タントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タントラतन्त्र Tantra)とは織物を意味するサンスクリット[1]インドに古くから伝わる宗教の聖典経典)のこと。さらには実践行法に関する規則、神を祀る次第や具体的方法も含む[2]。タントラの考えはヒンドゥー教ボン教仏教ジャイナ教に共通して存在する。タントラはいろいろな形で南アジアチベットモンゴル中国韓国日本カンボジアミャンマーインドネシアに伝わった[3]

インド密教[編集]

8世紀ブッダグヒヤ大日経の解説書である『大日経広釈』の中で、タントラを所作、ヨーガの3種に分類している。また、10世紀に成立したと考えられる『智金剛集タントラ』においては大ヨーガ、両、行、所作、儀軌の5つに分類している[4]

また、11世紀には後にチベットに訪れたアティーシャが所作、行、儀軌、両、ヨーガ、大ヨーガ、無上ヨーガの7種に分類している。この分類はインドの経典においては最も一般的なものであるが、他にもさまざまな分類が乱立しており、学者の間で統一された分類というものはない[4]

チベット密教[編集]

チベット密教では、タントラを所作(bya ba; kriya)、行(spyod pa; carya)、ヨーガ(rnal 'byor; yoga)、無上ヨーガ(rnal 'byor bla med; anuttarayoga)の4種に分けている。これは歴史の中で少しずつ作られていったものであるので、なぜこの4種なのか、という点に関しては宗派により異なっている[4]

12世紀サキャ派の学者ソナムツェモは、タントラを4つに分類した理由の解説を試みている。ソナムツェモは、インド宗教への信仰、顕教の教え、人の執着を満足させる方法のそれぞれが4種に分類可能であり、タントラ4種はそれぞれに対応するためにあるのだと説く[4]

13世紀、チベットの大学者プトゥンは、4種タントラが、断じるべき執着、インドの社会カースト、断じるべき煩悩修行者の能力、一時的な薫習、時代を考慮して分類されていると述べている[4]

14世紀ゲルク派の祖であるツォンカパは、『真言道次第大論』の中で顕教と密教を比較解説し、ソナムツェモの解説に対する批判を試みている。ツォンカパは『サンプタ・タントラ』に「笑う、見る、手と手を繋ぐ、抱く」の4種の煩悩があるとされていることを根拠に、これらの煩悩を菩提への道として転用するためにタントラが存在するのだと説く[4]

注釈・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Norbu, p. 49
  2. ^ 『チベット密教の本』 p.168
  3. ^ White (2000), p. 7
  4. ^ a b c d e f 立川(1999) p.110

参考文献[編集]

  • Norbu, Chögyal Namkhai (1999). The Crystal and The Way of Light: Sutra, Tantra and Dzogchen. Snow Lion Publications. ISBN 1559391359 (ナムカイ・ノルブ 『虹と水晶 チベット密教の瞑想修行』 永沢哲訳、法蔵館、1992年)
  • White, David Gordon (ed.) (2000). Tantra in Practice. Princeton University Press. ISBN 0-691-05779-6
  • 『チベット密教の本』 学研、1994年、ISBN 4-05-600715-2
  • 立川武蔵・頼富本宏 『チベット密教』 春秋社、1999年、ISBN 4-393-11212-1
  • L・A・ゴヴィンダ 『チベット密教の真理--その象徴体系の研究』(新装版) 工作舎 ISBN 978-4-87502-424-8

関連項目[編集]