天 (仏教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(てん)は、仏教の世界観の中で、神々や天人が住むとされる最上位の世界。天界(てんかい、てんがい)、天道(てんどう)、天上界(てんじょうかい、てんじょうがい)、天上道(てんじょうどう)。サンスクリットではデーヴァローカ (devaloka, deva loka)。

天の住人を意味するデーヴァ (देव, deva) も天と訳されることがある(あるいは天部、天神、天人、天部神)。天の住人(天人)一般についてはここで併せて述べるが、信仰の対象としての仏教の神々については天部も参照。なお、女性の天人を天女ともいう。

六道の中の天[編集]

天道は、六道の最上位である(この文脈では天道と訳すことが多い)。そのすぐ下位がの住む人道である。

天人は長寿で、空を飛ぶなどの神通力が使える。また、快楽に満ち、苦しみはない。

ただし、天道はあくまで輪廻の舞台である六道の1つであり、天人も衆生にすぎない。天人は不死ではなく(天人が死ぬ前には天人五衰という兆しが現れる)、死ねば他の衆生同様、生前の行いから閻魔が決めた六道のいずれかに転生する。

天人は悟りを開いてはおらず、煩悩から解放されていない。悟りを開いたものは仏陀であり、輪廻から開放され六道に属さない涅槃浄土極楽)へと行く。

現在の大乗仏教では人道の下に阿修羅が住む阿修羅道が位置するが、初期仏教では六道のうち阿修羅道がなく五趣とされ、阿修羅は天に住んでいた。

天台宗では六道の上に仏陀が属する仏界などの四聖を加え十界とするため、その上から第5位が天界となる。

三界の中の天[編集]

三界も六道と同じく、輪廻の舞台となる世界の分類だが、分け方が異なる。三界のうち上2つの無色界色界と、最下位の欲界のうち上部の六欲天が、天に相当する。

天の分類[編集]

天はより細かく分けられる。以下で上位から述べる28天が、日本大乗仏教では標準的である。

これらの天の名の多くは、世界と同時に、その世界の住人をも意味する。また、「~天」の「天」は省略されることもある。

  • 無色界(無色天、無色界天、四禅定) - 欲望や(肉体や五感などの物質的世界)から超越した、精神のみの世界。禅定の段階により4天に分けられる。
  • 色界(色天、色界天、色行天、色界十八天) - 欲望からは開放されたが、色はまだ有している世界。禅定の段階により大きく4つに分けられる。
  • 欲界 कामधातु (Kāmadhātu) - 欲にとらわれた世界。
    • 六欲天
      • 他化自在天(第六天) परिनिर्मित वशवर्तिन् (Parinirmita-vaśavartin) - 天魔が住む。
      • 化楽天(楽変化天) निर्माणरति (Nirmāṇarati)
      • 兜率天(兜率陀天、兜卒天、都率天、覩史多天) तुषित (Tuṣita)
      • 焔摩天(閻魔天) याम (Yāma)
      • 忉利天(三十三天) त्रायसत्रिंश (Trāyastriṃśa) - 帝釈天が住む。
      • 四天王天(四大王衆天、四王天) चातुर्महाराजिककायिक (Cāturmahārājikakāyika)
    • この下に、天以外の世界が続く。