三十七道品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三十七道品(さんじゅうしちどうぽん)とは,大般涅槃経中阿含経などに説かれた、仏教で、悟りに至るための三十七の修行法のこと。

四念住四正断四神足五根五力七覚支八正道の七科に分かれるので、七科三十七道品とも言う。三十七菩提分法とも。

概要[編集]

三十七道品とは言うものの、各々別々に説かれた内容(七科)をひとまとめにし、その各項目を合計して総称しただけのものなので、内容的には重複している部分も多く、特に後の五科は概ね同じ内容を表している。

しかし、例えばパーリ語経典長部の『大般涅槃経』では、死期が迫っていることをアーナンダに告げた釈迦が、ヴェーサーリー周辺の修行僧たちを講堂に集めさせ、「清浄な行いが長く続くため、多くの人々の利益・幸福のため、多くの人々を憐れむため、人々と神々の幸福・利益のため」に、自分が知って説示してきた、そして、今後もよく保ち、実践・実修すべき「法」として、この七科三十七道品を(いわば遺言として)挙げた[1]

内容[編集]

  • 四念住(四念処)四種の観想
    • 身念住(体をあるがままに観察する)
    • 受念住(受をあるがままに観察する)
    • 心念住(心をあるがままに観察する)
    • 法念住(法をあるがままに観察する)
  • 四正断(四正勤)[2]四つの努力
    • 已生悪断(すでに生じた悪は除くように)
    • 未生悪令不生(いまだ生じてない悪は生じないように)
    • 未生善令生(いまだ生じていない善は生ずるように)
    • 已生善令増長(すでに生じた善は増すように)
  • 四神足(四如意足)四つの自在力
    • 欲(すぐれた瞑想を得ようと願う)
    • 精進(すぐれた瞑想を得ようと努力する)
    • 念(すぐれた瞑想を得ようと心を集中する)
    • 思惟(すぐれた瞑想を得ようと智慧をもって思惟観察する)
  • 五根、五つの能力
    • 信根
    • 精進根
    • 念根
    • 定根
    • 慧根
  • 五力、五つの行動力
    • 信力
    • 精進力
    • 念力
    • 定力
    • 慧力
  • 七覚支[3]、七つの悟りを構成するもの
    • 念(身・受・心・法の状態を観察、気をつけていること)
    • 択法(法を調べること)
    • 精進(努力)
    • 喜(修行を実践することで生まれる喜び)
    • 軽安(心身の軽やかさ)
    • 定(心を集中して乱さない)
    • 捨(対象への執着がない状態)
  • 八正道
    • 正見(正しい見解)
    • 正思惟(正しい考え)
    • 正語(正しい言葉)
    • 正業(正しい行為)
    • 正命(正しい生業)
    • 正精進(正しい努力)
    • 正念(正しい念慮、気づき)
    • 正定(正しい集中)

脚注[編集]

  1. ^ 『ブッダ最後の旅 大パリニッバーナ経』 中村元 岩波文庫 第3章50-51 pp. 100-102
  2. ^ それぞれの条項の漢訳名は『倶舎論頌疏抄』に依る
  3. ^ アーナパーナ・サティと七覚支 パオ・セヤドー

外部リンク[編集]