神流町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かんなまち
神流町
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
多野郡
団体コード 10367-5
面積 114.69 km²
総人口 2,039
推計人口、2014年10月1日)
人口密度 17.8人/km²
隣接自治体 藤岡市埼玉県秩父市
甘楽郡下仁田町、埼玉県秩父郡小鹿野町、甘楽郡南牧村多野郡上野村
町の木 ケヤキ
町の花 ミツバツツジ
町の鳥 メジロ
神流町役場
所在地 370-1592
群馬県多野郡神流町大字万場90-6
北緯36度6分57.3秒東経138度55分1.1秒
Kanna town office.jpg
外部リンク 神流町オフィシャルサイト

神流町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項
旧境界
1.旧・中里村
2.旧・万場町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

神流町 (かんなまち)は、群馬県南西部、多野郡にある人口約2400人のである。2003年平成15年)4月に多野郡内の2町村、万場町中里村とが合併し発足した。町名は、かつての2つの町村を貫き流れる神流川に因む。日本で最初に恐竜の足跡の化石が発見されたことで知られる。

沿革[編集]

人口[編集]

Demography10367.svg
神流町と全国の年齢別人口分布(2005年) 神流町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 神流町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
神流町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 6,878人
1975年 5,982人
1980年 5,469人
1985年 4,746人
1990年 4,159人
1995年 3,644人
2000年 3,210人
2005年 2,757人
2010年 2,352人
総務省統計局 国勢調査より
  • 2009年の老年人口割合は52.1%で、いわゆる限界集落である。県内では南牧村に次いで第2位。[1]
  • 老齢人口割合は2005年時点で、全国第8位となっている。
  • 幼少人口割合は2005年時点で6.1%、低い方から全国第3位となっている。

行政[編集]

中里支所
  • 町長:宮前鍬十郎(2003年4月27日 就任)

警察[編集]

  • 藤岡警察署
    • 神流町駐在所(多野郡神流町大字万場28-2)※旧多野郡万場町
    • 中里駐在所(多野郡神流町大字神ヶ原353-5)※旧多野郡中里村

消防[編集]

  • 多野藤岡広域消防本部 藤岡消防署
    • 奥多野消防分署(多野郡神流町大字黒田101-4)

交通[編集]

道路[編集]

道の駅万葉の里
国道
都道府県道
道の駅

バス[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

  • 龍松寺(しだれ桜の名所)
  • 漣岩(さざなみいわ 白亜紀の海辺の波の跡と恐竜の足跡の化石)
  • 神流町恐竜センター
  • 早滝(氷瀑として有名な

教育[編集]

  • 小学校
    • 神流町立万場小学校
    • 神流町立中里小学校
  • 中学校
    • 神流町立中里中学校
  • 高等学校
    • 群馬県立万場高等学校

関連項目[編集]

  • 全国市町村一覧
  • 神流村 - 1889年から1954年まで現在の藤岡市域にあった本町とは別の自治体。
  • 安住紳一郎の日曜天国 - TBSラジオで毎週日曜日に放送されているバラエティ番組。2010年12月17日放送分で行われた番組の恒例企画「一都六県市区町村別リスナー確認調査2010」で神流町が1位になったことを記念し、2011年12月11日に万場小学校体育館にて公開生放送が行われた。

外部リンク[編集]