一来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一来(いちらい、サンスクリット:सकृद् आगामिन् sakRd-aagaamin、旧訳音写:斯陀含〈しだごん〉)は、一度 (sakRd) 天界に生れ再び人間界に戻ってさとりに入る者のことで、四向四果の一。

原始仏教では、有身見(うしんけん)・戒禁取見(かいごんじゅけん)・疑の三結を断ち、貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)の三毒が薄くなった者。『倶舎論』では、一来向は欲界の修惑(しゅわく、情的煩悩)の前三品または四品を断じた者とし、人界の家と天界の家とを往復するから「家家」(けけ)と呼ぶ。一来果は欲界の前六品を断じた位である。

関連項目[編集]