シャクティ派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャクティ派(性力派, シャークタ派)は、ヒンドゥー教における宗派の1つ。「シャクティ」とは「エネルギー、力」とりわけ「性力」を意味する。

シヴァ派から派生した宗派で[1]シヴァ神の妃の性力(シャクティ)に対する崇拝を特徴とする。

ヨーガが依拠するチャクラ理論において、会陰(肛門と性器の狭間)にあるチャクラ「ムーラーダーラ」に眠るシャクティ(性力)のことを「クンダリニー」と呼ぶが、これは伝統的にはシヴァ神の妃と同一視され、「とぐろを巻いた蛇」として表現される[2]。(そして、シヴァ神の座所である頭頂のチャクラ「サハスラーラ」へとその蛇を上昇させて行き、合一させることが目指される。)

このように、シャクティ派は、ヨーガの実践やチャクラ理論との結び付きが強く、タントラ教(タントリズム)、特にその左道[3]の主要な担い手となり、仏教の後期密教にも大きな影響を与えている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ シャクティ派とは - コトバンク/世界大百科事典
  2. ^ シャクティとは - コトバンク/世界大百科事典
  3. ^ 左道とは、「邪道」の意。インドの宗教を語る文脈では、性的な傾倒を見せる態度を指す。

関連項目[編集]