富楼那

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富楼那
尊称 説法第一
生地 コーサラ国
宗派 原始仏教
釈迦

富楼那(ふるな、サンスクリット:Purna Maitrayani-putra)は、釈迦十大弟子の一人。説法第一。

十大弟子中では最古参。大勢いた弟子達の中でも、弁舌にすぐれていたとされる。

[編集]

彼の名は、正しくは富楼那・弥多羅尼・弗多羅(プルナあるいはプンナ・マイトラヤニーあるいはミトラヤニー・プトラ)といい、弥多羅尼(ミトラヤニー)は母の名で、弗多羅は子を意味するので、富楼那弥多羅尼子とも書かれる。またフランナとカタカナ表記される場合もある。漢訳では満願子、満願慈、満足慈、満厳飾女子、満見子などと記される。

出身[編集]

コーサラ国カピラ城近郊、ドーナバストゥ(またはスナーパランタ)という、バラモン種族に生まれた。父はカピラ城主である浄飯王(すなわち釈迦の実父)の国師で、母は釈迦の最初の弟子衆である五比丘の一人である僑陳如(カウンダンニャ)の妹とも伝えられる。彼の実家は巨万の富を有していたといわれる。

経歴[編集]

釈迦とは生年月が同じで、幼くして既に聡明で、バラモンの四ヴェーダ(聖典)と五明(声・因・医・工・内)に通じていたが、世塵を厭うて雪山(ヒマラヤ)に入山学道し、苦行を重ねて四禅定と五神通を得たが、釈迦の成道を聞き、波羅奈(パラナシー)国の鹿野苑へ同朋と赴き仏弟子となった。南伝『マハーヴァストゥ』には、五神通に通達した29人の弟子を有していたが、仏が出世したと聞いて、ベナレスへ赴き釈迦の弟子となったと記される。なお『未曾有因縁経』下では、嫉妬心のために出家し、20年修学して外道の学に通じ、王舎城に帰って釈迦仏に議論をいどんだが、仏に破られて弟子となった、また4つの弁才が遇ったと伝えている。

舎利弗は彼の徳風を慕い、日中に彼が坐禅する場所に行き、よく問答を行い互いに賞賛しあっていたという。また阿難も、新入の比丘衆に対して、富楼那は非常にためになる比丘であると諭していた。

後に阿羅漢果を得て各地に赴き、よく教化の実を挙げ、9万9000人の人々を教化したとも伝えられる。