三学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三学(さんがく)とは、仏道を修行する者がかならず修めるべき基本的な修行項目をいう。『涅槃経』獅子吼菩薩品に詳細に説かれている。三勝学(さんしょうがく)とも。

具体的には、戒学・定学・慧学の3つを指す。

戒学(かいがく)
戒律のことで、「戒禁」(かいごん)ともいい、身口意(しんくい)の三悪(さんまく)を止め善を修すること。律蔵に相当。
定学(じょうがく)
禅定を修めることで、心の散乱を防ぎ安静にするための方法を修すること。経蔵に相当。
慧学(えがく)
智慧を修めることで、煩悩の惑を破って、すべての事柄の真実の姿を見極めること。論蔵に相当。

この三学は、三蔵に相当しており、上記のとおりである。

三学それぞれの関係は、

  • 戒をまもり生活を正すことによって定を助け
  • 禅定にある心によって智慧を発し
  • 智慧は真実を正しく観察(かんざつ)することができ、それによって真理をさとり、仏道が完成される。

このように、戒定慧の三学は不即不離であり、この三学の学修をとおして仏教は体現される。