プロジェクト:仏教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ:

数人のウィキペディアン仏教関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく結集しました。これらは単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするための物です。これらの提案に従う義務があるのかなどと感じられなくても構いません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいか分からない、といった状態の方には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、我々はあなたに記事を書いて欲しいのです!

プロジェクト名[編集]

ウィキプロジェクト 仏教

このプロジェクトで扱う範囲[編集]

このウィキプロジェクトの基本的な目的は、仏教に関する記事の様式や書いておくべき内容を定めることです。

上位プロジェクト[編集]

下位プロジェクト[編集]

下位プロジェクトは今のところありません。

類似のウィキプロジェクト[編集]

現在討議されている議題[編集]

確定した内容[編集]

表記について[編集]

原語表記の形式[編集]

梵語からの漢訳語を記事名とした場合は、なるべく梵語形も併記します。 例えば以下のように。

阿弥陀如来(あみだにょらい)とは、大乗仏教如来の一つである。梵名は「アミターバ」(अमिताभ Amitābha)、あるいは「アミターユス」 (अमितायुस् Amitāyus)といい、それを「阿弥陀」と音写する。「阿弥陀仏」ともいい、また略して「弥陀仏」ともいう。

梵語形は基本的に「カタカナ音写 (デーヴァナーガリー原綴 ラテン文字転写)」の形式で表記。梵語形はサンスクリット語形・語幹のみの形とします(の変化語尾は付けない)。また必要な場合はパーリ語形なども併記してかまいません。ラテン文字転写は、Wikipedia日本語版ではIASTが推奨されます。かつては、京都・ハーバード方式が推奨されていました。入力環境の無い場合などは京都・ハーバード方式でも結構です。

デーヴァナーガリー原綴は必須とはしません。入力環境が無かったり余力が無い場合などでは無理に表記しなくて結構です。例えば以下のような形式も許されます。

大日如来 (だいにちにょらい)、梵名マハー・ヴァイローチャナ(Mahāvairocana)は、密教において宇宙そのものと一体と考えられる汎神論的な如来(法身仏)の一尊。

寺院の記事について[編集]

寺院の記事名[編集]

寺院の記事名は、「Wikipedia:記事名の付け方#一般的な指針」によるのが原則です。

しかし、各記事のノートページや当プロジェクト下位の「寺院名について」において議論され、合意を得た記事名があります。「Wikipedia:記事名の付け方/仏教寺院」を参照してください。

寺院の記事を作成する際の要件[編集]

基本条件
寺院の記事を作成する際は、必ず検証可能かつ信頼できる第三者による出典を明記することが必要です。
寺院の特筆性について
以下は、寺院の特筆性についての要件です。特筆性に関する出典を必ず明記して寺院の記事を作成してください。
1. 史学上特筆性が認められる寺院。
2. 文化財関連で特筆性が認められる寺院(市町村・都道府県・国指定文化財(祭を含む)を有している寺院)
3. 以下の資料を出典に用いて、その内容が名前のみでないレベルの記事が作成できる寺院。
3-1. 自治体が発行している市町村史。
3-2. 学校教育での参考書に載るクラスの書籍(『日本史B用語集』など)。
3-3. 地方紙などに掲載された記事 - 作成しようとする寺院が主題として掲載された場合に限る。
3-4. 「自主公表された情報源:公式サイト
3-5. 自己公表された情報源のうち、「WP:SELFSOURCE」にある条件を満たした情報源。
3-6. 日本以外にある寺院の特筆性について
  • 「2. 文化財関連で特筆性が認められる寺院」に相当する寺院は、その文化財などについて解説がある検証可能な出典を明記することが必要です。
  • 「3-1. 自治体が発行している市町村史」に類する検証可能な情報源を出典として明記することができる寺院。

仏教に関するテンプレートについて[編集]

以下は、仏教に関する項目全てについて付加できるものとします。

仏教関連の記事(特に原始・部派仏教)には、冒頭部に「{{Buddhism}}」を付加出来ます。

上部に他の基礎情報テンプレート(「{{日本の寺院}}」・「{{Infobox Buddhist}}」)を使用する場合や画像がある場合などは、下部にナビゲーションテンプレート「{{Buddhism2}}」・「{{浄土教2}}」などを付加する事ができます。

テンプレートの詳細については、リンク先の「テンプレートの解説」を参照してください。

  • Template:Buddhism - {{Buddhism}}(冒頭部に付加すると、右側に表示される。)
  • Template:Buddhism2 - {{Buddhism2}}(下部「外部リンク」と「カテゴリ」の間に付加すると、下側に表示される。)

その他にも下記の仏教系記事用のテンプレートがあります。読者にとってより有用な記事に誘導されることが期待できるので、こちらの方を使用する方が望ましいでしょう。

浄土教系関連記事のナビゲーションテンプレート

密教系関連記事用のナビゲーションテンプレート

日本の寺院記事用の基礎情報テンプレート

仏教僧侶記事用の基礎情報テンプレート

上記の文章を表示するには、記事の下部に以下のように書きます。

{{Buddhism2}}

書きかけ記事[編集]

記事の情報量が少なく未完成な印象を与える場合は、以下のスタブテンプレートを文末に付加することを推奨します。


上記の文章を表示するには、記事の下部に以下のように書きます。

{{Buddhism-stub}}

寺院のテンプレート[編集]

カテゴリのローカルルールについて[編集]

仏教に関連するカテゴリ、およびサブカテゴリについては、「Category:仏教」を参照してください。

以下は、ノートでの合意に基づく「仏教に関連するカテゴリのローカルルール」です。

市町村別の寺のカテゴリ[編集]

「都道府県別の寺のカテゴリ」(「Category:○○県の寺」)の下位カテゴリとして、「市町村別の寺のカテゴリ」(「Category:××市の寺」)を作成する場合の条件は以下の通りです。

条件設定の目的
条件を設けることにより、カテゴリの過剰な細分化を防止するため。(詳細は、Wikipedia:過剰なカテゴリを参照。)
作成条件
「都道府県別の寺のカテゴリ」に属する記事のうち、市町村単位で分類できる寺院の記事が20件以上属することが可能な場合は、下位カテゴリを作成可能とします。
つまり「市町村別の寺のカテゴリ」の作成は、属する寺院の記事が20件以上になってから作成する。
例外
ノートページで議論の行われた「Category:京都市の寺」の下位にある「Category:京都市○○区の寺」は例外とします。
経過措置として、2010年1月6日(水)12:08(UTC)までに作成された「市町村別の寺のカテゴリ」のうち、属する記事が10件以上20件未満のカテゴリについては、将来的に属する記事が増える可能性のあるカテゴリとして存続としています。
東京23区内の寺院については、「区別の寺のカテゴリ」の作成条件を満たさない区に関しては、他の市町村に準ずるカテゴリ「Category:東京都区部の寺」に属させます。東京23区内の「区別の寺のカテゴリ」の作成条件は、上記に準じます。

ウィキマネー[編集]

一覧の作成や大がかりな整備をして頂いた方に感謝の意を表明するために、ウィキマネーを使用した基金が設置されています。

  • 現在の残高:20ウィキ
    • 10ウィキ投入 --Kstigarbha 2005年11月25日 (金) 22:27 (UTC)
    • 10ウィキ投入 --Kstigarbha 2006年3月29日 (水) 21:09 (UTC)
  • 依頼内容
    • 現在の所、特にありません(ご自由に依頼内容とポイントをお書き下さい)

参加者[編集]

特定の案件のみへの参加も大歓迎です。

プロジェクト参加者用のユーザーボックス[編集]

Dharma Wheel.svg この利用者はウィキプロジェクト 仏教に参加しています。




プロジェクト参加者用ユーザーボックスです。

{{User WikiProject Buddhism}}を利用者ページに貼り付けてご利用ください。