マーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーヤー (サンスクリット語: माया Māyā) は、インドの宗教やインド哲学に現れる概念である。

元来、ブラフマーなどが用いる神の力・神秘的な力を意味し、その後、幻影という意味に変化した。人を幻惑させる力という意味で、「幻力」と訳されることもある。

インド哲学では、シャンカラなどにより、現実世界がマーヤー(幻影)であり、真実の世界を覆い隠しているとされる。