仏護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仏護(ぶつご、: Buddhapālita , ブッダパーリタ470年540年[1])とは、南インド出身のインド仏教中観派僧侶

同時代の清弁と共に龍樹の思想を学び、中期中観派の草分けとなった。

清弁が唯識派に対抗するために自派の主張の自立的論証(スヴァタントラ)を志向した[1]のに対して、仏護は龍樹の姿勢に倣って帰謬論証(プラサンガ)の姿勢を堅持した。こうして中観派は中期以降、清弁を祖とする「自立論証派」(スヴァータントリカ)と仏護を祖とする「帰謬論証派」(プラーサンギカ)に分裂することになる。

著作[編集]

  • 『根本中論註』- 『中論』の註釈

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]