上山春平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上山 春平(うえやま しゅんぺい、1921年1月16日 - 2012年8月3日)は日本の哲学者京都大学名誉教授

来歴・人物[編集]

和歌山県出身。1943年京都帝国大学文学部哲学科卒業太平洋戦争下では徴兵され、人間魚雷回天に搭乗した。 戦後、京都大学人文科学研究所助教授、1968年教授、所長を歴任。京都国立博物館館長、京都市立芸術大学学長も務めた。主要著作は法藏館より『上山春平著作集』(全10巻)に収められている。1988年、紫綬褒章受章。1994年、文化功労者。1998年、叙勲二等旭日重光章

初期の関心はアメリカのプラグマティズム哲学の研究であったが、のち日本を中心にした仏教、国家論、戦争論、日本文化論などに移った。日本を「照葉樹林文化」として捉え、理系と文系の総合を目指した試みが特に評価が高い。単著よりも、対話やシンポジウムに力を発揮するタイプである。梅原猛梅棹忠夫らの「新・京都学派」の一人。

2012年8月3日、パーキンソン病のため、京都市内の自宅で死去。91歳没[1]。没日付けで正七位から従三位へ昇叙[2]

著作[編集]

  • 「歴史分析の方法 比較史方法論序説」 三一書房、1962
  • 「弁証法の系譜-マルクス主義とプラグマティズム」(未來社、1963)
  • 「大東亜戦争の意味 現代史分析の視点」 中央公論社 1964
  • 「日本のナショナリズム」 至誠堂新書、1965
  • 「日本の土着思想 独想的なリベラルとラディカル」 弘文堂、1965
  • 「明治維新の分析視点」(講談社、1968)
  • 「大東亜戦争の遺産」(中央公論社・中公叢書、1969)「憲法第九条 大東亜戦争の遺産―元特攻隊員が託した戦後日本への願い」(明月堂書店、2013)へ改題・復刊
  • 「世界の歴史 第23 第2次世界大戦」 河出書房新社 1970 のち文庫
  • 「神々の体系 正・続 深層文化の試掘」中公新書、1972-1975
  • 「歴史と価値」(岩波書店、1972)
  • 「深層文化論序説」 講談社学術文庫、1976
  • 「仏教思想の遍歴-空海から親鸞へ」(角川書店、1977)
  • 「埋もれた巨像-国家論の試み」(岩波書店、1977)
  • 「哲学の旅から」(朝日選書、1979)
  • 「城と国家 戦国時代の探索」 小学館 1981
  • 「空海」(朝日新聞社・朝日評伝選、1981)のち朝日選書
  • 「対話・日本の国家を考える」 徳間書店 1985
  • 「天皇制の深層」(朝日新聞社・朝日選書、1985)
  • 「受容と創造の軌跡-日本文明史の構想」(角川書店、1990)
  • 「日本の成立」(文藝春秋、1994)
  • 「上山春平著作集」 全10巻 法藏館、1994-96

共編著[編集]

  • 「照葉樹林文化 日本文化の深層」 中公新書、1969
  • 「日本と東洋文化 シンポジウム」 梅原猛共編 新潮社 1969
  • 「仏教の思想 第2巻 存在の分析<アビダルマ>」 桜部建対話 角川書店 1969 のち文庫
  • 「仏教の思想 第3巻 空の論理<中観> 」梶山雄一対話 角川書店 1969 のち文庫
  • 「仏教の思想 第6巻 無限の世界観<華厳>」 鎌田茂雄対話 角川書店 1969 のち文庫
  • 「仏教の思想 第8巻 認識と超越<唯識>」 服部正明対話 角川書店 1969 のち文庫
  • 「日本学事始」 梅原猛 小学館、1972 のち集英社文庫
  • 「仏教の思想 その原形をさぐる」 梶山雄一共編 中公新書、1974
  • 「続照葉樹林文化(東アジア文化の源流)」 佐々木高明中尾佐助共著 中公新書、1976
  • 「第三世代の学問 「地球学」の提唱」 竹内均共著 中公新書、1977
  • 「日本文化の系譜」 中尾佐助対談 徳間書店, 1982
  • 「空海を解く その思想と背景 IBM四国空海シンポジウム」 森浩一共編 徳間書店、1984
  • 「稲作文化 照葉樹林文化の展開」 渡部忠世共編 中公新書、1985
  • 「伊勢神宮 シンポジウム」 人文書院、1993

脚注[編集]

  1. ^ “訃報:上山春平さん91歳=哲学者、元京都市立芸術大学長”. 毎日新聞. (2012年8月6日). http://mainichi.jp/select/news/20120806k0000e060195000c.html 2012年8月6日閲覧。 
  2. ^ 官報本紙平成24年9月7日

関連項目・人物[編集]