創価大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
創価大学
創価大学正門
創価大学正門
大学設置/創立 1971年
学校種別 私立
設置者 学校法人創価大学
本部所在地 東京都八王子市丹木町1-236
キャンパス 八王子(東京都八王子市)
学部 経済学部
経営学部
法学部
文学部
教育学部
工学部(2014年度まで)
理工学部(2015年度~)
看護学部
国際教養学部
研究科 経済学研究科
法学研究科
文学研究科
工学研究科
法務研究科
教職研究科
ウェブサイト 創価大学公式サイト
テンプレートを表示

創価大学(そうかだいがく、英語: Soka University)は、東京都八王子市丹木町1-236に本部を置く日本私立大学である。1971年に設置された。大学の略称は創大(そうだい)もしくは創価大(そうかだい)である。

概観[編集]

大学全体[編集]

創価大学は1971年、日蓮仏法信仰する新興宗教団体の宗教法人創価学会の会長(当時)であった池田大作(現・名誉会長)によって創立された。1968年に創設された創価高等学校の1期生が創価大学の1期生になっている。創価高等学校および関西創価高等学校からの進学者が多い。また、同じ敷地内にあり同一学校法人が設置している創価女子短期大学からの編入生も多い[1]

創価学会が背景にあるため、学生の大多数は創価学会の会員である[2]。ただし創価学会員でなくても入学・在籍・卒業することができ、入学試験の採点や学生に対する処遇、成績評価等の面で会員・非会員の区別は一切無い。

仏教系の宗教法人と関わりがある大学であるが、仏教学を専攻する学部・学科等は設置されていない。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

1969年(昭和44年)に、創立者である池田大作が以下の建学の精神を提唱した[3]

  • 「人間教育の最高学府たれ」
  • 「新しき大文化建設の揺籃たれ」
  • 「人類の平和を守るフォートレス(要塞)たれ」

沿革[編集]

略歴[編集]

創価大学は1971年に創立された。当初は文系のみの大学であったが、1991年に工学部、2013年に看護学部、2014年に国際教養学部が設置されたことで、文理8学部を有する総合大学となった。

年表[編集]

公式サイト参照[4]

  • 1964年(昭和39年)
  • 1971年(昭和46年)
    • 4月2日 - 創価大学開学(経済学部経済学科、法学部法律学科、文学部英米学科・社会学科)。
  • 1975年(昭和50年)
    • 4月 - 大学院経済学研究科・法学研究科・文学研究科修士課程を開設。
  • 1976年(昭和51年)
    • 4月 - 経営学部経営学科、教育学部教育学科・児童教育学科、通信教育部(経済学部経済学科、法学部法律学科)、別科を開設。
  • 1977年(昭和52年)
    • 4月 - 大学院経済学研究科・法学研究科・文学研究科博士課程を開設。
  • 1982年(昭和57年)
    • 4月 - 通信教育部に教育学部教育学科・児童教育学科を開設。
  • 1985年(昭和60年)
    • 4月 - 創価女子短期大学(経営科・英語科)開学。
  • 1986年(昭和61年)
    • 4月 - 大学院文学研究科教育学専攻修士課程を開設。
  • 1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)
    • 4月 - 文学部人文学科を開設。
  • 1989年(平成元年)
    • 4月 - 大学院文学研究科教育学専攻博士課程を開設。
  • 1990年(平成2年)
    • 4月 - 文学部に日本語日本文学科・外国語学科(中国語専攻・ロシア語専攻)を開設。
  • 1991年(平成3年)
    • 3月 - 池田記念講堂落成。
  • 1991年(平成3年)
    • 4月 - 工学部(情報システム学科・生物工学科)を開設。
  • 1992年(平成4年)
    • 4月 - 大学院文学研究科人文学専攻修士課程を開設。
  • 1994年(平成6年)
    • 4月 - 大学院文学研究科人文学専攻博士課程を開設。
  • 1995年(平成7年)
    • 4月 - 大学院工学研究科情報システム学専攻・生物工学専攻修士課程を開設。
  • 1997年(平成9年)
    • 4月 - 大学院工学研究科情報システム学専攻・生物工学専攻博士課程を開設。
  • 1999年(平成11年)
    • 5月 - 本部棟竣工。
  • 2001年(平成13年)
    • 5月 - アメリカ創価大学(SUA) オレンジ郡キャンパス開学。
  • 2003年(平成15年)
    • 4月 - 工学部に「環境共生工学科」を設置,「生命情報工学科」「情報システム工学科」に名称変更。
  • 2004年(平成16年)
    • 4月 - 専門職大学院法務研究科(法科大学院)を開設、創価女子短期大学が「現代ビジネス学科」「英語コミュニケーション学科」に名称変更。
  • 2007年(平成19年)
    • 4月 - 文学部が人間学科の1学科7専修に改組、大学院工学研究科に「環境共生工学専攻」を開設、「情報システム工学専攻」「生命情報工学専攻」に名称変更。
  • 2008年(平成20年)
    • 4月 - 専門職大学院教職研究科(教職大学院)を開設。
  • 2009年(平成21年)
    • 4月 - 大学院文学研究科国際言語教育専攻を開設。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月 - 文学部が1学科8専修に改組。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月 - 文学部が1学科11メジャー1専修に改組。
  • 2013年(平成25年)
    • 4月 - 看護学部看護学科を開設。
  • 2014年(平成26年)
    • 4月 - 国際教養学部国際教養学科を開設。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

交通アクセス[編集]

象徴[編集]

エンブレム・シンボルマーク[編集]

創価大学のエンブレム(校章)は中央にペン、その左右に鳳凰の翼をデザインしたものの下に Soka University という英文字を配置したものである。
ペンは「英知」を表し、鳳雛の翼は「世界そして未来への雄飛」を意味している[7]
創価学園およびアメリカ創価大学と類似であるが、創価学園では鳳凰ではなく鳳雛(ほうすう、鳳凰の雛)の羽とされている。

スクールカラー[編集]

スクールカラーは、創価クリエイティブブルー。近似色はRGB(50, 60, 153)。

学生歌[編集]

創価大学には学歌はなく、学生歌がある。

  • 「創価大学学生歌」 作詞:沖洋 作曲:川上慎一

エンブレムや学生歌の歌詞・音源は、公式サイト内の創価大学のシンボルに掲載されている。なお、これらの歌が収録されたCDも他大学の大学生協にあたる創学サービスで販売されている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

  • 経済学部
    • 経済学科
  • 法学部
    • 法律学科
  • 文学部
    • 人間学科
    • 12のメジャー・専修に分かれる
      • 異文化コミュニケーション(英語)
      • 異文化コミュニケーション(日本語)
      • 異文化コミュニケーション(中国語)
      • 異文化コミュニケーション(ロシア語)
      • 哲学
      • 表現文化
      • 言語文化
      • 史学
      • ユーラシア地域研究
      • 平和・紛争解決学
      • 社会学
      • 社会福祉学専修
  • 経営学部
    • 経営学科
  • 教育学部
    • 教育学科
    • 児童教育学科
  • 工学部(2014年度まで)
    • 情報システム工学科
    • 生命情報工学科
    • 環境共生工学科
  • 理工学部(2015年度~予定)
    • 情報システム工学科
    • 共生創造理工学科
  • 看護学部
    • 看護学科
  • 国際教養学部
    • 国際教養学科

大学院[編集]

  • 経済学研究科
    • 経済学専攻(博士前期・博士後期課程)
      • 経済学専修
      • 経営学専修
  • 法学研究科
    • 法律学専攻(博士前期・博士後期課程)
  • 文学研究科
    • 英文学専攻(博士前期・博士後期課程)
      • 英米文学専修
      • 英語学・比較言語論専修
    • 社会学専攻(博士前期・博士後期課程)
      • 現代社会学専修
      • グローバル・スタディーズ専修
    • 教育学専攻(博士前期・博士後期課程)
      • 教育学専修
      • 臨床心理学専修(臨床心理士資格認定協会第一種指定校)
    • 人文学専攻(博士前期・博士後期課程)
      • 哲学歴史学専修
      • 日本文学日本語学専修
    • 国際言語教育専攻(修士課程)
      • 日本語教育専修
      • 英語教育専修
  • 工学研究科
    • 情報システム工学専攻(博士前期・博士後期課程)
    • 生命情報工学専攻(博士前期・博士後期課程)
    • 環境共生工学専攻(博士前期・博士後期課程)

専門職大学院[編集]

通信教育課程[編集]

  • 経済学部
    • 経済学科
  • 法学部
    • 法律学科
  • 教育学部
    • 教育学科
    • 児童教育学科

別科[編集]

  • 日本語研修課程
  • 特別履修課程

短期大学部[編集]

創価大学には短期大学部はないが以下の短期大学が同一学校法人によって設置されている。

附属機関[編集]

附属研究所[編集]
  • 平和問題研究所
    • アジア研究センター
    • アフリカ研究センター
  • 比較文化研究所
    • シルクロード研究センター
    • 自然環境研究センター
  • 生命科学研究所
  • 国際仏教学高等研究所
  • 法科大学院要件事実教育研究所
  • 創価教育研究所
    • 池田大作研究センター
センター[編集]
  • ワールドランゲージセンター
  • 教育学習活動支援センター
  • エクステンションセンター
  • 心理教育相談室
  • 学生支援センター
  • 教職キャリアセンター
  • 総合情報センター

研究[編集]

  • 社会連携研究推進事業
    • 工学部情報システム工学科
    • プロジェクト名
      測位/光神経複合センサノードによるユビキタス・モニタリング・ネットワークの開発とその産業応用への展開

教育[編集]

  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • 「『学生中心の大学』のための教育・学習支援」―教育・学習活動支援センターの取組―
  • 大学教育の国際化推進プログラム(海外先進研究実践支援)
    • 「協同教育の先進的国際センターを目指して」のプログラム
  • 法科大学院等専門職大学院形成支援プログラム
    • 「法科大学院における要件事実教育の充実と発展」のプログラム
  • 大学・大学院における教員養成推進プログラム
    • 学校現場との連携による教職キャリア形成―地域教育委員会・学校、附属校との

協働による教員養成プロジェクト

施設[編集]

概要[編集]

JR八王子駅京王八王子駅より西東京バスで約20分。 周辺には東京富士美術館があり、創価学会の施設も多い。 また、大学敷地内には多種多様な草木が植えられているので、四季折々の美しい風景を目にすることができる。

キャンパス[編集]

学内施設[編集]

  • 正門
  • 栄光門
  • 創大門
  • 池田記念講堂
地上6階、地下1階建て、3層構造で収容人数約4000名の大ホール。入学式・卒業式をはじめとする創価大学の主要行事は全てここで行われる。同時通訳可能な通訳システムなどを備えている。
  • 中央図書館
地上5階、地下1階の建物で約100万冊の蔵書をほこる。一般にも開放されており、閲覧室以外にも、パソコンルームや視聴覚室などもある。

校舎[編集]

  • 本部棟
1999年に完成した創価大学のシンボル的建物。事務的施設と教育施設とを兼ねており、法科大学院の模擬法廷等がある。
  • 文系校舎A棟
中央教育棟が完成される以前に、一般教養科目を主とした授業がここで行われていた。
  • ラーニング棟
文系校舎A棟の地下に在り、音楽などの授業が行われる。また、教職課程向けにピアノ自習室もここにある。
  • 教育学部B棟
教育学部が主に利用。
  • 文系校舎C棟
中央教育棟が完成される以前は、文学部が主に利用。現在は教員の研究室となっている。
  • 工学部棟E, F, G, K, P, RD棟
工学部が主に利用。
  • 教職大学院棟
  • 芸術棟
  • 大教室棟
  • 中央教育棟 GLOBAL SQUARE
2013年9月より使用。一般教養科目を主とした授業がここで行われる。また、学生課や教務課、キャリアデザインセンターやキャリアセンターなど学生生活に関わる事務業務全般がここで行われている。

その他[編集]

  • 創大時習館
  • 学修館
  • 保健センター
  • ニュープリンスホール
  • ニューロワール
  • セントラルハウス
  • 学生センター
  • 学生ホール
食堂、購買、自習室などがある。創価大学サービスセンター(略称・株式会社創学サービス。他大学の大学生協にあたる。)が運営している。
  • ローソン
中央教育棟地下1階に併設。
  • 学生自治会棟
  • 第一クラブハウス
  • 第二クラブハウス
  • 太陽の丘クラブハウス
  • 光球クラブハウス
  • 第一グラウンド
  • ビクトリーグラウンド(サッカー、ラグビーグラウンド)
  • ビクトリーコート(テニスコート)
  • ワールドグラウンド(野球場)

学生寮[編集]

創価大学には、学生寮として、男子学部生の寮が3つ、女子学部生の寮が6つある。その他、大学院生の寮、留学生の寮、スポーツ寮が存在する。

学部男子寮[編集]

  • 友光寮【国際学生寮(教育寮)】
  • 滝山寮(東寮・中寮・南寮)
  • 宝友寮

学部女子寮[編集]

  • 創春寮(教育寮)
  • 白萩寮
  • 桜香寮 A・B棟
  • 朝霧寮
  • 香峯寮
  • 陽光寮

大学院生寮[編集]

  • 桂冠寮
  • 正義寮
  • 創英寮
  • パイオニアホール
  • ゼフィールA
  • 橋本寮

男子留学生寮[編集]

  • 宝友寮

女子留学生寮[編集]

  • 秋桜寮
  • サンフラワーホール

スポーツ寮[編集]

  • 野球部:光球寮
  • 柔道部(男子):誓伸寮
  • 柔道部(女子):誓峯寮
  • 陸上部:太陽の丘クラブハウス

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

創価大学では、公認されているクラブ団体は、すべて創価大学学友会に所属している[8]。学友会には学術局・文芸局・体育会が存在する。また、学友会に所属しないサークルも複数存在する。
2014年現在、学友会には体育会45団体・文芸局29団体・学術局37団体が所属している。その他、学友会には所属していないが、「創価大学ワールド会」や「学生国際センター」なども存在する[9]

大学祭[編集]

大学祭は「創大祭」と呼ばれ、例年10月に催される。
また、通信教育部の学園祭は、通学課程と違い、8月の夏季スクーリングの最中に行われる。「学光祭」と呼ばれ、「光友会」という県人会単位で模擬店を出したり、クラス単位でカラオケ斉唱する。最後に学生歌を吹奏楽部伴奏で歌う。

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 創価大学の同窓会は「創友会」と称している。在学生に対し「創友会スカラシップ」という奨学金を運営している。

大学関係者一覧[編集]

対外関係[編集]

国際交流[編集]

第二次世界大戦後の中華人民共和国との国交回復に伴い学生6人を日本の大学として初めて受け入れており[要出典]、中華人民共和国内にはその時の縁から交流のはじまった大学がある。2006年には創価大学北京事務所を開設した。

海外の主な交流大学[編集]

系列校・教育機関[編集]

以下の学校は、いずれも別の学校法人による設置であり、いわゆる「附属学校」ではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]