大正新脩大蔵経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大正新脩大藏經(たいしょうしんしゅうだいぞうきょう、大正一切経刊行会)は、大正13年(1924年)から昭和9年(1934年)の10年間をかけて、北宋代に蜀(四川省)で開版された漢訳大蔵経である『開宝蔵』を最もよく保存していた韓国海印寺高麗大蔵経再彫本を底本としつつ、日本にあった各地・各種の漢訳仏典をすべて調査校合した、民間人の手による[1]、「漢訳仏典の総集」とも言える大蔵経である。大正大蔵経大正蔵とも。

プロデューサー(編纂責任者)は、高楠順次郎渡辺海旭[2]小野玄妙の3名。当時の仏教関係の大学研究者が一致協力し、校訂作業に当たった。

現行版は、大蔵出版で、新たな学術研究の成果を踏まえた現代語訳の一部「新国訳大蔵経」も、1990年代から刊行中である。『国訳一切経』は、大東出版社から「印度撰述部155巻」と「和漢撰述部100巻」が刊行されている。

概要[編集]

17字詰29行3段組、各巻平均1,000ページになっている。正蔵(中国所伝)55巻、続蔵(日本撰述)30巻、別巻15巻(図像部12巻、昭和法宝総目録3巻)の全100巻から成り、漢訳の仏典の最高峰と呼ばれている。校訂不備多しとの批判はあるものの、世界における仏教界や仏教研究に寄与している。

仏教関係の著述の参考文献として大正蔵大正と略されることが多い。また、仏教関係論文に、しばしば「Txx-yyyz」とあるのは、大正蔵経のxx巻のyyyページz段の略である。

日本撰述の仏典に関しては、主要なものだけであり、日本仏教を研究する場合には、別の文献を参照する必要がある。

大正新脩大藏經は、各図書館のリファレンスブックに指定されているので、主な図書館は所蔵している。

近年では、東京大学の『大正新脩大藏經』テキストデータベース(SAT)[3]や台北の中華電子佛典協會(CBETA)[4]といったプロジェクトが、大正藏の電子テキスト化を推進している。それらは、一定の制約内ではありながら自由に使用できる。

大正新脩大藏經までの主要大蔵経系列

構成[編集]

  • 阿含部
  • 本縁部
  • 般若部
  • 法華部・華嚴部
  • 寶積部・涅槃部
  • 大集部
  • 經集部
  • 密教部
  • 律部
  • 釋經論部
  • 毘曇部
  • 中觀部・瑜伽部
  • 論集部
  • 經疏部
  • 律疏部・論疏部
  • 諸宗部
  • 史傳部
  • 事彙部・外教部・目録部
  • 續經疏部
  • 續律疏部・續論疏部
  • 續諸宗部
  • 悉曇部
  • 疑似部

校勘[編集]

上述の如く、大正蔵の底本は高麗版であるが、高麗版に未収の仏典の場合は、他本が底本とされており、そのことは、各テキストの脚注および「大正新脩大蔵経勘同目録」(『昭和法宝総目録』第1巻)で確認できる。また、底本に対する「宋本」「元本」「明本」などの校勘本も記号化して脚注に記されている。但し、大正蔵、なかでも正編に関しては、月1冊という非常に速い間隔で、毎月出版されており、校勘の際に、先行する『大日本校訂大蔵経』(縮蔵)の校勘を引き継いでいる場合が多い。

また、短期間に完成したこともあって、間々誤植が見られる点も、利用の際に考慮する必要がある。また、校勘の漏れが見られる箇所もある。また、大正蔵のテキストには、句点「。」のみによって、区切りが施されている。これは、高麗版にしろ、他本にしろ、木版本である底本には無かったものであり、大正蔵の編集によって新たに加えられたものである。句点があることで、読みやすく使いやすいテキストとなった反面、誤植と同様、句点の打ち誤り、文意の通じない区切りがなされている場合も見られるので、その点も考慮する必要がある。

出版・閲覧[編集]

書籍[編集]

  • 『大正新脩大蔵経(普及版)』(全88巻) 大蔵出版
    • 『インド部』(全32巻)
    • 『中国部』(全24巻)
    • 『日本部』(全29巻)
    • 『目録部』(全3巻)

インターネット[編集]

参考文献[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 通常は、国家事業である
  2. ^ 評伝に、『紫雲の人、渡辺海旭 壺中に月を求めて』(前田和男、ポット出版、2011年)
  3. ^ 『大正新脩大藏經』テキストデータベース(SAT)
  4. ^ 中華電子佛典協會(CBETA)

外部リンク[編集]