大宝積経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大宝積経』(だいほうしゃくきょう、: Mahāratnakūṭa Sūtra, マハーラトナクータ・スートラ)、または単に『宝積経』(ほうしゃくきょう、: Ratnakūṭa Sūtra, ラトナクータ・スートラ)は、大乗仏教経典の1つ、120巻。経典49部を集めたものである。西域僧である竺法護によって編纂・翻訳され、[1]代の713年に菩提流志(ぼだいるし)が再翻訳し完成させた[2]

原題は、「マハー」(mahā)が「大」、「ラトナ」(ratna)が「宝」、「クータ」(kūṭa)が「集積・蓄積」、「スートラ」(sūtra)が「経」、総じて「宝を集積した大きな経」の意。

中国仏教においては、般若経華厳経涅槃経大集経と共に、大乗仏教五部経の1つに数えられ、大蔵経の構成にも影響を与えている。大正新脩大蔵経310番(第11巻・宝積部)。

また、チベット仏教にも輸入され、チベット大蔵経のカンギュル(律・経蔵)においても、般若経・華厳経と並んで、大乗仏教顕教経典の一角を占めている[3]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 高崎直道/木村清孝(編集)「シリーズ・東アジア仏教第1巻 東アジア仏教とは何か」1995年 春秋社
  2. ^ 大宝積経 - デジタル大辞泉
  3. ^ The Tibetan Canon - BDEA/BuddhaNet

関連項目[編集]