桐生市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きりゅうし
桐生市
Kiryutenmangu.jpg
Flag of Kiryu, Gunma.svg
桐生市旗
群馬県桐生市市章.svg
桐生市章
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
団体コード 10203-2
面積 274.57km²
総人口 115,536
推計人口、2014年9月1日)
人口密度 421人/km²
隣接自治体 前橋市伊勢崎市太田市
沼田市みどり市
栃木県足利市佐野市
市の木 モクセイ
(1975年4月15日制定)
市の花 サルビア
(1975年4月15日制定)
市のシンボル
(1975年4月15日制定)
桐生市役所
所在地 376-8501
群馬県桐生市織姫町1番1号
北緯36度24分18.6秒東経139度19分50.1秒
桐生市役所庁舎
外部リンク 桐生市

桐生市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

桐生市(Kiryu_City_群馬)は、群馬県の東部に位置するの一つ。

日本を代表する機業都市であり、奈良時代から絹織物の産地として知られ、桐生織京都西陣西陣織と並び称された。その歴史を物語るように、市域には数多くの歴史的建造物、史跡などの文化財が残されている。1921年(大正10年)の市制施行当時の区域は旧山田郡。現在の市域は、旧山田郡・足利郡安蘇郡勢多郡の区域で構成される。市域人口は約12万人。

目次

概要[編集]

上毛かるたで「桐生は日本の機どころ」と詠まれるなど、古くから絹織物の産地として知られる。川内町北部は古く仁田山と呼ばれ、仁田山紬の産地として知られた。地名の由来は、「が多く自生する土地」から「桐生」とも、「が多く発生する土地」から「霧生」とも言われているが、どちらも決め手は無い。

1889年(明治22年)に町村制が施行され、山田郡桐生新町を中心とする町村合併によって桐生町が発足した。桐生町は1921年(大正10年)に東毛地域内で最も早く市制を施行した。旧市街地には商家や鋸屋根の織物工場など歴史的建造物が残っている。

日本を代表する絹織物の産地であり、製糸撚糸染織縫製など、繊維に関する様々な技術が集積していることから「織都(しょくと)」という雅称がある。絹織物の繁栄により蓄えられた富は、桐生明治館桐生倶楽部水道山記念館など多くの文化財や市営桐生が岡公園大川美術館などを生んだ。下水道普及率も70%を越え、群馬県内の市では高崎市と並んでトップレベルにある。

市のキャッチフレーズは、「伝統と創造、粋のまち桐生」。絹織物によって育まれた高い技術によって、パチンコ産業や自動車部品産業などでいくつもの優良企業が誕生した。また、地元に国立群馬大学工学部がある利点を活かし、産学官連携による次世代のエネルギー産業の育成にも積極的に動いている。

長く桐生競艇からの収益に依存したこと、高い起業熱や優れた人材の多さが市内から全国区の優良企業を多く生んだことなどから、県内他市と比べて大型工場の誘致に熱心でなかった。その結果、現在では人口減少という深刻な課題が生じている。さらに、両毛地方ではモータリゼーションの進展に伴う中心市街地の空洞化が問題となっており、伝統的建造物を利用した旧市街地の活性化が図られている。

野球が盛んで「球都」と呼ばれる。市内には全国制覇を経験した桐生第一高等学校や、甲子園で準優勝を二度果たした群馬県立桐生高等学校があるほか、硬式野球部を持つ7校中5校が甲子園を経験している。

隣接するみどり市とは、様々な方面で相互補充の関係にあり、東毛エリアでも一括りに扱われることが多い。

地理[編集]

桐生市中心部周辺の空中写真。渡良瀬川が北西から南東方向へ流れる。桐生の市街地は渡良瀬川の東岸に広がる。画像左側に見える2つ並んだ水面は桐生競艇場(住所上の所在地は西隣のみどり市)である。1986年撮影の18枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

地勢[編集]

関東平野の北端の一角にあり、北には足尾山地が連なる。また、市内には渡良瀬川桐生川が流れる。

市域の7割以上が山地で、少ない平地の大半が人口集中地区となっており、桐生市街地は、桐生川が足尾山地から関東平野に流れ出す地点に形成された谷口集落を基礎として発達している。

新里地区・黒保根地区(旧新里村・旧黒保根村、2005年に桐生市に編入)は、桐生市中心部とは間にみどり市を挟んで離れており、飛地となっている。平成の大合併以前の旧桐生市の面積(137.47km²)と、飛地として加わった旧新里村・旧黒保根村の合計面積(137.10km²)がほぼ同じであり、このような大規模な飛地のある自治体は日本でも数えるほどしかない。[1]

平野[編集]

山岳[編集]

河川[編集]

  • 渡良瀬川
    赤城山を背にした渡良瀬川
    • 小黒川
      • 寒戸川 - 高楢川 - 鹿角川 - 田沢川
    • 川口川
      • 猿川 - 鳥居川
    • 深沢川
    • 山田川
      • 名久木川
    • 小倉川
    • 広沢川
    • 桐生川
      • 皆沢川 - 忍山川 - 高沢川 - 金沢川 - 黒川 - 小友川
  • 粕川の支流)
    • 蕨沢川 - 鏑木川
  • 利根川の支流)

湖沼[編集]

  • 丸山池
  • 梅田湖(人造湖
  • 鶴ヶ谷沼

気候[編集]

気候区分太平洋側気候に属するが、夏と冬の気温の差が激しい内陸性気候の特徴もみられる。

  • 年間平均気温 14.2℃
  • 最高気温 39.0℃
  • 最低気温 -8.6℃

天気予報区分[編集]

2006年3月1日より、群馬県における天気予報および注意報警報の細分区域が変更された。 一次細分区域は、桐生市を含む区域については、これまで通りの「南部」とされ、二次細分区域は、かつての「前橋東毛」(黒保根町を除く桐生市)・「赤城榛名」(黒保根町)から、全市域が「前橋・桐生地域」という区分となった。

前橋・桐生地域」には、桐生市・みどり市の他、前橋市渋川市北群馬郡が含まれる。

人口[編集]

年齢構成[編集]

階級別人口 [単位 人] 2005年3月末
総計   男女別
年齢 人口 年齢
0〜4歳 G30.pngG10.pngG01.pngG01.png 4,241 2,211 B10.pngB10.pngB01.pngB01.png 0〜4歳 R10.pngR10.pngR01.pngR01.png 2,030
5〜9 G30.pngG10.pngG05.pngG03.png 4,781 2,473 B10.pngB10.pngB05.png 5〜9 R10.pngR10.pngR03.png 2,308
10〜14 G50.png 4,984 2,589 B10.pngB10.pngB05.pngB01.png 10〜14 R10.pngR10.pngR03.pngR01.png 2,395
15〜19 G50.pngG03.png 5,347 2,785 B10.pngB10.pngB05.pngB03.png 15〜19 R10.pngR10.pngR05.pngR01.png 2,562
20〜24 G50.pngG10.pngG03.png 6,294 3,385 B30.pngB03.pngB01.png 20〜24 R10.pngR10.pngR05.pngR03.pngR01.png 2,909
25〜29 G50.pngG10.pngG05.png 6,473 3,294 B30.pngB03.png 25〜29 R30.pngR01.pngR01.png 3,179
30〜34 G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.png 7,768 3,976 B30.pngB10.png 30〜34 R30.pngR05.pngR03.png 3,792
35〜39 G50.pngG10.pngG05.pngG03.pngG01.png 6,892 3,474 B30.pngB05.png 35〜39 R30.pngR03.pngR01.png 3,418
40〜44 G50.pngG10.pngG03.png 6,288 3,223 B30.pngB01.pngB01.png 40〜44 R30.png 3,065
45〜49 G50.pngG10.pngG03.png 6,333 3,172 B30.pngB01.pngB01.png 45〜49 R30.pngR01.pngR01.png 3,161
50〜54 G50.pngG10.pngG10.pngG03.pngG01.png 7,421 3,670 B30.pngB05.pngB01.pngB01.png 50〜54 R30.pngR05.pngR03.png 3,751
55〜59 G50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG03.png 9,837 4,773 B30.pngB10.pngB05.pngB03.png 55〜59 R50.png 5,064
60〜64 G50.pngG30.pngG10.png 8,981 4,302 B30.pngB10.pngB03.png 60〜64 R30.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.png 4,679
65〜69 G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.png 7,633 3,524 B30.pngB05.png 65〜69 R30.pngR10.pngR01.png 4,109
70〜74 G50.pngG10.pngG10.pngG01.png 7,117 3,133 B30.pngB01.png 70〜74 R30.pngR10.png 3,984
75〜79 G50.pngG05.pngG03.png 5,764 2,372 B10.pngB10.pngB03.pngB01.png 75〜79 R30.pngR03.pngR01.png 3,392
80〜84 G30.pngG05.pngG01.pngG01.png 3,721 1,304 B10.pngB03.png 80〜84 R10.pngR10.pngR03.pngR01.png 2,417
85〜89 G10.pngG10.png 2,029 585 B05.png 85〜89 R10.pngR03.pngR01.png 1,444
90歳以上 G10.pngG01.pngG01.png 1,168 259 B03.png 90歳以上 R05.pngR03.pngR01.png 909
Demography10203.svg
桐生市と全国の年齢別人口分布(2005年) 桐生市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 桐生市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
桐生市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 146,489人
1975年 148,376人
1980年 147,744人
1985年 146,825人
1990年 142,838人
1995年 138,193人
2000年 134,298人
2005年 128,037人
2010年 121,720人
総務省統計局 国勢調査より

人口の変遷[編集]

国勢調査人口の変遷 [単位 人]
自治体 人口 備考
桐生町 1920年(大正9年) G30.pngG05.pngG03.png 3万7,674
桐生市 1925年(大正14年) G30.pngG10.pngG03.png 4万2,553 1921年(大正10年)市制施行
1930年(昭和5年) G50.pngG03.png 5万2,906
1935年(昭和10年) G50.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.png 7万6,145 1933年(昭和8年)境野村を編入
1940年(昭和15年) G50.pngG30.pngG05.pngG01.png 8万6,086 1937年(昭和12年)広沢村を編入
1947年(昭和22年) G50.pngG30.pngG10.pngG01.png 9万1,482
1950年(昭和25年) G50.pngG30.pngG10.pngG05.pngG01.png 9万5,533
1955年(昭和30年) G100.pngG10.pngG05.pngG01.pngG01.png 11万6,935 1954年(昭和29年)梅田村相生村川内村を編入
1960年(昭和35年) G100.pngG10.pngG10.pngG03.png 12万3,010 1959年(昭和34年)菱村を編入
1965年(昭和40年) G100.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.png 12万7,880
1970年(昭和45年) G100.pngG30.pngG03.png 13万3,141 1968年(昭和43年)田沼町の一部を編入
1975年(昭和50年) G100.pngG30.pngG03.pngG01.png 13万4,239
1980年(昭和55年) G100.pngG30.pngG03.png 13万2,889
1985年(昭和60年) G100.pngG30.pngG01.png 13万1,267
1990年(平成2年) G100.pngG10.pngG10.pngG05.pngG01.png 12万6,446
1995年(平成7年) G100.pngG10.pngG10.png 12万0,377
2000年(平成12年) G100.pngG10.pngG05.png 11万5,434
2005年(平成17年) G100.pngG10.pngG10.pngG05.pngG03.png 12万8,037 2005年(平成17年)新里村黒保根村を編入

面積[編集]

  • 総面積 274.57km²
  • 林野面積 197.18km²
  • 可住地面積 77.39km²
  • 耕地面積 17.80km²
    • 林野面積率 71.8%
    • 可住地面積率 28.2%
    • 可住地内耕地率 23.0%

隣接する自治体[編集]

歴史[編集]

この地域の歴史は古く、奈良時代には既に朝廷へ「あしぎぬ()」を献上したと記されている。養蚕業絹織物業がこの地域において栄えた理由については諸説があるが、中央(大和地方)からその技術を持った人々が移り住んだ結果という説が最も有力である。それを思わせる伝承も「白滝姫伝説(「桐生織」の項目を参照)」によって、当地方に語り継がれている。織物業はその後の桐生の発展の基盤となり、現在に至っている。

吾妻鏡』などの文献によれば、平安時代末期に桐生六郎の名が見えることから、地名としての「桐生」は平安時代には既に存在していたと考えられている。ついで1350年には柄杓山(城山)に城を築き、桐生氏藤姓足利氏の系統)の始めとされる桐生国綱、1500年代中ごろに桐生氏の全盛期を築いた桐生助綱の名が見られる。桐生氏は1500年代後半に由良成繁によって滅ぼされ、以降成繁は柄杓山城を本拠としたが、子の国繁の時に豊臣秀吉の小田原征伐により領地替えが行われた。

1600年関ヶ原の戦いを直前に控えた徳川家康小山に在陣中、急遽西進し石田三成を討伐することを決定するが、その際に不足した軍旗を僅かの時間に揃えたのが桐生の村々であった。これにより桐生の絹は一層名を高めたという。

現在の市街地が形成され始めたのは1600年頃、徳川家康の家臣であった大久保長安の命令を受けた大野尊吉によるものとされる。渡良瀬川桐生川に挟まれた扇状地に桐生天満宮を基点として桐生新町が形成され、絹織物業の発展とともに市街地は郊外に広がっていった。起点となった天満宮前は現在の本町1丁目となっており、2丁目とあわせて当時の区割りと建物がそのまま残された景観が保たれている。

桐生の織物産業の将来性は江戸幕府にも高く評価され、幕府の成立とともに天領とされた。近隣の村々(みどり市、旧藪塚本町(現太田市)、旧新里村)などの農村部では、養蚕が盛んに行われ、多くの富を蓄積。日光川越八王子と陸路で結ばれ、全国に広く絹織物を広めた。

天保年間に全国に先駆けてマニュファクチュアを導入。明治・大正・昭和初期にかけて日本の基幹産業として発展し、外貨獲得に貢献した。戦後は、和装離れから絹織物産業は下火となったが、代わって自動車部品産業やパチンコ産業が台頭。幾つものチャレンジングな企業が生まれ、今日の桐生を支えている。

市域の変遷[編集]

主要年表[編集]

古代[編集]

中世 - 近世[編集]

明治[編集]

  • 1912年(明治45年)7月1日 足尾鉄道、相生駅を相老駅と改称。

大正[編集]

昭和[編集]

平成[編集]

行政[編集]

市長[編集]

歴代市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日
初代 前原良太郎 1921年大正10年)7月2日 1925年(大正14年)7月1日
2-5 関口義慶二 1925年(大正14年)8月12日 1940年昭和15年)5月15日
6 荻野欽司 1940年(昭和15年)5月16日 1944年(昭和19年)5月15日
7 広瀬勝滋 1944年(昭和19年)5月16日 1945年(昭和20年)11月2日
8 大沢菊太郎 1945年(昭和20年)11月8日 1946年(昭和21年)11月20日
9-12 前原一治 1947年(昭和22年)4月6日 1963年(昭和38年)5月1日
13-14 荒木歓一郎 1963年(昭和38年)5月2日 1971年(昭和46年)5月1日
15-18 小山利雄 1971年(昭和46年)5月2日 1987年(昭和62年)5月1日
19 大澤善隆 1987年(昭和62年)5月2日 1991年平成3年)5月1日
20-21 日野茂 1991年(平成3年)5月2日 1999年(平成11年)5月1日
22-23 大澤善隆 1999年(平成11年)5月2日 2007年(平成19年)5月1日
24-25 亀山豊文 2007年(平成19年)5月2日 現職

市役所[編集]

所在地 〒376-8501
群馬県桐生市織姫町1番1号
  • 新里支所・総合センター
所在地 〒376-0194
群馬県桐生市新里町武井693番地
  • 黒保根支所
所在地 〒376-0196
群馬県桐生市黒保根町水沼182番地3

警察署[編集]

  • 桐生警察署 (清瀬町)
    • 東交番 (東3丁目)
    • 駅前交番 (宮前町2丁目)
    • 境野町交番 (境野町1丁目)
    • 広沢町交番 (広沢町4丁目)
    • 相生町交番 (相生町2丁目)
    • 梅田駐在所 (梅田町2丁目)
    • 川内駐在所 (川内町3丁目)
    • 菱町駐在所 (菱町2丁目)
  • 大間々警察署みどり市大間々町桐原)
    • 小林駐在所 (新里町小林)
    • 新川駐在所 (新里町新川)
    • 水沼駐在所 (黒保根町水沼)

消防署[編集]

  • 桐生市消防本部 (元宿町)
    • 桐生消防署 (同上)
    • 東分署 (東1丁目)
    • 南分署 (境野町7丁目)
    • 桐生みどり消防署(みどり市笠懸町)
    • 大間々新里分署 (みどり市大間々町桐原)
    • 黒保根東分署 (みどり市東町荻原)

税務署[編集]

  • 桐生税務署 (末広町)

都市計画[編集]

#交通も参照。

  • 環状道路・広域幹線道路
四方を山川に囲まれた桐生市街地は、地理的な分断要素が多いことから、市内各地区の連絡を強化するため、内環状道路・外環状道路の整備を推進している。2007年現在、内環状道路に位置づけられている美原通りを南に延伸する形で「錦琴平線」の整備が行われている。
北関東自動車道に接続する片側2車線の広域幹線道路(桐生大橋線・中通り大橋線)、国道50号バイパス(前橋笠懸道路)の建設が決定され、40年来の懸案だった道路整備が解決に向かっており、新たな局面に向けて動き出している。
  • 土地区画整理事業
桐生駅、西桐生駅、新桐生駅、相老駅などの市内主要駅周辺の土地区画整理事業が計画され、このうち、桐生駅周辺地区は1986年度から実施され2007年度に完成している。
  • 自然環境の保全・活用
八王子丘陵や渡良瀬川などの自然環境をいかした余暇機能の充実を推進し、市街地に隣接した丘陵地・河川敷に公園の新規整備、桐生市運動公園の拡充整備が計画されている。
  • 高い下水道普及率
下水道普及率は市街区域で90%を超え、全体でも76%と、県内12市では最も高い普及率となっている。

立法[編集]

市議会[編集]

全市域を一つの選挙区として選出される。

組織[編集]

  • 議会運営委員会
  • 常任委員会
    • 総務委員会
    • 建設委員会
    • 産業経済委員会
    • 教育民生委員会
  • 特別委員会
    • 水質調査特別委員会
    • 交通対策調査特別委員会
    • 入札等調査特別委員会

会派[編集]

会派名 備考
31  
愛・桐生 15 自民党籍者を含む保守系会派
クラブ21 8 民主党籍者を含む労組・市民派系会派
日本共産党 3  
公明クラブ 2  
友和会 2  
薫風会 1  
(欠員) -  
(任期満了日:2011年5月1日

司法[編集]

裁判所[編集]

経済・産業[編集]

古くから織物産業が栄えたが、現在は機械金属産業とあわせて二大基幹産業となっている。

伝統の織物業は、炭素繊維を用いた特殊布や、映画・ドラマ衣装などで生き残りをはかっている。ハリウッド映画の『SAYURI』で、主演のチャン・ツィイーコン・リー桃井かおりらが身につけていた丸帯は、桐生市で作られたものである。

ミツバ山田製作所など自動車部品関連産業も盛んである。

築地銀だこ』を展開するホットランドや、中古物件販売で業績を伸ばす「やすらぎ」など、中小の新興企業にも元気の良い企業がある。

中心市街地においては、郊外に広大な農地を持たなかったため、大型商業施設が出来ず、近隣他市(伊勢崎市太田市足利市等)と比べて比較的商店街としての機能を保っており、個人商店・小規模小売の力が強いといえる。また、市街地地価の下げ止まり感から、新川公園など充実したインフラを求めて幾つかのマンション建設計画があるなど、市街地回帰現象も見られ始めている。

農業[編集]

主な生産物
園芸
畜産

工業[編集]

桐生市は、北関東工業地域のうち、関東内陸工業地域に属する。

市内の工業団地
  • 境野工業団地
  • 相生第一工業団地
  • 相生第二工業団地
  • 相生西工業団地
  • 新里工業団地
  • 新里芝工業団地
  • 新里芝第二工業団地
  • 板橋工業団地
  • 山上工業団地

商業[編集]

流通・小売[編集]

  • 書店
    • ミスズヤ書店(本町4丁目)
    • 近江屋書店 本店(本町4丁目)、長崎屋店(永楽町)
    • シロキヤ書店 本店(本町5丁目)、ブックスギャラリー(相生町1丁目) [マーケットシティ桐生内]
    • 戸田書店 桐生店(新宿2丁目)
    • 文真堂書店 広沢店(広沢町間ノ島)、相生店(相生町2丁目)

金融[編集]

桐生市内に本店または支店を置く銀行信用金庫労働金庫

  • 群馬銀行 桐生支店、桐生南支店、新桐生支店、あいおい支店、新里支店、桐生市役所(ATM)
  • 東和銀行 桐生支店、桐生西支店
  • 横浜銀行 桐生支店
  • 足利銀行 桐生支店、桐生市役所出張所、新宿支店
  • 桐生信用金庫 本店営業部、本町支店、 西支店、新桐生支店、相生支店、広沢支店、川内支店、東支店、境野支店、梅田支店、桐生市役所出張所
  • しののめ信用金庫 桐生支店、新里支店
  • 中央労働金庫 桐生支店

ATMコーナーのみ設置されている銀行

本社を置く主な企業[編集]

かつては平和SANKYOフライングガーデンの本社もあった。

事業所・工場を置く主な企業[編集]

メディア[編集]

市内の政治・経済・文化を扱う桐生タイムス新聞社・FM桐生がある。

都市提携[編集]

医療・福祉[編集]

医療機関[編集]

  • 岩下病院 (本町4丁目)
  • 大和病院 (稲荷町)
  • 桐生厚生総合病院 (織姫町)
  • 岸病院 (相生町2丁目)
  • 高木病院 (相生町5丁目)

地域[編集]

自治区[編集]

市制施行当時の行政区画は町制時代の5つの大字(桐生・新宿・東安楽土・西安楽土・下久方)に基づく5区体制であったが、市勢の発展に伴い、旧区画では対応がむずかしくなったため、1929年(昭和4年)に10区体制に移行した。

その後、昭和初期の境野村広沢村合併、昭和の大合併菱村の越境合併により11区から17区が新設され、相生町の人口増加により15区の一部が分離し18区として新設された。

平成の大合併では、新里村黒保根村と合併し、19区から22区が新設され、22区体制となった。

設置年 2005年
国勢調査
人口[5]
所属町
1929年
(昭和4年)
1区 1,435人 本町1-3丁目、横山町
2区 740人 本町4-6丁目
3区 3,201人 稲荷町錦町1-3丁目、織姫町桜木町美原町清瀬町
4区 3,761人 新宿1-3丁目、三吉町1-2丁目、小梅町琴平町
5区 1,855人 浜松町1-2丁目
6区 2,740人 仲町1-3丁目、東町泉町高砂町旭町川岸町
7区 5,039人 1-7丁目
8区 6,219人 末広町宮前町1-2丁目、堤町1-3丁目、巴町1-2丁目、元宿町
9区 2,953人 永楽町小曾根町宮本町1-4丁目
10区 4,370人 東久方町1-3丁目、西久方町1-2丁目、天神町1-3丁目、平井町
1933年
(昭和8年)
11区 9,522人 境野町1-7丁目
1937年
(昭和12年)
12区 8,299人 広沢町1-3丁目
13区 9,735人 広沢町4-7丁目、広沢町間ノ島
1954年
(昭和29年)
14区 4,278人 梅田町1-5丁目
15区 19,294人 相生町2丁目の一部、3-5丁目
16区 10,344人 川内町1-5丁目
1959年
(昭和34年)
17区 9,891人 菱町1-5丁目
1977年
(昭和52年)
18区 5,451人 相生町1丁目、2丁目の一部
2005年
(平成17年)
19区 2,553人 新里町赤城山板橋高泉大久保奥沢鶴ケ谷(上鶴ケ谷)
20区 5,634人 新里町鶴ケ谷(下鶴ケ谷)、山上小林武井
21区 8,137人 新里町新川
22区 2,586人 黒保根町水沼八木原上田沢下田沢宿廻

住所表記[編集]

  • 旧桐生市内は変更なし
  • 新里地区(旧新里村)、黒保根地区(旧黒保根村)は以下のとおり
  • 例1:勢多郡新里村大字新川→桐生市新里町新川
  • 例2:勢多郡黒保根村大字水沼→桐生市黒保根町水沼

教育[編集]

小学校[編集]

不祥事[編集]

いじめ自殺
  • 2014年3月14日、前橋地方裁判所は、2010年に桐生市の小学6年生の児童がいじめによって自殺した事件で、いじめの事実と担任・校長の不作為を認定し、桐生市と群馬県に450万円の支払いを命じた[6]
備考

中学校[編集]

公立
私立

桐生市立中学校の適正規模・適正配置実施計画によって、市街地に所在する中学校が、次のように再編された。

高等学校[編集]

公立
私立

大学[編集]

専門学校[編集]

特別支援学校[編集]

幼稚園[編集]

公立
私立
  • 桐生大学附属幼稚園 (小曾根町)
  • 樹徳幼稚園 (広沢町3丁目)
  • のびのび幼稚園 (新里町新川)
  • 白ゆり幼稚園 (新里町小林)
  • 城山幼稚園 (新里町山上)
  • すぎの子幼稚園 (新里町関)

学校教育以外の施設[編集]

保育所[編集]

公立
  • みつぼり保育園 (境野町3丁目)
  • 広沢南部保育園 (広沢町6丁目)
  • 相生保育園 (相生町2丁目)
  • 黒保根保育園 (黒保根町水沼)
私立
  • 明照保育園 (本町6丁目)
  • 立正保育園 (浜松町1丁目)
  • 高砂保育園 (仲町1丁目)
  • 昭和保育園 (東2丁目)
  • ひかり保育園 (東4丁目)
  • 東保育園 (東5丁目)
  • 元宿保育園 (元宿町)
  • 桐生北保育園 (東久方町1丁目)
  • たちばな保育園 (西久方町2丁目)
  • 沼の上保育園 (境野町4丁目)
  • おおぞら保育園 (広沢町1丁目)
  • 広沢保育園 (広沢町3丁目)
  • 大雄保育園 (広沢町3丁目)
  • たかぞの保育園 (梅田町1丁目)
  • 足仲保育園 (相生町1丁目)
  • ひまわり保育園 (相生町3丁目)
  • すみれ保育園 (相生町3丁目)
  • 太子保育園 (相生町5丁目)
  • ミドリ丘保育園 (相生町5丁目)
  • たかのす聖母保育園 (川内町2丁目)
  • 上の台保育園 (川内町3丁目)
  • はなぞの保育園 (川内町5丁目)
  • 菱保育園 (菱町3丁目)
  • かんのん保育園 (菱町4丁目)
  • 新里保育園 (新里町新川)
  • おおぞら保育園 (新里町関)

公民館[編集]

  • 中央公民館 (稲荷町)
  • 東公民館 (東5丁目)
  • 西公民館 (永楽町)
  • 南公民館 (新宿3丁目)
  • 北公民館 (東久方町3丁目)
  • 昭和公民館 (美原町)
  • 境野公民館 (境野町2丁目)
  • 広沢公民館 (広沢町4丁目)
  • 梅田公民館 (梅田町2丁目)
  • 相生公民館 (相生町2丁目)
  • 川内公民館 (川内町5丁目)
  • 桜木公民館 (広沢町2丁目)
  • 菱公民館 (菱町2丁目)
  • 桜木西(如来堂)公民館 (相生町1丁目)
  • 新里公民館 (新里町武井)
  • 黒保根公民館 (黒保根町水沼)

職業訓練[編集]

交通[編集]

#都市計画も参照。

鉄道[編集]

本市は群馬県随一の鉄道密集地帯で、合計4事業者の鉄道路線が市内に乗り入れており、私鉄各線は市内に多数の駅を有する。小規模ではあるが駅前に中心街と異なる独自の商店街を形成する駅も多い。ターミナル駅が事業者ごとに各所に分散しているため乗換利便性は良いものとは言えず、徒歩連絡を有するケースが多い。

桐生駅 - (下新田信号場
桐生駅 - (下新田信号場) - 下新田駅 - 相老駅 - 運動公園駅 - (大間々駅 - 上神梅駅みどり市) - 本宿駅 - 水沼駅
西桐生駅 - 丸山下駅 - 富士山下駅 - 天王宿駅 - 桐生球場前駅 - (赤城駅みどり市) - 東新川駅 - 新川駅 - 新里駅
新桐生駅 - 相老駅

中心となる駅[編集]

周辺市町村への連絡[編集]

市町村 路線 上下 区間 所要時間
高崎市 JR両毛線 上り 桐生〜高崎 約50分 G30.pngG10.png
前橋市 JR両毛線
上毛電気鉄道
上り 桐生〜前橋
西桐生〜中央前橋
約30分 G30.png
約45分 G30.pngG10.pngG05.png
前橋市大胡 上毛電気鉄道 上り 西桐生〜大胡 約35分 G30.pngG05.png
前橋市粕川 上毛電気鉄道 上り 西桐生〜粕川
約25分 G10.pngG10.pngG05.png
桐生市新里 上毛電気鉄道 上り 西桐生〜新里 約20分 G10.pngG10.png
みどり市大間々 上毛電気鉄道
わたらせ渓谷鐵道
上り
下り
西桐生〜赤城
桐生〜大間々
約10分 G10.png
桐生市黒保根 わたらせ渓谷鐵道 下り 桐生〜水沼 約40分 G30.pngG10.png
みどり市 わたらせ渓谷鐵道 下り 桐生〜神戸 約55分 G50.pngG05.png
日光市足尾 わたらせ渓谷鐵道 下り 桐生〜通洞 約80分 G50.pngG30.png
伊勢崎市 JR両毛線 上り 桐生〜伊勢崎 約20分 G10.pngG05.png
太田市 東武桐生線 上り 新桐生〜太田 約20分 G10.pngG10.png
大泉町 東武桐生線、東武小泉線 上り 新桐生〜太田〜東小泉 約30分 G30.png
館林市 東武桐生線、東武伊勢崎線 上り 新桐生〜太田〜館林 約45分 G30.pngG10.pngG05.png
足利市 JR両毛線 下り 桐生〜足利 約15分 G10.pngG05.png
佐野市 JR両毛線 下り 桐生〜佐野 約30分 G30.png
佐野市葛生 JR両毛線、東武佐野線 下り 桐生〜佐野〜葛生 約45分 G30.pngG10.pngG05.png
栃木市 JR両毛線 下り 桐生〜栃木 約50分 G50.png
小山市 JR両毛線 下り 桐生〜小山 約60分 G50.pngG10.png

道路[編集]

※市内に高速道路はないが、隣接する太田市北関東自動車道の「太田藪塚IC」と「太田桐生IC」がある。(2008年3月8日開通)

国道[編集]

県道[編集]

市道・通り[編集]

道の駅[編集]

路線バス[編集]

  • おりひめバス
    • 1 梅田線
    • 2 川内線
    • 3 広沢線
    • 4 境野線
    • 5 新桐生駅 - 桐生女子高線
    • 6 菱線(循環線)
    • 7 相生線(循環線)
  • 新里町デマンドタクシー - 2012年(平成24年)4月1日運行開始。
    • 新里町路線バス - 2012年(平成24年)3月31日廃止。
      • 新川線
      • 赤城集会所線
  • 黒保根町デマンドタクシー - 2013年(平成25年)4月1日運行開始。
    • 黒保根町路線バス(沼田屋タクシーに運行委託)- 2013年(平成25年)3月31日廃止。
      • 本宿 - 上田沢線
      • 循環線

高速バス[編集]

いずれも桐生駅南口に発着する。

文化[編集]

桐生織桐生和紙などの伝統工芸品や、桐生からくり人形といった伝統芸能が根付いている。

北関東でも有数のコンサートプロモータである「桐生音協」のお膝元であり、市内や周辺市町村のホールなどではジャンルを問わず様々な公演が多数行なわれている。

わたらせフィルムコミッションが活動し、映画撮影誘致にも積極的である。このFCの設立には行政が加わっていない完全な民間による団体である点に特徴がある。

文化施設[編集]

スポーツ施設[編集]

#公園・緑地も参照。

  • 桐生市民体育館 (相生町3丁目)
  • 青年の家体育館 (仲町1丁目)
  • 桐生市北体育館 (東久方町3丁目)
  • 新里社会体育館 (新里町山上)
  • 黒保根社会体育館 (黒保根町水沼)
  • 桐生球場 (相生町3丁目)
  • 桐生境野球場 (境野町7丁目)
  • 広沢球場 (広沢町5丁目)
  • 新里総合グラウンド (新里町新川)
  • 新里サッカー場 (新里町新川)
  • 西体育館・西運動場(小曽根町) 旧西中学校
  • ユーユー広場 (相生町3丁目)
  • 桐生市陸上競技場 (元宿町)
  • 元宿庭球コート (元宿町)
  • 相生庭球コート (相生町3丁目)
  • 相川庭球コート (相生町3丁目)
  • 新里庭球コート (新里町新川)
  • 黒保根庭球コート (黒保根町水沼)
  • 相撲道場 (相生町2丁目)
  • 新里剣道場 (新里町山上)
  • 桐生弓道場 (相生町3丁目)
  • 新里弓道場 (新里町新川)
  • 桐生市民プール (相生町3丁目)
  • 桐生市新里温水プール「カリビアンビーチ」(新里町野)
  • 桐生スケートセンター(東7丁目)

郷土料理[編集]

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

公園・緑地[編集]

#スポーツ施設も参照。

  • 街区公園
    • 浜松町児童公園 (浜松町1丁目)
    • 東一丁目児童公園 (東1丁目)
    • 清水町児童公園 (東7丁目)
    • 間ノ島広場 (広沢町間ノ島)
    • 渡良瀬公園 (相生町3丁目)
    • 武井遺跡公園 (新里町武井)

社寺[編集]

神社[編集]

桐生

  • 桐生天満宮 (天神町1丁目)
  • 雷電神社 (錦町1丁目)
  • 織姫神社 (織姫町)
  • 八幡宮 (新宿2丁目)
  • 三峯神社 (浜松町1丁目)
  • 常祗稲荷神社 (仲町3丁目)
  • 諏訪機神社 (東1丁目)
  • 白髭神社 (堤町2丁目)
  • 美和神社 (宮本町2丁目)
  • 西宮神社 (宮本町2丁目)
  • 御嶽神社 (宮本町3丁目)
  • 八坂神社 (宮本町4丁目)

境野

  • 賀茂神社 (境野町3丁目)
  • 諏訪神社 (境野町4丁目)
  • 八坂神社 (境野町6丁目)
  • 加茂神社 (境野町7丁目)

広沢

  • 比呂佐和神社 (広沢町3丁目)
  • 諏訪神社 (広沢町間ノ島)
  • 八王子神社 (広沢町4丁目)
  • 賀茂神社 (広沢町6丁目)

梅田

  • 兼宮神社 (梅田町1丁目)
  • 日枝神社 (梅田町1丁目)
  • 護國神社 (梅田町2丁目)
  • 雷神岳神社 (梅田町3丁目)
  • 二渡神社 (梅田町4丁目)
  • 皆沢八幡宮 (梅田町4丁目)
  • 石鴨天満宮 (梅田町5丁目)

相生

  • 賀茂神社 (相生町1丁目)
  • 愛宕神社 (相生町2丁目)
  • 八坂神社 (相生町3丁目)
  • 赤城神社 (相生町4丁目)
  • 天沼稲荷神社 (相生町5丁目)

川内

  • 赤城神社 (川内町1丁目)
  • 赤城神社 (川内町2丁目)
  • 三島神社 (川内町3丁目)
  • 八幡宮 (川内町5丁目)
  • 白瀧神社 (川内町5丁目)
  • 赤城神社 (川内町5丁目)

  • 宇都宮神社 (菱町1丁目)
  • 八坂神社 (菱町2丁目)
  • 宇都宮神社 (菱町3丁目)
  • 八坂神社 (菱町4丁目)
  • 八幡宮 (菱町5丁目)
  • 塩宮神社 (菱町5丁目)

新里

  • 赤城神社 (新里町板橋)
  • 八幡宮 (新里町関)
  • 八坂神社 (新里町大久保)
  • 奥澤神社 (新里町奥沢)
  • 諏訪神社 (新里町山上)
  • 赤城神社 (新里町武井)
  • 鹽竃神社 (新里町野)
  • 雷電神社 (新里町新川)
  • 八幡宮 (新里町新川)
  • 熊野神社 (新里町新川)
  • 菅原神社 (新里町新川)

黒保根

  • 黒峯神社 (黒保根町水沼)
  • 赤城神社(黒保根町八木原)
  • 栗生神社 (黒保根町上田沢)
  • 赤城神社 (黒保根町下田沢)

寺院[編集]

桐生

境野

  • 本然寺 (境野町1丁目)
  • 成就院 (境野町1丁目)
  • 常泉寺 (境野町4丁目)
  • 祥雲寺 (境野町6丁目)

広沢

  • 普門院 (広沢町2丁目)
  • 神泉寺 (広沢町2丁目)
  • 大雄院 (広沢町3丁目)
  • 道風庵 (広沢町間ノ島)
  • 宝珠院 (広沢町4丁目)
  • 福厳寺 (広沢町5丁目)
  • 東方寺 (広沢町6丁目)
  • 法楽寺 (広沢町6丁目)
  • 東沢寺 (広沢町7丁目)

梅田

  • 鳳仙寺 (梅田町1丁目) - 桐生七福神 毘沙門天
  • 西方寺 (梅田町1丁目) - 桐生七福神 布袋尊。
  • 渭雲寺 (梅田町1丁目)
  • 碧雲寺 (梅田町1丁目)
  • 長泉寺 (梅田町2丁目)
  • 高園寺 (梅田町3丁目)
  • 鷹林寺 (梅田町4丁目)
  • 長谷寺 (梅田町5丁目)

相生

  • 報身寺 (相生町1丁目)
  • 正覚寺 (相生町1丁目)
  • 大善寺 (相生町2丁目)
  • 天王院 (相生町3丁目)

川内

  • 東禅寺 (川内町1丁目)
  • 千手寺 (川内町1丁目)
  • 崇禅寺 (川内町2丁目)
  • 永明寺 (川内町3丁目)
  • 雲祥寺 (川内町3丁目)
  • 観音寺 (川内町5丁目)
  • 宝徳寺 (川内町5丁目)
  • 延命寺 (川内町5丁目)
  • 高源寺 (川内町5丁目)
  • 観世院 (川内町5丁目)

  • 泉龍院 (菱町2丁目)
  • 文昌寺 (菱町3丁目)
  • 普門寺 (菱町4丁目)

新里

  • 瀧興寺 (新里町関)
  • 赤城寺 (新里町大久保)
  • 正泉寺 (新里町山上)
  • 常広寺 (新里町山上)
  • 相応寺 (新里町山上)
  • 祥雲寺 (新里町小林)
  • 善龍寺 (新里町武井)
  • 青雲寺 (新里町武井)
  • 善昌寺 (新里町新川)
  • 安養寺 (新里町新川)
  • 龍真寺 (新里町新川)

黒保根

  • 常鑑寺 (黒保根町水沼)
  • 医王寺 (黒保根町上田沢)
  • 正円寺 (黒保根町宿廻)

ライトアップされている建築物[編集]

祭事・催事[編集]

  • 3月
    • 市制記念日 - 3月1日
    • 桐生新町町立て祭 - 3月下旬から4月上旬
  • 5月
    • 桐生市文化祭 - 5月上旬から6月中旬(市内各所)
    • 桐生さつきまつり - 5月下旬から6月上旬(桐生駅構内特設会場)
  • 6月
    • 花菖蒲まつり - 6月中旬(吾妻公園)
  • 12月
    • 桐生駅イルミネーション - 12月下旬から2月中旬
  • 毎月
    • 古民具骨董市 - 毎月第1土曜日 日の出から日の入りまで開催(桐生天満宮
    • 買場紗綾市 - 毎月第1土曜日 午前10時から午後3時まで開催(本町一丁目買場通り)
    • 桐生楽市(楽市蓙座) - 毎月第1土曜日 午前9時から午後3時まで開催(本町三丁目本町通り)
    • 日限地蔵縁日 - 毎月24日開催(観音院

桐生市を舞台とする作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

小説[編集]

  • 漂流記』(坂口安吾)車県桃生市として、商魂息づく商人の町として描かれている

その他[編集]

  • H2』(あだち充)物語に登場する明和第一高校のモデルが桐生第一高校との説
  • 惡の華』(押見修造)アニメ版では桐生市の実写風景が素材として用いられている

人物[編集]

出身著名人[編集]

政治家・軍人[編集]

実業家[編集]

学者・思想家[編集]

評論家・ジャーナリスト[編集]

漫画家[編集]

演出家[編集]

歌人[編集]

デザイナー・芸術家[編集]

アナウンサー[編集]

スポーツ選手[編集]

五十音順

芸能人・音楽家[編集]

武将[編集]

桐生に縁のある著名人[編集]

その他[編集]

指定金融機関など[編集]

指定金融機関足利銀行であり、足銀をメインバンクにしている企業も多かった為、2003年11月29日特別危機管理となり破綻した際には、市内への影響が大きかったため、桐生市役所内に足利銀行関連相談窓口が設けられた(平成16年 第3回定例会)。

脚注[編集]

  1. ^ 大規模な飛地のある自治体としては、2008年時点の例では北海道釧路市の音別地区(旧音別町)、日高町、岐阜県大垣市の上石津町地域自治区(旧上石津町)・墨俣町地域自治区(旧墨俣町)があげられる。
  2. ^ 広報きりゅう 平成23年(2011年)4月号 (PDF) 8 - 9頁。
  3. ^ 広報きりゅう 平成23年(2011年)7月号 (PDF) 表紙。
  4. ^ 広報きりゅう 平成25年(2013年)4月号 (PDF) 8頁。
  5. ^ 桐生市役所HP>統計資料>国勢調査
  6. ^ 【NHK】2014年3月14日付「いじめ自殺 市と県に賠償命じる判決 群馬」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]