務省無線局免許人情報や方向探知の結果からも、非常用送信機は川口に仮設中と見られていた。

旧局舎跡地はこれまで同様、聖パウロ修道会が所有。2008年4月末、文化放送が施主の賃貸マンションが落成。屋上に予備送信所が再移転した上で、5月19日開局。同日、試験放送を送出した。

同マンション玄関には『文化放送 発祥の地』の碑が掲げられている。

旧社屋時代は正式な住所は「東京都新宿区若葉1丁目5番地」であるが、放送では「〒160[7] (東京都)新宿区 文化放送 ○○係」と詳細な住所を告知せず、宛先を放送していたことがあった。

墨田FM補完中継局[編集]

川口送信所が災害発生時に放送ができなくなった時の対策や、都心部での難聴取や雑音などの解消を目的として、FM放送で補完放送を行う中継局。2014年9月3日に予備免許が付与され、東京スカイツリーに文化放送、TBSラジオ、ニッポン放送の3社が共同でアンテナを設置、2015年春以降に本放送を開始する予定となっている[8][9][10]。AMでの補完目的で放送されるため、AMとFMのサイマル放送となる。

J:COMケーブルネットワーク[編集]

2014年5月27日からJ:COMのケーブルネットワーク(J:COMテレビのデータ放送の音声送信機能)を通じてのラジオ音声の送信が行われている[11]

  • 聴取可能エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県の各J:COMサービスエリア

沿革[編集]

キャッチコピーの変遷[編集]

  • - 1984年頃 - 不明
  • 1984年頃 - 1987年頃 - 楽しさイメージ無限大、文化放送
  • 1987年頃 - 1989年頃 - 1134,イイザンス
  • 1989年頃 - 1990年頃 - アッと言わせる 文化放送
  • 1992年3月 - 1994年3月 - ステレオ文化放送
  • 1994年4月 - 1997年3月 - しあわせ、いっしょ。福ミミラジオ
  • 1997年4月 - 1998年3月 - 熱愛発覚
  • 1999年4月 - 2001年3月 - 新世紀ステーション 文化放送
  • 2001年4月 - 2002年3月 - 文化おもしろ革命ィ〜ッ!
  • 2002年4月 - 2003年3月 - どっきん!? 文化放送
  • 2003年4月 - 2006年3月 - ファミリー! 文化放送
  • 2006年4月 - 2007年3月 - おつきあい 文化放送
  • 2007年4月 - 2010年3月 - ダイジナコト 文化放送
  • 2010年4月 - 2011年3月 - 言葉の力×ラジオのチカラ ことバリュー 文化放送 <イメージキャラクター: 武田鉄矢
  • 2011年4月 - 2012年3月 - 文化放送 勇気と元気 つながろうジャパン!
  • 2012年4月 - 2013年3月 - 文化放送 いつもあなたと つながろうジャパン!
  • 2013年4月 - 2014年3月 - ラジオはアートだ! 文化放送
  • 2014年4月 - 再発見 文化放送

1961年以来親しまれて来たステーションソング『QRソング』や『1134kHz』のイメージが強い。キャッチコピーは1年から3年程度の期間限定で設定することが殆どであり、短命に終わったものが多い。

1984年以前は『QRソング』に加え「報道の文化放送」というイメージが強かった。平日の夜間時間帯は、開局以来ニュースや『大学受験ラジオ講座』『百万人の英語』といった報道や教育系の硬い番組が編成され、深夜の『セイ!ヤング』へと繋がっていた。

ステーションキャラクターとして「ちゃっ太君」を用いていた時期があった[36]

番組[編集]

アナウンサー[編集]

※名前は、通常の番組で使われているもの。愛称がある場合は「」で掲載。
※文化放送は他の在京AMラジオ局と違い、アナウンサーは放送事業局 制作部の所属。スポーツ アナウンサーは放送事業局 報道スポーツ センターの所属となっている[37]

放送事業局 制作部 アナウンス ルーム所属[編集]

男性[編集]

女性[編集]

  • 石川真紀(「まきぴょん」、「真紀ちゃん」)
  • 伊藤佳子宮崎放送出身 「ヨスコ」、「ヨッちゃん」、「近所のおばちゃん」、「宝石ジャラ子」、「世界のOBC」)
  • 加納有沙九州朝日放送出身 「金太郎」、「ミス関東平野」、「アーリー」、「尻毛の親分」、「平野胸代」)
  • 鈴木純子エフエム群馬出身 「鈴木ZUN子」、「ズンコ」、「ズンちゃん」)
  • 水谷加奈(放送事業局 制作部 次長、放送事業局 制作部 業務調整デスク 「加奈ちゃん」、「ミズタニ」)
  • 室照美北陸放送出身 「ムロリン」)

放送事業局 報道スポーツ センター所属[編集]

在籍していたアナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

放送[編集]

放送事業局 報道スポーツ センター[編集]

『ニュースパレード』等を担当。共同通信社との関係が深い。

1970年11月25日午前、三島由紀夫市ヶ谷の陸上自衛隊東部方面総監部(現在の防衛省本省)に立て篭り、決起を促す演説をした後、割腹自殺した。この三島事件の模様を全て録音したのは近隣の文化放送だけだった。駆けつけた記者[38]が、マイクを木の枝に縛りつけて録音したエピソードは伝説化している。

記者会見やインタビューの際に明朝体で「文化放送」と白く書かれたマイクが、テレビで、映ることが多い。記者らが、ほぼ毎日書き綴るブログは、他の報道機関からも、一定の評価を受けている(http://www.joqr.co.jp/hodo/[文化放送報道部ブログ パレードのあとで])。

2010年12月1日付で、局内の組織再編が行われ、それまでの報道制作部と編成局スポーツ部は統合して、編成局 報道スポーツ制作部となった。
同時に、スポーツ部所属のスポーツ アナウンサーは全て異動という形で、同制作部の所属となった。

2013年4月5日付の組織改正で、報道スポーツ制作部は放送事業局 報道スポーツ センターと改称した。

プロ野球中継[編集]

プロ野球中継は在京民放AM局で、唯一、埼玉西武ライオンズのナイターを平日に放送しているのが、大きな特色である。ライオンズ戦がない場合でも、他のパリーグ球団の試合を中継するなどしている。土日は、読売ジャイアンツ戦を中心に放送している。

ライオンズ戦中継を通じた西武グループとの関わりから、2004年西武鉄道株にまつわる証券取引法違反事件では、堤義明からの要請で、コクド[39]より西武鉄道株式を購入していた。試合のない平日には、ライオンズの情報番組『ライオンズエキスプレス』を放送しているほか、ファンイベントにも司会担当として、アナウンサーが参加するなど、埼玉西武ライオンズとのつながりは深い。

時報[編集]

不明 - 1977年3月、1978年10月10日 - 1979年12月31日
鐘の音にポーン。鐘の音は「ウェストミンスターの鐘」に似た音階だった。当時は同様な時報を、ラジオ関東でも行っていた。
1977年4月 - 1978年10月9日
ポーン音のみに。この頃の時報スポットは、色々な鳥の声が流れていた。
1980年1月1日 - 1998年6月9日
ポッ(ミ)、ポッ(ミ)、ポッ(ミ)、ポーン(ラ)というノーマルなものに。現在はスポーツ中継や番組中に、正時跨ぎする時のみに流れる[40]
1999年6月10日 -
オルゴール風のいわゆるQRソングのメロディに、ポーン[41]
上記のメロディが付加されるため、他の時報スポットCMを使う地域に比べ、5秒近く、早く流れ出す。

CM[編集]

  • 時報CMは2014年4月現在、一部の時間帯はスポンサーが無く「再発見 文化放送 ○時です」「文化放送が、○時をお知らせします」のアナウンスに変更している[42]
  • 2014年3月まで、土曜 25:00〜日曜 26:00は、他のスポンサーの時報CMが流れていた[47][48][49]
  • 埼玉県の企業、自治体のCMが、在京ラジオ局では、TBSラジオに次いで、多く放送されている。
  • サトウ食品角上魚類佐渡汽船一正蒲鉾など、新潟県に本社を置く企業のラジオCMが多い。
  • 2005年10月以降は以前、同局の平日夜ワイド番組内で、スポットCMを流していた牛乳石鹸( - 1994年秋頃)のラジオCMが土曜日を除き、毎日朝 - 夕方までの時間で流れている(スポットCM PT扱い)放送時間はおおむね、日曜日のみ、10:00前後の1回。月曜日から金曜日は、3 - 4回だったが、現在はさらに拡大している。時期によっては土曜夜間に流れていることもあり、その後、平日夜間でのスポットCMが再開している。
  • 以前は、日曜の午後 - 夕方を中心にマルキン自転車、平日の朝を中心にオリコなど、数多くのスポンサーが、CMを流していたが、次々と撤退している。
  • 近年、フジテレビの番組CMは放送していなかったが、該当日のフジ・メディア・ホールディングスのフジテレビの各番組(ドラマ、バラエティ、アニメ、情報番組、スポーツ中継、スペシャル特番、FNSの日BSフジの番組、CSフジテレビの番組他)、産経新聞社サンケイスポーツ競馬エイト夕刊フジフジサンケイ ビジネスアイSANKEI EXPRESS扶桑社箱根 彫刻の森美術館美ヶ原高原美術館TVnavi他CMを現在放送中。1980年代 - 1990年代には、テレビ朝日の番組CMも放送されていた。1995年10月頃には、在京のAM3社で唯一、TOKYO MXのCMが流れていた。

放送開始・放送終了(OP / CL)・試験電波[編集]

以下のフォーマットで、時間固定にて放送される。
放送開始
  • - 4:55.38 フィラー
  • 4:55.40 QRソング / 賛美歌Ver.
  • 4:56.10 QRソング / インストゥルメンタル・ロックアレンジVer.
  • 4:57.10 QRソング / フルVer.
  • 4:59.15 放送開始アナウンス
  • 4:59.55 5時の時報 → おはよう寺ちゃん 活動中
放送終了
  • 25:59.50 2時の時報
  • 26:00.02 放送終了アナウンス
  • 26:00.33 QRソング / ショートVer.
  • 26:01.42 QRソング / インストゥルメンタル・アコースティックアレンジVer.
  • 26:02.17 QRソング / 賛美歌Ver.
  • 26:02.47 - 放送休止


毎月第1週(終夜放送がある場合は、第2週)の日曜深夜のみ「QRソング / 賛美歌Ver.」の終了後に、緊急警報放送システムの試験信号が発射される。放送時間は1分間。

試験電波

試験電波は概ね、26:30 - 28:30までの間[50]と28:30過ぎに行われる。

前者では、太田英明アナによる「こちらは文化放送です。周波数1134kHz、出力100kWで、機械調整のための試験電波の発射中です。」のアナウンスとともに、「カンパイ / TOKIO」「Viva! / Bond[51]や、文化放送に縁のあるアーティストを中心に楽曲が流される[52]

年に数回、四谷予備送信所から試験電波を発信する。その際は太田アナによる「こちらは文化放送です。周波数1134kHz、出力1kWで、機械調整のための試験電波の発射中です。」のアナウンスとともにQRソングのロックアレンジ版・インスト版と1kHzのテストトーンを繰り返し送信する。

後者は、寺島尚正アナウンサーのコールサインチェック(アナウンス内容は「JOQR こちらは文化放送です。(テストトーン)こちらは文化放送です。放送開始までしばらくお待ちください。」)と1KHzのテストトーンを送出して、QRソングまでは無音になる[53]

なお、オープニング・クロージングのアナウンスは石川真紀アナウンサー(2013年4月 - )[54]である。

JOQR以外の放送・配信[編集]

関連企業[編集]

グループ・フジサンケイグループ・系列放送局[編集]

テレビ[編集]

同名他局[編集]

いずれも、資本・人事面で、直接の関係はない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 他に、開局時に制定された社章(社員バッジ)は、QRと電波をモノグラム化したもので、伊藤憲治によってデザインされた。
  2. ^ 境政郎『テレビショッピング事始め』扶桑社、2008年、第1部 フジ・メディア・ホールディングスの形成とリビング路線 「文化放送の再建」。ISBN 978-4-594-05565-3
  3. ^ 旺文社が出資していた日本教育テレビ(現・テレビ朝日)との関係性もあり、これがテレビ局との交流関係の捻じれの原因の一つになる。1978年、テレビ朝日専務の岩本政敏が代表取締役社長に就任した事で、テレビ朝日との関係が深まったが、旺文社との絶縁後はフジテレビと「復縁」して、両社と人的交流を保っている
  4. ^ ニッポン放送はフジテレビと親子関係で、結び付きが強い
  5. ^ 川口放送所(現SKIPシティ)とは異なる場所である。INAX サウンド オブ マイスター:くにまる東京歴史探訪 12月5日放送分。
  6. ^ 深夜帯はNHKラジオ第2放送が停波するため、改善される
  7. ^ のちに大口事業者専用の番号として「160-02→160-8002」が使われるようになり、地名を省略しても届くようになったために「(東京都)新宿区」のアナウンスが割愛され、単に「〒160-02(→160-8002) 文化放送」とされることも多かった
  8. ^ a b c AMラジオ3局にFM補完中継局の予備免許。FM放送が可能に,AV Watch,2014年9月2日
  9. ^ a b c 関東広域AMラジオ3社のFM補完中継局に予備免許,総務省関東総合通信局,2014年9月2日
  10. ^ a b c 対応ラジオやエリアは? 関東広域AM3社がFM補完放送を説明,AV Watch,2014年9月3日
  11. ^ J:COMテレビで文化放送が聴ける!! AMラジオを同時再放送開始 2014年10月より対象エリアが拡大! 文化放送
  12. ^ 「セントポール」は聖パウロの英語読み
  13. ^ 1952年末に閉鎖された
  14. ^ 1972年6月30日に解団
  15. ^ 当時は東海ラジオ九州朝日放送(いずれも土日)、毎日放送(土)、朝日放送(日)、中国放送(裏送り)のネットワークだった
  16. ^ MBS・ABC・RCCはJRNとのクロスネット局であるが、広島は大都市圏とは異なり、地方局の多くと同じ県域中波が1局しかなく、それらのクロスネット局はJRNのナイターをネットしていた事(2009年に週末のJRNナイターは廃止され、その多くは文化放送を幹事局としたNRNナイターに切り替えている)によるものである
  17. ^ 在京民放局ではニッポン放送に続いて、2局目。但し、横浜市に登記上の演奏所を持つラジオ関東は、1966年10月3日から終夜放送を実施済
  18. ^ 歌手の新人賞の一つ
  19. ^ 放送開始時 - 1991年3月までは『日野ダイナミックスコープ 走れ!歌謡曲』
  20. ^ その後、社名をアポロン→バンダイ・ミュージックエンタテインメントに変更。文化放送は1989年に株式を売却。会社は2000年に解散
  21. ^ ラジオ大阪との共同制作
  22. ^ 当初のタイトルは『ライオンズDJ』
  23. ^ 2002年3月24日運用終了
  24. ^ ドコモと文化放送、FOMAネットワークでラジオ中継を可能に ケータイWatch 2003年11月17日
  25. ^ ラジオ中継に革命をもたらす〜FOMAの音声中継装置 ITmedia 2004年5月25日
  26. ^ 『民放ラジオ局13社、3月から番組ネット配信』 - 読売新聞 2010年2月13日
  27. ^ 『在京・在阪の民放13局が3月からネット配信解禁へ』 - CNET Japan 2010年2月15日
  28. ^ QR 平日計7.5時間の10月大改編、ワイド長時間化傾向【文化通信.com 2010年7月26日】
  29. ^ 新会社radikoを12月1日に設立、IPサイマルラジオ放送が本格始動 - 朝日新聞 2010年11月25日
  30. ^ 株式会社radikoが12月1日発足、区域の拡大や新局の参加を2011年春までに - NIKKEI BP 2010年11月25日
  31. ^ A&G関連グッズは、3年前に「超!A&Gショップ」を開設している。一部を除いて、2010年2月オープンの「ちかQ」でも購入可能だが、金・土・日の12時 - 17時のみ営業
  32. ^ 「超!A&G+」はインターネットラジオ放送へ移行して、放送している
  33. ^ モノラル放送移行のお知らせ
  34. ^ ジェー・プラネットが設置・運営し、文化放送のほかTOKYO MXなども使用。
  35. ^ 東京スカイツリーのふもとから毎週土曜日にお届け! 「TOKYO SKYTREE TOWN STUDIO」からの生放送!
  36. ^ 1997年4月より使用。『QRソング』冒頭の一節「聴いちゃった」と「チャット」を掛け合わせたものである。名称は公募で決定したが、定着せず廃止された
  37. ^ 以前は編成局制作部に所属していたが、2013年4月5日付の組織改正で、放送事業局 制作部の所属となり、2014年1月1日付で、放送事業局 制作部 内に、アナウンス ルームが新設された
  38. ^ その記者は、現・代表取締役社長の三木明博である。
  39. ^ 2006年、プリンスホテルに吸収合併
  40. ^ 録音番組は正時跨ぎであっても流れないことがある
  41. ^ radikoではこの部分は放送されず、無音となっている。これは番組中に、正時跨ぎする時も同様である
  42. ^ 平日 7:00、12:00、17:00は明治。平日 9:00、14:00、土曜 14:00は、司法書士法人 新宿事務所。10:00はイースマイル。土曜 10:00、12:00は横尾材木店。日曜 7:00、8:00、9:00、12:00、13:00は山崎製パン。10:00は、パチンコ ことぶき。11:00、14:00、15:00は川口技研の時報CMが流れる
  43. ^ AMラジオで時報CM ユニーとサークルKサンクス(2012/12/27 23:44 日本経済新聞 電子版)
  44. ^ 全ての局が、ユニーグループ・ホールディングスの時報CMを引き継いでいる
  45. ^ 「アピタ・ピアゴ」及び「スタイルワン」については、当該地域に店舗、ブランドのない放送局では流れない。詳しくは同社の項目を参照
  46. ^ TOKYO FMを始めとするJFN(※週末(土曜・日曜の14:00以降)但し、日曜は各局の放送終了まで)でも放送していたが、こちらはユニーグループ・ホールディングスの時報CMを引き継いでいない
  47. ^ 2013年3月まで、日曜 8:00、9:00、11:00、12:00、13:00、14:00は東京ガス。15:00は狭山茶振興会
  48. ^ 2012年4月 - 2012年9月までは日曜朝 8:00、9:00、13:00、14:00、16:00、17:00は日本薬師堂。11:00は三本コーヒー(「MMCコーヒー」)。12:00は2012年9月までは神明。2012年3月までの数年間は11:00が、本家ちちや(草津温泉饅頭)。15:00は川光物産(白玉の玉三)の時報がそれぞれ流れていた
  49. ^ 以前、土曜 28:00(日曜 4:00)は「文化放送です。朝はこれから。時刻は4時です」などのアナウンスが流れていた
  50. ^ 短い時は数曲で終わる。長い時はQRソング終了直後から28:20頃にかけて続く。勿論ないときもある
  51. ^ この2つはほぼ毎回流れ、この曲のみを繰り返すこともある。理由としては、放送設備の整備担当職員が『放送機器の調整に使いやすいから』といわれているが定かではない。
  52. ^ 多いものは「Will / 堀江由衣」「I wish / 堀江由衣」「Snow bird / 田村ゆかり」「GAMBAらなくっちゃね / LINDBERG」「冒険者たち / Do As Infinity」「BLOOD, SWEAT & GUTS / 田村直美」。また雨天と晴天や時節などで楽曲が変わるなど、いくつかパターンがある
  53. ^ 2012年1月までコールサインチェックはAMステレオ放送の試験放送を兼ねており、鈴木敏夫(元・文化放送アナウンサー。現: 報道スポーツ センター デスク)の声を、L・R・LRに送って聴こえているかどうかのチェック(アナウンス内容は「JOQR こちらは文化放送です。 こちらは左チャンネルです(繰り返し)。 こちらは右チャンネルです(繰り返し)。 この声は左右に別れています。ステレオでしか聴こえません。この音はモノラルの音です。 こちらは文化放送です。放送開始までしばらくお待ちください。」)が行われ、その後は数分間、1KHzのテストトーンを送出して、QRソングまでは無音となっていた
  54. ^ オープニングは斉藤一美アナウンサー( - 2012年1月)、寺島尚正アナウンサー(2012年2月 - 2013年3月)、クロージングは藤木千穂( - 2013年3月。元・文化放送アナウンサー。現・編成局編成部)であった
  55. ^ ハワイにあった日本人向け放送局。複数の文化放送の番組をネットしていた
  56. ^ フジテレビとは提携関係にある

関連項目[編集]

外部リンク[編集]