東武小泉線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道 小泉線
館林-成島駅間を走る小泉線下り電車館林厚生病院近く北方向
館林-成島駅間を走る小泉線下り電車
館林厚生病院近く北方向
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流

キロ程の上段は実キロ、下段は営業キロ
仙石河岸線は西小泉起点

STR
伊勢崎線
STRrg ABZglr STRlg
0.0
0.0
館林駅
STR3 STR
佐野線
STR+1 STRc4 STR
伊勢崎線
LSTR eBHF
0.3
 ?
目車駅 -1941
BHF
2.0
2.6
成島駅
eBHF
狸塚駅 -1941
BHF
6.1
6.8
本中野駅
BHF
8.2
9.2
篠塚駅
STRrg ABZrf
CPICl CPICr
9.8
11.0
東小泉駅
STR eBHF
8.7
 ?
瘤観音駅 -1941
STR BHF
10.7
11.9
小泉町駅
STR KBHFxe
12.0
13.2
西小泉駅
STR exSTR
仙石河岸線
STR exDST
1.9 新小泉駅
STR exDST
2.7 仙石河岸駅 (I) -1939
STR exKDSTe
3.0 仙石河岸駅 (II) 1939-
LSTR BHF
12.9
15.4
竜舞駅
16.2
20.1
太田駅
KRZr+l STRrf
桐生線
STR
伊勢崎線

小泉線(こいずみせん)は、群馬県館林市館林駅と群馬県邑楽郡大泉町西小泉駅及び群馬県太田市太田駅と群馬県邑楽郡大泉町の東小泉駅を結ぶ東武鉄道鉄道路線である。

沿線の大泉町には工場が多く、東武佐野線同様沿線工場への通勤者がメインの客である。

本項では、西小泉駅から仙石河岸駅までの貨物線である仙石河岸線(せんごくがしせん)についても触れる。

路線データ[編集]

  • 路線距離:18.4km(館林駅 - 西小泉駅12.0km・太田駅 - 東小泉駅6.4km)
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:9駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線)
  • 電化区間:全線(直流1500V)
  • 最高速度:75km/h

館林駅 - 東小泉駅 - 太田駅 - 足利市駅 - 館林駅は東武鉄道唯一の環状区間となっている。上記は実キロで、運賃計算に用いる営業キロは館林駅 - 東小泉駅 - 太田駅間を距離の長い伊勢崎線経由のキロ数に合わせて20.1kmとしている(実キロは16.2km)。


運行形態[編集]

小泉線ホーム(太田駅)
小泉線ホーム(太田駅
本線と支線の分岐(東小泉駅)
本線と支線の分岐(東小泉駅
方面標識の色は桐生線・伊勢崎線東武動物公園以北と同じ赤系(西小泉駅)
方面標識の色は桐生線・伊勢崎線東武動物公園以北と同じ赤系(西小泉駅

ワンマン運転の普通列車のみが館林 - 西小泉間と桐生線赤城 - 太田 - 東小泉間で運転されている。ほとんどの列車は太田駅で時間調整を行うため、列車の停車時間は長い。列車によっては約20分停車していることもある。朝の1往復のみ太田 - 西小泉間で運転されるものがある。

かつては伊勢崎線伊勢崎まで直通運転が行われていたほか、館林 - 太田間を直通する列車もあった。また赤城行き(復路は久喜行き)の貨物列車が小泉線経由で運行されていた。変わった運行形態としては、伊勢崎線の太田 - 館林間が踏切事故で不通の際に「りょうもう」号が小泉線経由で運転されたことがある。館林 - 太田間を直通利用する場合、東小泉での接続時間によってメインルートである足利市経由よりも早く着くこともあれば、遅く着くこともある。車内には伊勢崎線系統の主要列車時刻表が掲示されている。

使用車両[編集]

現在の車両[編集]

過去の車両[編集]

歴史[編集]

小泉線の前身は、1917年(大正6年)3月12日に館林 - 小泉町間で営業開始した中原鉄道(ちゅうげんてつどう)小泉線であった。同社は1922年(大正11年)に上州鉄道と改称され、軽便鉄道から地方鉄道となったが、1937年(昭和12年)に東武鉄道に買収された。その結果、中原鉄道小泉線が東武鉄道小泉線となった。

その後、小泉町駅と仙石河岸駅を結ぶ仙石河岸貨物線が開業し、途中に新小泉駅が開設された。付近には富岡氏が支配した小泉城、富岡氏から分かれた小泉氏発祥の地もある。

1941年(昭和16年)6月1日中島飛行機小泉製作所への輸送を行うため、太田 - (現)東小泉間が開通したことを受け、小泉信号所(現・東小泉駅)が設けられた。同駅は翌1942年4月に東小泉駅と改称し、旅客営業を開始している(代わりに小泉町駅での旅客営業を中止)。同年12月1日には仙石河岸線に西小泉駅が開設され、中島飛行機小泉製作所の玄関駅となった。

軍の要請によって仙石河岸線の新小泉駅から分岐させて熊谷線と接続する予定であったが、第二次世界大戦後に工事は停止され、また仙石河岸駅と新小泉駅も相次いで閉駅され、西小泉駅以南は廃線となった。熊谷線は、1983年(昭和58年)5月31日に廃止されている。

東小泉駅は、1955年(昭和30年)に再び信号所となったが(代替として小泉町駅での旅客営業を再開)、1977年(昭和52年)の西邑楽高校開校に併せて旅客営業を再開し、小泉町駅とともに現在に至っている。東小泉が信号所であった頃、東小泉駅は西小泉 - 太田間と西小泉 - 館林間での乗り換え専用駅であり、乗降車駅として利用することはできなかった。

太田 - 東小泉間では2003年(平成15年)3月19日にワンマン運転を、2006年(平成18年)3月18日からは桐生線との直通運転を開始した。また、残った館林 - 西小泉間でも2006年9月28日からワンマン運転が開始され、小泉線は全区間でワンマン運転が行われるようになった。

年表[編集]

駅一覧[編集]

  • 全列車全駅に停車、全区間でワンマン運転。
  • 運賃計算は営業キロを用いる。
  • 全線群馬県内に所在。
  • 線路(東武小泉線内は全線単線) … ◇:列車交換可 |:列車交換不可 ∧:終着駅

館林 - 西小泉間[編集]

駅番号 駅名 実キロ 営業キロ 接続路線 線路 所在地
駅間 累計 駅間 累計
TI-10 館林駅 - 0.0 - 0.0 東武鉄道伊勢崎線佐野線 館林市
TI-41 成島駅 2.0 2.0 2.6 2.6  
TI-42 本中野駅 4.1 6.1 4.2 6.8   邑楽郡邑楽町
TI-43 篠塚駅 2.1 8.2 2.4 9.2  
TI-44 東小泉駅 1.6 9.8 1.8 11.0 東武鉄道:小泉線(太田方面) 邑楽郡大泉町
TI-45 小泉町駅 0.9 10.7 0.9 11.9  
TI-46 西小泉駅 1.3 12.0 1.3 13.2  

東小泉 - 太田間[編集]

駅番号 駅名 実キロ 営業キロ 接続路線 線路 所在地
駅間 累計 駅間 累計
TI-44 東小泉駅 - 0.0 - 0.0 東武鉄道:小泉線(西小泉方面・館林方面) 邑楽郡大泉町
TI-47 竜舞駅 3.1 3.1 4.4 4.4   太田市
TI-18 太田駅 3.3 6.4 4.7 9.1 東武鉄道:桐生線赤城方面直通運転)伊勢崎線

廃止区間[編集]

仙石河岸線
西小泉駅 - 新小泉駅 - 仙石河岸駅

廃駅[編集]

上記の廃止区間内の駅を除く。

乗降人員[編集]

2006年度における各駅の1日当たりの乗降人員を以下に示す(単位:人)。

  • 館林駅 - 10,175
  • 成島駅 - 1,166
  • 本中野駅 - 1,130
  • 篠塚駅 - 184
  • 東小泉駅 - 1,565
  • 小泉町駅 - 411
  • 西小泉駅 - 1,562
  • 竜舞駅 - 193
  • 太田駅 - 9,799

PASMO導入について[編集]

今後の計画[編集]

西小泉から、かつての仙石河岸線と熊谷線区間と熊谷を通って東上線東松山までを結ぶ「埼群軌道新線」の建設が提唱されている。この計画が実現された場合、仙石河岸線と熊谷線も埼群軌道新線として復活する可能性があるが、現在関連自治体による議論は、採算性の問題などにより凍結されており、建設時期(むしろ建設の可否)は一切未定である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 軽便鉄道運輸開始」、『官報』第1386号、印刷局、1917年3月17日NDLJP:2953499
  2. ^ 国立公文書館所蔵「鉄道免許・東武鉄道(元上州鉄道)3・大正9〜15年」「11 商号変更届」
  3. ^ 成島駅”. 路線図・駅情報. 東武鉄道. 2014年1月3日閲覧。
  4. ^ 地方鉄道駅設置」、『官報』第4096号、内閣印刷局、1926年4月22日NDLJP:2956247
  5. ^ 国立公文書館所蔵「鉄道免許・東武鉄道(元上州鉄道)3・大正9〜15年」「49 臨時停留場設置の件」による。東武鉄道公式サイト[3]や官報[4]によれば1926年4月10日。
  6. ^ 国立公文書館所蔵「鉄道免許・東武鉄道(元上州鉄道)4・昭和2〜7年」「20 目車停留場新設の件」
  7. ^ 国立公文書館所蔵「鉄道免許・東武鉄道(元上州鉄道)4・昭和2〜7年」「53 瘤観音停留場新設の件」
  8. ^ 鉄道譲渡許可」、『官報』第3006号、内閣印刷局、1937年1月13日NDLJP:2959488
  9. ^ 東小泉駅”. 路線図・駅情報. 東武鉄道. 2014年1月3日閲覧。
  10. ^ a b c d 『日本鉄道旅行地図帳』 今尾恵介、新潮社〈新潮「旅」ムック〉、2008年7月、30頁。ISBN 9784107900210

関連項目[編集]

外部リンク[編集]