重慶市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 重慶市
Chongqing montage.png
簡称:
別称:山城、霧都
旧称:巴郡、江州、楚州、渝州、恭州
中華人民共和国中の重慶市の位置
中華人民共和国中の重慶市の位置
中心座標 北緯29度33分00秒 東経106度30分00秒 / 北緯29.55000度 東経106.50000度 / 29.55000; 106.50000
簡体字 重庆
繁体字 重慶
Chóngqìng
カタカナ転記 チョンチン
国家 中華人民共和国
行政級別 直轄市
政府所在地 渝中区
設立 1997年
市委書記 孫政才(前吉林省委書記)
市長 黄奇帆(前副市長、元上海浦東新区管理委員会副委員長)
面積
- 総面積 82,400 km²
海抜 237 m
人口
- 総人口(2010) 2884.6 万人
- 市区人口(2011) 671 万人
- 都市化率(2008) 48.3 %
経済
- GDP(2010) 10011 億元
- 一人あたりGDP 34,705元
電話番号 023
郵便番号 400000 - 409912
ナンバープレート 渝 A, B, C, F, G, H
行政区画代碼 500000
市樹 黄桷樹
市花 山茶
2010年のHDIは 0.783。
公式ウェブサイト http://www.cq.gov.cn/

重慶市(じゅうけいし/チョンチンし、中国語:重庆市、英語:Chongqing)は、中華人民共和国直轄市である。国家中心都市の一つに指定されている。

重慶市の人口は2884万人(2010年[1]。市の面積そのものが北海道並みに広く、市内に多くの県や農村部を抱えていることから、人口密度は350人/km2とかなり低い。2011年都市圏人口は671万人であり、中国第7位、世界では第45位の都市部である[2]

略称の「渝」は重慶市内にある嘉陵江の古称、渝水からきている。もともとは四川省に属していたが、1997年3月14日、第8期全人代第5次会議において、直轄市に昇格した。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第84位の都市と評価されており[3]、中国本土では北京上海広州深センに次ぐ第5位である。

地理[編集]

揚子江川と重慶センタービジネス地区の夜景.

重慶市は長江上流の四川盆地東部に位置し、東は湖南省湖北省、西は四川省、南は貴州省、北は陝西省と接する。東西470km、南北450kmにわたる広大な面積を持ち、総面積は8.24万平方キロメートルである。市の中心部では北から嘉陵江が合流し、涪陵烏江が合流する。

現在中華人民共和国に4つある直轄市の中で最大の面積を誇る。面積が広大である(北海道島よりも広い)ため、全域の人口では上海市北京市天津市の他の3直轄市や香港特別行政区などを上回る。ただ、中国の三大都市は上海市北京市広州市の三都市を指すことが一般的であり、重慶の都市的地域の人口もさほど多くない。2011年都市的地域の人口は671万人であり、世界第45位である[4]

中国の物流の大動脈である長江沿岸に栄えた重慶は古くから水運が発達していたが、三峡ダムの完成後は1万トン級の船舶も直接重慶まで航行することができるようになり、併せて整備される保税区との相乗効果で重慶港は内陸の国際コンテナターミナルとして大きな発展が見込まれている。

市内にはガス田などの豊富なエネルギー資源があり、内陸部内での輸送コストにおいて有利な点から工業都市として発展している。

気候[編集]

盆地であるが故に夏は酷暑となり7月の平均気温は28.5度に達し、湿度も高く非常に蒸し暑く不快指数は非常に高い。いずれも長江流域の武漢南京と並んで「三大火炉」と呼ばれている。冬季は温暖で1月の平均気温は7.7度。年中曇りや雨の日が多く、中国で最も日照時間が少ない都市のひとつである。


重慶 (1951-2007)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 10.3
(50.5)
12.8
(55)
17.9
(64.2)
23.3
(73.9)
28.9
(84)
32.6
(90.7)
35.5
(95.9)
33.6
(92.5)
28.1
(82.6)
21.9
(71.4)
16.9
(62.4)
11.8
(53.2)
22.8
(73.03)
平均最低気温 °C (°F) 5.8
(42.4)
7.5
(45.5)
11.1
(52)
15.4
(59.7)
19.0
(66.2)
25.9
(78.6)
26.7
(80.1)
25.6
(78.1)
20.9
(69.6)
16.3
(61.3)
12.1
(53.8)
7.6
(45.7)
16.16
(61.08)
降水量 mm (inch) 19.4
(0.764)
21.2
(0.835)
40.8
(1.606)
92.2
(3.63)
155.2
(6.11)
177.1
(6.972)
166.9
(6.571)
133.4
(5.252)
124.4
(4.898)
91.1
(3.587)
47.9
(1.886)
24.1
(0.949)
1,093.7
(43.06)
出典: 中国気象台 2010-03-20

歴史[編集]

古代の巴国の地である。巴国は紀元前316年秦国に滅ぼされた。南北朝時代が渝州と命名した。これを略した「渝」は現在も重慶の略称として自動車のナンバープレート等に使われている。1189年淳熙16年)南宋光宗により重慶と命名された。

1891年長江沿岸の港湾として対外開放され、1929年重慶市政府が成立した。日中戦争首都であった南京が陥落すると、1938年蒋介石中国国民党は首都機能を重慶に移転させ、日本軍は中国の臨時首都となった重慶に戦略爆撃、後に無差別爆撃を行った(重慶爆撃)。

経済[編集]

重慶の中央ビジネス地区の夜景.

重慶市の2011年の市内総生産は約10011億元(約1570億ドル)であり、中国の都市では第7位である。一人当たりのGDPは約5443ドルであり、これは中国本土の平均的な数字である。

重慶は1895年に締結された日清講和条約の条文にある「清国は、荊州府沙市、重慶府、蘇州府杭州府を日本に開放する」により対外開放され、長江を使って宜昌を経由して東部へ、また中部の各所への輸送が強化され、外資、民族資本が投入され近代工業が興った。

日中戦争中に南京市武漢市などから主要工場を疎開させたため産業が集積した。

中華人民共和国成立後、内陸部工業化の重点都市となり、中ソ対立の時期には上海市東北部から工場が四川省などへ移転し重慶にも多額の国家投資が1976年まで投入された。重慶は機械工業、総合化学工業、医薬品、電子機器、電力設備、食品加工、建築資材、ガラス工業、冶金などの各工業が組み合わさった一大基地となり、一時は「工業は重慶に学べ」のスローガンすら出た。

一時中国6大工業基地の一翼となるが、内陸部から資本の撤退により衰退をしていった。1980年代の改革開放後、上海など沿海部の都市が目覚しく発展したのに対し、重慶は発展から取り残され、以前とは逆に経済的に立ち遅れた地域になっていた。

1997年内陸部振興のため重慶直轄市が新設され、中国人民銀行重慶営業管理部が設置されるなど、再生の努力がなされている。現在の主力産業は自動車産業(自動車、オートバイ)であり、また中国内最大の軍事設備生産の拠点でもある。 改革開放政策による急激な需要の増大に対し、老齢化した設備により一時期大気汚染がひどく、多数の公害病患者が出たことでも知られたが、近年は設備の近代化や環境対策により以前ほど深刻ではなくなってきている。

市内のガス田で2006年3月25日に大規模な天然ガス漏出事故が発生。付近の住民1万人以上が避難する騒ぎとなった。

行政区画[編集]

重慶市は中央直轄市として19市区、15県、4自治県を管轄する。

年表[編集]

軍事[編集]

成都軍区に属する快速反応部隊である第13集団軍司令部が市内に駐屯し、空軍の第33航空師団(戦闘機師団)が大足基地に所在する。

教育[編集]

交通[編集]

空港[編集]

重慶には、重慶江北国際空港万州五橋空港黔江舟白空港の三つの空港がある。他に軍用の白市駅空港、登雲空港、梁平空港(廃棄)、珊瑚壩空港(廃棄)、広陽壩空港(廃棄)、大中壩空港(廃棄)、九龍坡空港(廃棄)などもある。

鉄道[編集]

  • 重慶駅
    成渝線成都方面)、川黔線貴陽方面)、襄渝線(華北方面)の発着駅。
  • 重慶北駅
    渝懐線(湖南方面)、遂渝線(成都方面)、襄渝線(華北、華東方面)の快速列車/極速列車が発着。
  • 沙坪壩駅
    補助駅 成渝線 襄渝線
  • 重慶南駅
    補助駅 渝黔線
  • 涪陵駅
    渝懐線
  • 長寿駅
    渝懐線
  • 武隆駅
    渝懐線
  • 彭水駅
    渝懐線
  • 黔江駅
    渝懐線
  • 酉陽駅
    渝懐線
  • 秀山駅
    渝懐線
  • 万州駅
    宜万線 達万線
  • 梁平駅
    達万線
  • 綦江駅
    渝黔線
  • 江津駅
    成渝線
  • 永川駅
    成渝線
  • 大足駅
    成渝線
  • 栄昌駅
    成渝線
  • 北碚駅
    襄渝線 遂渝線
  • 合川駅
    遂渝線
  • 潼南駅
    遂渝線
  • 南川駅
    万南線

高空公共ロープウェイ[編集]

重慶独特の都市交通手段として、大河を渡るロープウェイ(索道)が使われている。現在のところ重慶には一本のロープウェイが営業中。

  • 重慶索道1號線(長江ロープウェイ)長安寺~上新街

道路[編集]

G210国道G212国道G319国道中国語版の3本の国道が中心部を通る。

水運[編集]

  • 朝天門埠頭から市内の長江沿い各県行き、及び武漢上海行きの定期船や長江下りの客船が発着する。
  • 市内を流れる長江に建設されたコンテナターミナルは中国内陸部最大規模を誇る。

市内公共交通[編集]

  • 路線バス
  • エレベーター
    坂を歩いて登り下りしないで済むように有料エレベーターがある。
    • 王冠エレベーター(両路口~重慶駅)
    • 凱旋路リフト(凱旋路~較場口)

日本との関係[編集]

日本外務省は重慶市に総領事館をおいている。

公害(空気汚染)対策として、重慶モノレール第一期工事では43億元の総投資額のうちODAによる円借款(10年据え置き、40年償還、年利0.7%)271億円(約20億元)、23億元の支援を実施。大学の廃棄物処理研修や老齢化していた天然ガス、火力発電所などに最新排煙脱硫装置を設置するなどを実施した。また、中国沿岸部に対して、内陸、西部の発展の中心的役割を担っている同市に対して、学校設備整備、乳児死亡率減少を目指して医療設備などの支援を実施した。

長江と嘉陵江に挟まれているという立地条件から市内と郊外を結ぶ交通は自ずと橋に集中することになるが、この橋の料金所がボトルネックとなり渋滞が頻発していた。1999年に市内に架かる重慶長江第一大橋、嘉陵江大橋、石門大橋の有料三橋の料金収受システムの国際競争入札において豊田通商及びデンソーが受注し、日本式のETC(自動料金収受システム)が設置されている。

内陸のため地の利が悪い(日本との物流的に不利)こともあり、日本人の常駐者は重慶市の総人口に比してかなり少ないが、近年はスズキ自動車の現地合弁企業である重慶長安鈴木汽車をはじめとした自動車関連企業や環境関連企業などが進出している。

抗日戦争関連施設として紅岩革命記念館などがある。

スポーツ[編集]

名産[編集]

主要観光地[編集]

友好都市[編集]

  • 重慶市江津区

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式

日本政府

観光

ブログ