提婆 (僧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
提婆
(アーリヤデーヴァ)
龍樹
著作 百論』、『四百論

提婆(だいば、聖提婆(せい-)、Aryadeva アーリヤデーヴァ、170-270年頃)とは、大乗仏教中観派の僧。龍樹の弟子で、主著は『百論』『四百論』。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]