出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(しん)は、仏教が教える煩悩のひとつ。瞋恚(しんに)ともいう。(自分)に背くことがあれば必ず怒るようなである。仏教で人間の諸悪・苦しみの根源と考えられている三毒三不善根のひとつ。

関連項目[編集]