ディヤウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディヤウスdyaus ディアウス、発音上はデャウスが正しいが、日本語としてはあまり使わない)は、インド神話の古き天空神。 その名は「空」を意味し、他の印欧語族の天空神、例えばギリシア神話ゼウスローマ神話ユーピテル北欧神話テュールと起源、語源を共有する。別名「父なるデャウス」を意味するデャウシュ・ピターdyauṣpitā)。

妻のプリトゥヴィーmātā pṛthvī)と合わせて、「デャーヴァー・プリティヴィーdyāvā pṛthivī)」という天地両神とされる事も多い。プリティヴィーとの間にインドラアグニ等の息子をもうける。

初めは主神であったが、インドラなどにその地位を奪われていく。

関連項目[編集]