寿老人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
橘守国画の寿老人

寿老人(じゅろうじん)は道教神仙[1]。中国の伝説上の人物。南極老人星(カノープス)の化身とされる[1]七福神の一柱[1]

真言サンスクリット)は、「オン バザラユセイ ソワカ」(普賢菩薩の延命呪と同じ)。

を好み頭の長い長寿の神とされる[1]日本では七福神として知られているが、福禄寿はこの寿老人と同一神と考えられていることから、七福神から外されたこともあり、その場合は猩猩が入る[2]。寿老人は不死の霊薬を含んでいる瓢箪を運び、長寿と自然との調和のシンボルである牡鹿を従えている[1]。手には、これも長寿のシンボルである不老長寿のを持っている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 真野隆也 『タオの神々』 新紀元社
  2. ^ 錦織亮介 『天部の仏像事典』 東京美術