武蔵野美術大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武蔵野美術大学
9号館(写真中央)
9号館(写真中央)
大学設置 1962年
創立 1929年
学校種別 私立
設置者 学校法人武蔵野美術大学
本部所在地 東京都小平市小川町1-736
キャンパス 小平(東京都小平市)
学部 造形学部
研究科 造形研究科
ウェブサイト 武蔵野美術大学公式サイト
テンプレートを表示

武蔵野美術大学(むさしのびじゅつだいがく、英語: Musashino Art University)は、東京都小平市小川町1-736に本部を置く日本私立大学である。1962年に設置された。大学の略称は武蔵美(むさび)・美大(びだい)。

1学部の中にファインアートデザインを網羅する11学科を有する(短期大学部は2003年を以って廃止)。

美術大学の中でも、東京五美大(多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京造形大学女子美術大学日本大学藝術学部)の一つである。

沿革[編集]

学部・学科[編集]

造形学部
通信教育課程(1・2年次の「総合課程」と3・4年次の「専門課程」)
専門課程は以下の4学科9コース。
  • 油絵学科
    • 絵画コース
    • 日本画コース
    • 版画コース
  • 工芸工業デザイン学科
    • 生活環境デザインコース
    • スペースデザインコース
  • 芸術文化学科
    • 造形研究コース
    • 文化支援コース
  • デザイン情報学科
    • コミュニケーションデザインコース
    • デザインシステムコース

大学院[編集]

  • 造形研究科
    • 修士課程(博士前期課程)
      • 美術専攻
        • 日本画コース
        • 油絵コース
        • 版画コース
        • 彫刻コース
        • 造形学コース/造形理論・美術史コース(2009年から)
        • 芸術文化政策コース
      • デザイン専攻
        • 視覚伝達デザインコース
        • 工芸工業デザインコース
        • 空間演出デザインコース
        • 建築コース
        • 基礎デザイン学コース
        • 映像コース
        • 写真コース
        • デザイン情報学コース
    • 博士後期課程
      • 造形芸術専攻
        • 作品制作研究領域
        • 環境形成研究領域
        • 美術理論研究領域  

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

芸術祭[編集]

2005年芸術祭の様子

芸術祭は毎年晩秋に開催される作品発表を主とした学園祭。会場の装飾や運営力に特色があるとされ、ファッションショーからサンバパレード競技ダンスプロレス男神輿模擬店ストリートダンス等、ワークショップなど多彩な学生によるイベントがある。制作物は構内の各アトリエ(工房)やホールに展示され、それを入場者が自由に鑑賞できる形式になっている。飲酒等の管理も美大らしい趣向を凝らし行われている。毎回3万人以上の来場者数を誇り、美術系大学では最大規模とされる。

武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ[編集]

2012年春より、美術大学として初めて、東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区/構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会[JDP]、社団法人日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA])内に、デザインを基軸とした情報発信拠点『武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ』を開設(面積:151.54m²)。 「ラウンジ」とは、本来ホテルやビルの社交室・休憩室や空港の待合室を指す言葉だが、「武蔵野美術大学が社会と社交する場・談話する場」という「集う」イメージと、「デザインハブから社会へ出発(発信)する場」という「起点」のイメージをコンセプトにしている。英語名称は MAU Design Lounge。

備考[編集]

羽海野チカの漫画作品「ハチミツとクローバー」の舞台のモデルとして採用されていた。またリリー・フランキーがOBということもあり、2006年放送「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜 (テレビドラマ)」(フジテレビ)では撮影協力をしている。ドラマの中でも「武蔵野美術大学」と実名で登場する。

外部リンク[編集]

大学公式サイト
学科サイト