デウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デウスdeus, Deus)は、ラテン語(およびポルトガル語カタルーニャ語ガリシア語)でを表す言葉。この語形は男性単数主格であり、厳密には1人の男神を表す。「デーウス」と発音されることもあるが、ラテン語本来の発音は「デウス」である。

古典期には男神一般を表す一般名詞 deus だった(ただし古典ラテン語に小文字はなかったので、全て大文字の表記しかなかった)。[1]

その後、ヨーロッパでキリスト教が広まり、ヨーロッパでは学問の言葉などとしてラテン語が用いられており、ただひとつの神(ヤハウェ)を指すのには、大文字で始まる固有名詞Deus と表記するようになった。(なお、この使い分けは、英語にも継承されており、英語でも一文字目を小文字か大文字で書き分け、 god/God とする。)日本語の文字には大文字小文字といった区別が無いので、日本語へ翻訳する時にはdeusDeus も「神」と訳している。

日本では戦国時代末期、キリシタンの時代に、キリスト教のDeusを日本語で呼ぶにはそれを音写し、「でうす」や「デウス」と表記された。

語源論[編集]

インド・ヨーロッパ祖語*dyēus天空、輝き」に由来する。*dyēusディヤウス)はプロト・インド・ヨーロッパ人多神教最高神であり、ギリシア語ゼウスやラテン語のdeus、サンスクリットデーヴァ古ノルド語テュール等の語源となった。また「父なる」という添え名を付した形 *dyēus ph₂ter は *Pltwih₂ Mh₂ter大地母神」と対をなす呼称で、ラテン語のユーピテルの源となった。

デウスは、ロマンス諸語の単語、たとえばフランス語dieuイタリア語dioスペイン語diosポルトガル語deus などを生んだ。英語deitydivine も、デウスと同根のラテン語の単語に由来する。

デウスは男性単数形であり、女性形(女神)はデア dea、男性複数形(男神たち)はデイ deī またはディ 、女性複数形(女神たち)はデアエ古典語ではデアイ)deae となる。

日本のカトリックにおけるデウス[編集]

フランシスコ・ザビエルは来日前、日本人のヤジロウとの問答を通してキリスト教の「Deus」を日本語に訳す場合、大日如来に由来する「大日」(だいにち)を用いるのがふさわしいと考えた。しかし、これはヤジロウの仏教理解の未熟さによるもので、後に「大日」という語を用いる弊害のほうが大きいことに気づかされることになる。1549年に来日したザビエルたちが、「大日を拝みなさい」と呼びかけると僧侶たちは仏教の一派だと思い、歓迎したといわれている。

やがてザビエルはキリスト教の「Deus」をあらわすのに「大日」という言葉を使うのはふさわしくないことに気づき、ラテン語Deusをそのまま用い、「でうす」や「デウス」とすることにした。「大日を拝んではなりません。デウスを拝みなさい」とザビエルたちが急に言い出したため、僧侶たちも驚いたという。[2][3]

その後、宣教師たちや日本人キリスト教徒たちの研究によって「デウス」の訳語としていくつかのものが考えられた。それらは「天帝」「天主」「天道」などであり(語源的には「天部」である)、「デウス」と併用して用いられた。彼らは「神」という言葉は日本の多神教的神を表すもので、自然や動物、人間にすら当てはめられる言葉なのでDeusの訳語にふさわしくないと考えていた。もっとも、もともとラテン語の「deus」は、上述の通り古代ローマの多神教の神々を表す言葉であり、一部のローマ皇帝、つまり人間が「deus」に列せられる事もあった。

明治以降に漢文訳聖書の影響を受けた日本語訳聖書がキリスト教のDeusを「神」と翻訳し、日本の正教会カトリック教会プロテスタントのいずれにおいても、これが今に至るまで定着している。

脚注[編集]

  1. ^ この意味は「デウス・エキス・マキナ」のような成句で見られる。
  2. ^ キリシタンの時代、「デウス」は「ダイウス」ともいわれていたため、キリスト教の反対者たちは「彼らが拝んでいるのは大きな臼(大臼)である」「ダイウソ(大嘘)である」といって誹謗したという話が残っている[要出典]
  3. ^ なお、デウスの語源である上記ディヤウスと大日如来との関連は定かではない[要出典]

参考文献[編集]

関連項目[編集]