群馬大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
群馬大学
荒牧キャンパス正門ロータリー
荒牧キャンパス正門ロータリー
大学設置 1949年
創立 1873年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人群馬大学
本部所在地 群馬県前橋市荒牧町4-2
キャンパス 荒牧(群馬県前橋市)
昭和(群馬県前橋市)
桐生(群馬県桐生市)
太田(群馬県太田市)
学部 教育学部
社会情報学部
医学部
理工学部
研究科 教育学研究科
社会情報学研究科
医学系研究科
保健学研究科
理工学府
ウェブサイト 群馬大学公式サイト
テンプレートを表示

群馬大学(ぐんま だいがく、英語: Gunma University)は、群馬県前橋市荒牧町4-2に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は群大(ぐんだい)。

概観[編集]

キャンパスは教育学部および社会情報学部がある荒牧地区(前橋市)と、医学部のある昭和地区(前橋市)、工学部がある桐生地区(桐生市)に分かれている。なお、最初の1年次は学部を問わず荒牧地区で教養科目を中心に学ぶ。(工学部生産システム工学科夜間主コース生のみ、1年次の教養科目が太田キャンパスで開講される。)

学部・大学院以外に総合情報メディアセンター(旧附属図書館と旧総合情報処理センター等を統合)、生体調節研究所、、医学部附属病院、地域共同研究センター、機器分析センター、サテライト・ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーなどの施設がある。2003年にナノ材料システム工学専攻が設立されたが、2007年度の学科改組みによりナノ材料システム工学専攻という名前は消滅し、生産システム工学科等へ組み入れられる。

国立大学法人化の際、埼玉大学との合併が検討されたが、教育学部の統合問題などにより、凍結されている。しかしながら、引き続き北関東地域の拠点としての役目を担っており、2007年度の特別研究経費採択額22億7千万円は全国公私立大学中4番目である。

またイギリスTimes紙の『2007年世界大学ランキング』によると、群馬大学は世界ランキング252位(国内16位)であった。

沿革[編集]

年表[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 荒牧キャンパス(群馬県前橋市荒牧町4丁目2)
  • 昭和キャンパス(群馬県前橋市昭和町3丁目39-22)
  • 桐生キャンパス(群馬県桐生市天神町1丁目5-1)
  • 太田キャンパス(群馬県太田市本町29-1)

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

教育学部[編集]

教育学部は、1873年設立の小学校教員伝習所に端を発する群馬師範学校1918年設立の農業講習科に端を発する群馬青年師範学校に由来する。この二つの学校を母体として、1949年に群馬大学学芸学部が発足した。学芸学部は1966年教育学部に改称している。1999年に大学院教育学研究科(修士課程)が設けられ、2008年に大学院教育学研究科(専門職学位課程)、いわゆる教職大学院が設置された。

  • 高等学校教諭(情報・工業)の免許状は自然・情報系の技術専攻で得られる。
  • 教育学部の特色あるカリキュラム
一年次:教育現場体験学習
二年次:授業実践基礎学習
三年次;教育実習
四年次:教育実践インターンシップ(希望者)
特色あるカリキュラムの中でも特筆されるべきは、一年次から教育現場体験の場が設けられたことだ。これは、三年次で行われる教育実習と異なり、実際に授業を行うものではない。授業の準備や生徒との交流など、現職員のさまざまな仕事を手伝うことが体験学習の中心である。しかし、公立小中学校において実際に現職員や生徒たちと接するという点では、教育実習と何ら違いは無い。一年次から教職という仕事を肌で感じ取ることで、学ぶ際のモチベーションを向上させるのが狙いのようだ。
社会情報学部[編集]
  • 情報行動学科[6]
    • 情報メディアコース
    • 情報システムコース
      注:2年後期にコースに所属
  • 情報社会科学科[7]
    • 専門科目の科目群[8]:社会・政治科目群、法律科目群、経済科目群、経営科目群、環境科学科目群

社会情報学部1993年に新設された学部である。1998年に大学院社会情報学研究科(修士課程)が設けられた。2006年より、これまでの単一学科制から2学科制となった。

医学部[編集]

医学部は、1943年設立の前橋医学専門学校を前身とする前橋医科大学に由来する。1949年、群馬大学の医学部となり、1955年には大学院医学研究科(博士課程)が設けられた。旧制医学専門学校を前身とする医学部として、弘前、東京医科歯科、信州、鳥取、広島、徳島、鹿児島とともに新八医科大学と呼ばれる。大学院は2001年に医学系研究科に改称し、2003年に博士前期課程・後期課程をもつ大学院に改組された。

理工学部[編集]

工学部1915年設立の桐生高等染織学校の後身である桐生工業専門学校が母体となっている。1949年に他の学部とともに群馬大学の学部として発足した。1964年に大学院工学研究科が、1989年に博士課程が設置された。2007年には、大学院重点化による学科・専攻の大幅な改組再編が行われ、同年、太田市に生産システム工学科のキャンパスが開設された。同学科以外は桐生キャンパスに留まる。さらに2013年理工学部へ改編が行われた。改編前の工学部は、応用化学・生物化学科、機械システム工学科、生産システム工学科、環境プロセス工学科、社会環境デザイン工学科、電気電子工学科、情報工学科で構成されていた。

大学院[編集]

教育学研究科[編集]
  • 修士課程
    • 障害児教育専攻
      • 障害児教育専修
    • 教科教育実践専攻
      • 国語教育専修
      • 社会科教育専修
      • 数学教育専修
      • 理科教育専修
      • 音楽教育専修
      • 美術教育専修
      • 保健体育専修
      • 技術教育専修
      • 家政教育専修
      • 英語教育専修
  • 専門職学位課程教職大学院
    • 教職リーダー専攻
      • 児童生徒支援コース
      • 学校運営コース
社会情報学研究科[編集]
  • 社会情報学専攻(修士課程)
    • 研究領域[20]:経済・経営領域[21]、地域・行政領域[22]、文化・コミュニケーション領域[23]
医学系研究科[編集]
  • 生命医科学専攻(2年制修士課程)
    • 専攻分野:基礎医学系(17分野)[24]、臨床医学系(14分野)[25]、協力・連携講座(15分野)[26]
  • 医科学専攻
      • 高次機能統御系
        • 講座:脳神経病態制御学[27]、脳神経発達統御学[28]、高次細胞機能解析学[29](協力講座)
      • 代謝機能制御系
        • 講座:器官代謝制御学[30]、器官機能制御学[31]、代謝・内分泌学[32](協力講座)、生体機能解析学[33](連携講座)、
      • 臓器病態制御系
        • 講座:病態腫瘍制御学[34]、重粒子線医学[35](協力講座)、遺伝情報・発現学[36](協力講座)
      • 環境病態制御系
        • 講座:生体防御機構学[37]、社会環境医療学[38]、生体情報学[39](協力講座)
    • 特別コース[40]
      • 基礎・臨床融合型研究推進コース
        • トランスレーショナルリサーチコース
      • 重粒子線医工学グローバルリーダー養成プログラム・重粒子線医工連携コース
      • 国際協力型がん臨床指導者養成コース
        • 腫瘍外科学指導者コース
        • 集学的臨床腫瘍学指導者コース
        • 放射線・粒子線腫瘍学指導者コース 
        • がん薬学研究指導者コース
        • がん医療開発学研究指導者コース
      • アジア核医学指導者養成コース
      • 医療開発医科学コース(地域オープンイノベーションR&D人材養成コース)
保健学研究科[編集]
大学院理工学府[編集]

2013年度に工学研究科から理工学府に組織改編。工学研究科の博士前期課程は、応用化学・生物化学専攻、機械システム工学専攻、生産システム工学専攻、環境プロセス工学専攻、社会環境デザイン工学専攻、電気電子工学専攻、情報工学専攻で構成。後期課程は工学専攻のみだった。

  • 理工学専攻
    • 博士前期課程
      • 物質・生命理工学教育プログラム[47]
      • 知能機械創製理工学教育プログラム[48]
      • 環境創生理工学教育プログラム[49]
      • 電子情報・数理教育プログラム[50]
    • 博士後期課程[51]
      • 物質・生命理工学領域
      • 知能機械創製理工学領域
      • 環境創生理工学領域
        • 日清紡アドバンストカーボン工学講座(寄附講座)
      • 電子情報・数理領域

特別専攻科[編集]

  • 特別支援教育特別専攻科(修業年限:1年)
    • 一種免許状取得コース
    • 専修免許状取得コース

附属機関[編集]

  • 附置研究所
    • 生体調節研究所
      • 生体情報部門
        分野:遺伝子情報、細胞構造、シグナル伝達、核内情報制御
      • 病態制御部門
        分野:分泌制御、細胞調節、生体膜機能、遺伝生化学、分子細胞制御
      • 附属生体情報ゲノムリソースセンター
        分野:疾患ゲノム研究、ゲノム科学リソース
      • 代謝シグナル研究展開センター
        分野:代謝シグナル解析、トランスレーショナルリサーチ
      • 生体情報シグナル研究センター
        分野:分泌制御、生体膜機能
  • 総合情報メディアセンター
    • 図書館
      • 中央図書館
      • 理工学図書館
      • 医学図書館
    • 情報基盤部門
  • 大学教育・学生支援機構
    • 教育基盤センター
    • 学生支援センター
    • 学生受入センター
    • 健康支援総合センター
  • 研究・産学連携戦略推進機構
    • 研究戦略室
    • 産学連携・知的財産戦略室
      • 産学連携・共同研究イノベーションセンター
        • 群馬大学TLO
      • 高度人材育成センター
        • インキュベーションセンター
    • 機器分析センター
  • 重粒子線医学推進機構
    • 重粒子線医学研究センター
    • 重粒子線医学センター
  • 国際教育・研究センター
  • 未来先端研究機構
  • 多文化共生教育・研究プロジェクト推進室
  • 多職種連携教育研究研修センター
  • 先端科学研究指導者育成ユニット
  • 学部附属機関
    • 社会情報学部
      • 社会情報学研究センター
    • 教育学部
      • 附属小学校
      • 附属中学校
      • 附属幼稚園
      • 附属特別支援学校
      • 附属学校教育臨床センター
    • 医学部
    • 医学系研究科
      • 附属生物資源センター
      • 附属薬剤耐性菌実験施設
      • 附属教育研究支援センター
      • 附属医学教育センター
    • 保健学研究科
      • 附属保健学研究・教育センター
    • 理工学府
      • ケイ素科学国際教育研究センター

学生寮[編集]

  • 啓真寮(桐生市天神町三丁目14番45号)
    収容人員は男子102名。居室は個室
  • 養心寮(前橋市若宮町二丁目14番7号)
    収容人員は男子74名、女子62名。居室は個室

研究[編集]

21世紀COEプログラム[編集]

21世紀COEプログラムとして2件採択された。

  • 2002年
    生命科学
    生体情報の受容伝達と機能発現(生体調節研究所)
  • 2004年
    革新的な学術分野
    加速器テクノロジーによる医学・生物学研究(医学系研究科医科学専攻)
    • このプロジェクトに伴い、大学附設としては全国初となる重粒子線治療施設を建設することとなった。150億円規模の国家的な事業として平成19年2月17日に着工し、平成22年3月より稼働開始した。先進的な低侵襲がん治療を実施し、さらにはこの分野の新規開発研究を行うことを目的としており、外科治療や化学療法との連携の上で、がん治療における教育研究拠点としての役割が求められている。

グローバルCOEプログラム[編集]

グローバルCOEプログラムとして1件採択されている。

  • 2007年
生命科学
  • 生体調節シグナルの統合的研究(生体調節研究所)

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国際・学術交流等協定校
部局間学術交流等協定校

附属学校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年度版の大学概要[1]によると、講座は、国語教育、社会科教育、英語教育がある。
  2. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、数学教育、理科教育、技術教育がある。
  3. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、音楽教育、美術教育がある。
  4. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、家政教育、保健体育がある。
  5. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、学校教育、障害児教育がある。
  6. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、情報行動のみ。
  7. ^ 2014年度版の大学概要によると、講座は、情報社会科学のみ。
  8. ^ 2014年度版の大学概要
  9. ^ 2014年度版の大学概要によると、学科目には、医倫理学、生命医学、応用医学、卒前臨床実習(クリニカル・クラークシップ)、実践臨床病態学がある。
  10. ^ 2014年度版の大学概要によると、各専攻に複数の学科目があるほか、共通の学科目として医療基礎学がある。
  11. ^ 2014年度版の大学概要によると、学科目には、基礎看護学、臨床看護学、母子看護学、地域看護学がある。
  12. ^ 2014年度版の大学概要によると、学科目には、基礎検査学、応用検査学がある。
  13. ^ 2014年度版の大学概要によると、学科目には、基礎理学療法学、総合理学療法学がある。
  14. ^ 2014年度版の大学概要によると、学科目には、基礎作業療法学、心身障害作業療法学がある。
  15. ^ 2014年度版の大学概要によると、基礎理学系分野、化学・生物学統合分野、物質科学分野、生物科学分野、計測科学分野がある。
  16. ^ 2014年度版の大学概要によると、基礎理学系分野、機械知能システム理工学統合分野、エネルギーシステム分野、マテリアルシステム分野、メカトロニクス分野、インテリジェントシステム分野がある。
  17. ^ 2014年度版の大学概要によると、基礎理学系分野、環境創生理工学統合分野、社会基盤工学分野、化学工学分野、環境科学分野がある。
  18. ^ 2014年度版の大学概要によると、基礎理学系分野、電子情報理工学統合分野、電子デバイス分野、電気工学分野、情報処理・通信分野、計算機科学分野がある。
  19. ^ 2014年度版の大学概要によると、基礎理学系分野、化学・生物学統合分野、機械知能システム理工学統合分野、環境創生理工学統合分野、電子情報理工学統合分野がある。
  20. ^ 2014年度版の大学概要による。2014年度版の社会情報学研究科の履修手引[2]では、「社会情報基盤領域」も記載さており、他の3領域共通の土台となる領域とされている。
  21. ^ 経済・産業、経営・環境に区分される。
  22. ^ 地域・コミュニティ、行政・法律に区分される。
  23. ^ 文化・歴史、コミュニケーションに区分される。
  24. ^ 2015年度入学生用の生命医科学専攻の学生募集要項[3]によると、分野には、神経生理学、病態病理学、神経薬理学、遺伝発達行動学、分子細胞生物学、生体構造学、生化学、機能形態学、応用生理学、病態腫瘍薬理学、病理診断学、分子予防医学、細菌学、国際寄生虫病学、法医学、公衆衛生学、医学哲学・倫理学がある。
  25. ^ 2015年度入学生用の生命医科学専攻の学生募集要項によると、分野には、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学、神経精神医学、病態制御内科学、泌尿器科学、産科婦人科学、臨床薬理学、臨床検査医学、臓器病態内科学、病態総合外科学、腫瘍放射線学、放射線診断核医学、小児科学、リハビリテーション医学、総合医療学がある。
  26. ^ 医学部附属病院との協力講座には「情報医療学」の1分野、生体調節研究所との協力講座には、遺伝子情報、細胞構造、シグナル伝達、核内情報制御、分泌制御、細胞調節、遺伝生化学、分子細胞制御、代謝シグナル解析、ゲノム科学リソース、生体膜機能の11分野、重粒子線医学研究センターとの協力講座には、重粒子線医学物理・生物学、重粒子線臨床医学の2分野、日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所との連携講座には、生体機能解析学の1分野がある。
  27. ^ 2015年度版の学生募集要項[4]によると、専攻分野には、脳神経再生医学、病態病理学、脳神経内科学、脳神経外科学、眼科学がある。なお、2014年度版の大学概要では、脳神経再生医学がなく、神経生理学が記載されている。
  28. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、神経薬理学、遺伝発達行動学、分子細胞生物学、神経精神医学、麻酔神経科学がある。
  29. ^ 2015年度版の学生募集要項によると、専攻分野には、細胞構造、分泌制御、生体膜機能がある。なお、2014年度版の大学概要では、生体膜機能が記載されていない。
  30. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、生体構造学、病態制御内科学、泌尿器科学、産科婦人科学、臨床薬理学がある。
  31. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、生化学、機能形態学、応用生理学、臨床検査医学、整形外科学、臓器病態内科学がある。
  32. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、細胞調節、遺伝生化学、代謝シグナル解析がある。
  33. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野は、生体機能解析学のみ。
  34. ^ 2015年度版の学生募集要項によると、専攻分野には、病態腫瘍薬理学、病理診断学、病態総合外科学、腫瘍放射線学、放射線診断核医学、顎口腔科学、臓器病態外科学、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学がある。なお、2014年度版の大学概要では、これら8分野のほか、バイオイメージング情報解析学(寄付講座)、分子画像学(寄付講座)、がん治療臨床開発学講座(寄付講座)があるとされている。
  35. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、重粒子線医学物理・生物学、重粒子線臨床医学がある。
  36. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、遺伝子情報、核内情報制御、ゲノム科学リソースがある。
  37. ^ 2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、分子予防医学、細菌学、国際寄生虫病学、法医学、生体統御内科学、小児科学、皮膚科学がある。
  38. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、公衆衛生学、医学哲学・倫理学、総合医療学、救急医学、リハビリテーション医学、情報医療学(協力分野)がある。
  39. ^ 2015年度版の学生募集要項、2014年度版の大学概要によると、専攻分野には、シグナル伝達、分子細胞制御がある。
  40. ^ 2015年度版の学生募集要項
  41. ^ 2015年度入学生用の保健学研究科の入学案内[5]によると、教育研究分野には、基礎看護学分野、基礎生体情報検査科学分野、基礎リハビリテーション学分野がある。
  42. ^ 2015年度入学生用の保健学専攻の入学案内によると、教育研究分野には、応用看護学分野、応用生体情報検査科学分野、応用リハビリテーション学分野がある。
  43. ^ 2015年度入学生用の保健学専攻の入学案内によると、教育研究分野には、地域・国際看護分野、地域・国際生体情報検査科学分野、地域・国際リハビリテーション学分野がある。
  44. ^ 2015年度入学生用の保健学専攻の入学案内によると、基礎看護学分野、応用看護学分野、地域・国際看護分野がある。
  45. ^ 2015年度入学生用の保健学専攻の入学案内によると、基礎生体情報検査科学分野、応用生体情報検査科学分野、地域・国際生体情報検査科学分野がある。
  46. ^ 2015年度入学生用の保健学専攻の入学案内によると、基礎リハビリテーション学分野、応用リハビリテーション学分野、地域・国際リハビリテーション学分野がある。
  47. ^ 2014年度版の大学概要によると、物質・生命理工学統合分野、物質科学分野、生物科学分野、計測科学分野がある。
  48. ^ 2014年度版の大学概要によると、知能機械創製理工学統合分野、エネルギーシステム分野、マテリアルシステム分野、メカトロニクス分野、インテリジェントシステム分野がある。
  49. ^ 2014年度版の大学概要によると、環境創生理工学統合分野、社会基盤工学分野、流域マネジメント工学分野、災害社会工学分野、エネルギー創生分野、環境システム制御分野、バイオプロセス開発分野、環境材料創製分野、日清紡アドバンストカーボン工学講座(寄附講座)がある。
  50. ^ 2014年度版の大学概要によると、電子情報理工学統合分野、電子デバイスシステム分野、計測・制御・エネルギー分野、情報通信システム分野がある。
  51. ^ 領域は、2014年度版の大学概要による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。 座標: 北緯36度25分49秒 東経139度02分42秒 / 北緯36.43028度 東経139.04500度 / 36.43028; 139.04500