解深密経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

解深密経』(げじんみっきょう、: Saṃdhi-nirmocana Sūtra , サンディ・ニルモチャナ・スートラ)は、中期大乗仏教経典の1つ。

原題は、「サンディ」(saṃdhi)が「結合・連結」、「ニルモチャナ」(nirmocana)が「解放(解脱)」、「スートラ」(sūtra)が「経」、総じて「解放(解脱)へとつながる経」の意。

唯識派(ゆいしきは)もしくは、中国・日本の法相宗の所依の経典の一つで、唯識思想を初めて説いたといわれる経典である。また、序品を除いて、ほとんどが『瑜伽師地論』第75-78巻に引用され、さらに『摂大乗論』『成唯識論』などに引用されて、後世への影響が大きい。

書誌[編集]

サンスクリット本は現存せず、玄奘訳の五巻本とチベット訳の『dgoGgs-pa Ges-par-Hgrol-pa』とが伝わっている。漢訳では、全文訳されたものとして、北魏菩提流支が訳した『深密解脱経』五巻と、の玄奘訳とがある。部分訳としては、求那跋陀羅の『相続解脱経』二巻と、真諦訳の『仏説解節経』一巻とがあり、大正新脩大蔵経の16巻に収められている。チベット訳に関しては、全文訳されたものが、北京版29巻に収められており、フランスのLamotteによって出版され、フランス語訳されている。日本語訳は、国訳大蔵経経部巻10と、国訳一切経経集部巻3に収められている。

成立年代[編集]

解深密経は、龍樹以後間もない頃、西暦3百年前後と推定されており、中期大乗経典に属している。

内容[編集]

解深密経は、八品で構成されている。

  1. 序品 仏が十八円満の受用土において、二十一種功徳成就の受用身を現じ、無量の大声聞衆と大菩薩衆が集会している情景を述べる
  2. 勝義諦相品 勝義諦真如は名言の相を離れ、有無の二相を離れ、尋思の所行を超え、諸法の一異相を離れ、一切に遍じ一味の相であると説く
  3. 心意識相品 阿陀那識阿頼耶識、一切種子心識、心を説き、それと六識の倶転を明らかにする
  4. 一切法相品 遍計所執性依他起性円成実性三性を説く
  5. 無自性品  相無性、生無性、勝義無性の三無性を説き、有・空・中の三時教判を説く
  6. 分別瑜伽品 止観行を詳説して、識の所縁は唯識の所現であると説く
  7. 地波羅蜜多品 十地および十波羅蜜多行を説く
  8. 如来成所作事品 如来法身の相および化身の作業を説いている。

注釈書[編集]

解深密経は、中国でも広く研究され、令因の疏十一巻、円測の疏十巻、玄範の疏十巻、元暁の疏三巻などがあったが、現存して用いられているのは、円測の疏だけである。ただ、この円測の疏は第十巻を欠いているが、そのチベット訳が存在しており、それによって補うことができる。チベットの注釈書に関しては、芳村修基によれば、五種あったとされるが、現在は無著の疏、智蔵の疏、覚通の疏の三種が北京版に残っている。

関連項目[編集]