欲界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

欲界(よくかい、skt:kaama-dhaatu कामधातु )とは、仏教における世界観のなかで欲望(色欲・貪欲・財欲など)にとらわれた生物が住む世界。三界の一つで、地獄餓鬼畜生阿修羅(にん)・天上(神)が住む世界のこと。なお、天上界は、三界のうち上に行くほど色界無色界があるが、それより下部にある欲界に属する天を六欲天という。

関連項目[編集]